At First

 

CHAN-TORUでSONY製BDレコーダーにリモート録画する

2011年11月27日 00時19分05秒 | スマートフォン向けサービス
 自宅で利用しているソニー製のBDレコーダーBDZ-T90(2008年4月発売モデル)とのリモート録画予約に対応したサービスが、SONYから提供されている。名称は、CHAN-TORU(チャントル)というらしい。スマートフォン以外にPCからのアクセスにも対応しているサービスで、So-netから無償で提供されているWEBアプリケーションだ。扱いとしては、「すべてお試し版(beta版)で、サポート対象外での提供となる」ことがWebサイトに明記されている。
 更新履歴やネットの情報を遡ると、元々は2010年7月にサービスが開始されたあと、サーバーのトラブルや運営主体の変更等を経て、今年1年の間に数多くの機能追加やスマートフォン向けの最適化が行われている。ふとしたきっかけでこのサービスの存在を知ったので、さっそく試してみた。

 そもそも、iモード端末で利用していた「Gガイド 番組表」にもAndroidアプリが存在するのだが、なぜかリモート録画がPanasonic製のレコーダーのみの対応に限定されてしまった。このため、SH-03C(LYNX 3D)を使っての外出先からのテレビ番組の録画予約が出来ず不便を感じていた。

 CHAN-TORU自体はブラウザだけでも利用できるのだが、スマートフォンからの利用はS-Entrance for Androidというランチャアプリを使った方が快適に操作できるようなので、さっそくマーケットからインストールしてみる。

S-Entrance for Android Gガイド.テレビ王国 CHAN-TORU


 CHAN-TORUでリモート予約を行うにはログインが必要になるが、OpenIDでのログインに対応しているため、手持ちのIDが利用できるのはありがたい。

CHAN-TORUはOpenIDでログイン可能 ホーム画面


 ログインしたら、地域やレコーダーの設定を行う。
 BDレコーダーへのリモート機器登録はパスワード方式で、赤外線送信の機能には対応してしない。不便と言えば不便だが、そうそう声を荒げるほどの問題ではないだろう。

CHAN-TORUの地域設定 CHAN-TORUでレコーダー登録


 BDレコーダーでリモート機器の登録状況を見ると、機器名がCHAN-TORUとして正しく登録されている。

BDZ-T90の登録リモート機器一覧画面


 昨日は多彩。新聞のテレビ欄形式の番組表のほか検索によって番組を選ぶことも可能だ。また、BDレコーダーに登録された予約リストや録画リスト等も確認できる。

CHAN-TORUホーム画面 番組表は新聞のテレビ欄形式


 予約録画操作も素直な作りで操作しやすい。
 ただひとつ、「予約録画完了」のメッセージはシステムチックでフレンドリーでないのが気になる。

CHAN-TORU番組情報 SH-03Cから予約録画完了


 CHAN-TORUから利用できる機能はBDレコーダの機種により若干の差があるようだ。
 とはいうものの、iアプリ「Gガイド 番組表リモコン」で実現できていたリモート録画予約に関する機能が同様に使うことが出来るようになり、自分としてはたいへん満足している。

【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくんとメイちゃんの野球コスプレ

2011年11月22日 21時11分08秒 | ひつじのしつじくん
 iコンシェルのマチキャラ、ひつじのしつじくんと妹のメイドのメイちゃんのコスプレの番外編を、横浜ベイスターズが横浜DeNAベイスターズになってしまう前に駆け込みで紹介しておきたい。

 プロ野球横浜ベイスターズとNTTドコモ神奈川支店とがタイアップした地域の活性化を目指した活動の1つとして、2010/3/26からコラボレーション マチキャラが配信されている。ひつじのしつじくんは選手のユニフォームを、メイドのメイちゃんは横浜ベイスターズ専属チアチームdianaの衣装を着ている。

フライをキャッチする、ひつじのしつじくん メイドのメイちゃんにダンスの指導をする、ひつじのしつじくん


 プロ野球チームとのコラボレーション企画としては、埼玉西武ライオンズが同じ2010年の3月からiコンシェルにライオンズ情報の提供を開始したことにともない、同様に埼玉西武ライオンズのユニフォームを着た、ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんのマチキャラが配信されている。同年8月からはビジター用のユニフォームを着たマチキャラが別途提供され、選ぶ楽しみがさらに広がった。

西武ライオンズの球団旗を振って応援 風船で浮き上がってしまうメイを捕まえる、ひつじのしつじくん

ボールの上に乗り上げて転ぶ、ひつじのしつじくん ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃん(西武ライオンズバージョン)


 これらのマチキャラに共通する注目すべきポイントは、バージョン3.0以下のマチキャラにしか対応しないAシリーズ及びBシリーズのiコンシェル対応iモード機においても、ひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんが同時に登場するアクションを見せてくれることだ。フライをキャッチするひつじのしつじくんを応援するメイドのメイちゃんや、メイちゃんにダンスの指導をするしつじくんなど、見事な「コンビ芸」を披露してくれる。Cシリーズのiコンシェル対応iモード機にプリインストールされているひつじのしつじくんの機能を先取りした形だろうか。
 横浜ベイスターズVer.および埼玉西武ライオンズVer.のマチキャラとも、それぞれのチームの公式携帯サイトから無料でダウンロードできる。特に、横浜ベイスターズVer.は提供期間が残り少ないと思われるのでお早めにどうぞ。


 あわせて、この機会に、iコンシェル非対応のSH-03C(LYNX 3D)に機種変更したため、フォロー出来なかったメイドのメイちゃん(お洒落メイドコース)の「かえるスタイル」コスプレを紹介しておこう。
 6月の水曜日には、ひつじのしつじくんがカエルのカッパを着る。同様に、お洒落メイドコースを修了したメイドのメイちゃんも真っ赤なリボンと長靴がポイントのかえるスタイルに変身してくれる。記録として記しておく。

おしゃれメイドコースのメイドのメイちゃんが披露するかえるスタイル(笑う) おしゃれメイドコースのメイドのメイちゃんが披露するかえるスタイル


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくんのお誕生日サプライズ!2011年版

2011年11月19日 10時49分52秒 | ひつじのしつじくん
 2011/11/19は毎年恒例のひつじのしつじくんの誕生日。前日に「ひつじの伝言板」で、妹であるメイドのメイちゃんが予告していたとおり、サプライズパーティーが開催された。

 昨年同様、日付が変わると同時に開幕するのではないか、と待ち構えていたが、30分近く時間が経ってもひつじの執事室には何の変化もなく、一人ドキドキしてしまった。

2011/11/19午前0時30分。ひつじの執事室に変化なし。


 朝になって、確認してみると盛大に誕生日サプライズパーティーが開催されていて一安心。さらに「ひつじの伝言板」には、メイドのメイちゃんのハッピーバースデーメッセージが書き込まれていた。

ひつじのしつじしくん お誕生日お目でとう メイちゃんのハッピーバースデーメッセージ


 もちろんiモード端末向けのひつじの執事室でも、バースデーパーティーは開催されている。ちょっと比較してみよう。上がiモード版ひつじの執事室で、下がスマートフォン版だ。

iモード版ひつじの執事室の誕生日パーティー

スマートフォン版ひつじの執事室の誕生日パーティー


 飾り付けやプレゼントの数には基本的な違いはないが、花束やケーキを含めてスマートフォン版の方が若干サイズが大きいだろうか。
 それ以外に気がつくのは、iモード版では、特製ケーキを持ったメイドのメイちゃんは兄の周りをグルグルと回るのに対し、スマートフォン版では隣で顔の向きを変えるだけのアクションにとどまっていることだ。スマートフォンに登場するマチキャラは、主に横長の1列のウィジェットアプリの範囲内で歩き回ることになっていて、「ひつじの執事室」も、この基準にあわせて動きを小さくしたのかもしれない。
 また、iモード版では画面全体に紙吹雪がヒラヒラと舞うが、スマートフォン版では見られない。代わりに「HAPPY BIRTHDAY」と書かれた看板の周りがキラキラと輝く演出が施されている。
 もっとも、端末解像度の差に起因するアニメーションの美しさの違いは言葉にする必要も無い。

 現時点のスマートフォン版「ひつじの執事室」では、朝から深夜までひつじの執事君が同じアクションお迎えをしてくれる状態で、iモード版で展開されているメイドのメイちゃんの登場や、夜になると寝てしまうアニメーションは用意されていない。今後、コンテンツの充実が図られていくことに期待したい。

ひつじの執事室の1日



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

spモードメールアプリが更新。デコメ絵文字popなどに対応

2011年11月19日 01時40分48秒 | スマートフォン向けサービス
 spモードメールアプリが2011/11/18、バージョン5200に更新された。
 2011/10/12以来、およそ1ヶ月ぶりのアップデートだ。

spモードメールアプリがバージョン52002更新 アップデート内容


 今回のアップデート内容は、デコメ絵文字やデコメピクチャの機能を向上させた「デコメ絵文字pop」及び「デコメピクチャpop」に対応したことがメインと言える。デコメ絵文字が画面全体に広がるアニメーションや、2つ以上のデコメピクチャの組合せで連携して動くもののほか、文字に反応して挙動が変わるデコメ絵文字もあるようだ。
 開発者向けの技術資料によれば、その仕組みは、
デコメ絵文字pop対応 spモードメーラに搭載された合成エンジンによって、メール本文に挿入されたデコメ絵文字popファイルと本文HTML情報とが合成され、本文SWFとして作成されることにより、デコメ絵文字popメールとして再生されます。
とのこと。

デコメ絵文字popの使用例


 デコメ絵文字のパレットの中に、右下に再生ボタンが付いたデコメがいくつか追加されていて、これがデコメ絵文字popに対応している。長押しするとプレビューが表示され、デコメ絵文字によっては説明書きが付されているものもある。
 また、連携して動くデコメ絵文字popは候補に表示されるのは親切だ。

デコメ絵文字pop対応の絵文字が含まれたパレット デコメ絵文字popのプレビュー画面


 本機能は、バージョン5200以降のspモードメールアプリのみで動作する。バージョン5100以前のspモードメールアプリやiモードメール等では通常のデコメ絵文字として表示されるとのことだ。

 正直に言って、私はこのデコメ絵文字popを使うことはほとんどないと思われ、無関心にも似たジェネレーションギャップを感じずにはいられない。こうしたサービスに高い関心を持つと思われる10代〜20代の女性をターゲットにしたものなのだろう。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマートフォン版「ひつじの執事室」が正式オープン!

2011年11月18日 00時27分30秒 | ひつじのしつじくん
 初のマチキャラ対応スマートフォンREGZA Phone T-01Dが発売される2011/11/18にあわせて、iコンシェルのマチキャラ・ひつじのしつじくんが住む「ひつじの執事室」が、スマートフォンからのアクセスに対応して正式オープンした。実際には前日の23時30分頃にはアクセス可能になっていた。
 一度、引っ越し途中の執事室を覗いてしまったが、今回は間違いない、と思う。

【参考】 すみません。まだ、お引っ越し途中でした…。

 トップページは、背景こそ時間と連動しているが、夜にもかかわらず、ひつじの執事君は正面を向いて出迎えてくれている。また、iモード版では、落葉のようすが見られたり、「ひつじの執事室」のタイトルがアニメーションで動いたりするが、スマートフォン版では動いておらず、やや落ち着いた感じを受ける。
 頭上の「!マーク」をタップするとポップアップでメッセージが表示されるのは、iモード版にはない仕掛けだ。

スマートフォン版「ひつじの執事室」


 2011/11/18時点で用意されているコンテンツは、毎日更新される「ひつじの伝言板」と、「デコメの棚」「きせかえクローゼット」の3つ。「執事の学校」や「メイのお部屋」などは見当たらない。

ひつじの伝言板 デコメの棚


 「デコメの棚」を覗いてみると、季節ごとの「デコメ絵文字」と「デコメピクチャ」がダウンロード可能だ。

デコメ絵文字 デコメピクチャ


 「きせかえクローゼット」はdocomo Palette UIの着せ替え対応端末専用のコンテンツのようで、SH-03C(LINX 3D)でアクセスすると「ご主人様のお使いの機種は非対応です」と表示される。

きせかえコンテンツ ひつじのしつじくん きせかえコンテンツ メイドのメイちゃん

きせかえコンテンツの機種別推奨サイズと対応機種


 ひとまずは、スマートフォン版「ひつじの執事室」オープンの正式なアナウンスを待つことにしたい。


【2011/11/18 20:30追記】
 13時8分、ひつじのしつじくんがTwitterで「ひつじの執事室」のスマホ対応を宣言したので、正式に言わせていただきます。
 「おめでとうございます!」
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

ローソンモバイルPontaは「かざすフォルダ」対応サービス

2011年11月09日 20時20分31秒 | おサイフケータイ
 2011/11/1から、「ローソンモバイルPonta」のドコモスマートフォン向けサービスがスタートした。Pontaは、ローソンGEO昭和シェル石油などの提携企業間で貯めたり使ったりできる共通ポイントサービスだ。
 おサイフケータイ対応のフィーチャーフォン向け「ローソンモバイルPonta」は2011/7/15から開始されている。おサイフケータイ対応のスマートフォン向けには、ドコモ向けが2011/11/1から始まったもので、auとソフトバンクモバイル向けには遅れて12月から配信が開始されることになっている。

 さっそく、SH-03C(LYNX 3D)に「ローソンモバイルPonta」を設定しようとしたところ、まず「ローソン公式アプリ」のインストールを求められた。
 ところが、この「ローソン公式アプリ」は、アプリ開発元と思われる「SONICJAM.INC」(株式会社ソニックジャム)の名前が大きく表示されたり、「ローソン公式アプリ」とWebサイト等で表記しているにもかかわらず、アプリ名が単に「LAWSON」だったり、Androidアプリの安全性に対する関心が高まっている中、どうにも怪しく感じられてしまうところが気になる。

LAWSONアプリ LAWSONアプリを起動


 いちおう指示通りにインストールした「ローソン公式アプリ」を起動し、中央付近の「ローソンモバイルPonta 携帯会員証のご利用はコチラ」をタップすると、登録画面に遷移する。規約に同意した上で、登録作業を継続。この段階で、ローソンメール(会員用)への登録も同時に要求される。

ローソンモバイルPonta登録画面 「規約に同意し、ローソンモバイルPontaを登録する」


 空メールを送信し、返信されるメールに記載されたURLにアクセスすると、Ponta会員の認証画面にジャンプするので、Ponta会員IDなどを入力する。

空メール送信でPonta会員認証画面のURLを取得 手持ちのPonta会員IDなど入力


 認証が完了すると、「ローソンメールの登録が完了しました」と斜め上を行くメッセージ。もともとは、ローソンモバイルPontaの会員証をダウンロードしようと操作を始めている側としては、そう言われても腑に落ちない。ここで「次へ」をタップすると、ようやく「ローソンモバイルPontaのダウンロード」の文字が目に入る。

「ローソンメールの登録が完了しました」 ようやく始まるローソンモバイルPontaのダウンロード


 ようやく、ローソンモバイルPontaのダウンロードに到達した。だが、ここでも「かざすフォルダ(会員証)にダウンロードします。」と、初見の「かざすフォルダ」という言葉に出会う。

かざすフォルダ(会員証)にダウンロードします。 「おサイフケータイ対応Webプラグイン」が起動し、会員証をダウンロード

モバイルPontaのダウンロードが完了しました


 終了後、おサイフケータイのサービス一覧を開くと、その「かざすフォルダ」というサービスが追加されていた。
 「サービス概要」からリンクしている説明書きによれば、専用のICアプリなしにFeliCaチップ上の共有のエリアに会員証やチケット、クーポンを書き込むためのサービスのようだ。共有エリアはサービスごとに専用に区分けされていて、会員証は8つまで、クーポンは1つまで(チケットも1つまで?)書き込みができるという。
 たしかに、かざすフォルダの内容を確認しても、ローソンのモバイルPontaが会員証として書き込まれていることがわかるだけで、一般的な専用アプリにある履歴確認やユーザー情報の確認機能などはない。提供する企業側としては、ハードルが低いと言うことか。

 


 ローソンモバイルPontaのダウンロードができたので、実際にローソンの店頭で従来のカードの代わりにリーダー・ライターにかざしてみたところ、特段の問題なく正常に認識したが、ピッ!という味気ない音がするだけだった。マクドナルドの「かざす会員証」や「かざすクーポン」がCMで使われているメロディを奏でるのと比べてちょっと寂しい。

 このローソンモバイルPontaの登録及びダウンロードにかかる作業フローは、ローソン公式アプリのインストールを要求するところから始まって、メール配信への登録も必須であることなど、あちこちで利用を躊躇させる「仕掛け」が満載だ。おそらくは、いったんダウンロードしてしまえば、ローソン公式アプリをアンインストールしたりメール配信を止めても、会員証としての利用に支障はないのだろうが、そうであるなら不要なアプリのインストールやメール配信をユーザーに強制する理屈が通らない。これに加えて、終始、ダウンロードまでのウィザードの言葉のチョイスがイケてない。改善の余地が大ありだ。
 さらに言えば、現時点で、Ponta提携企業のうちローソンでしか使えないという仕様もかなりスゴい。良く言えば「割り切り」だが、Pontaが共通ポイント制度である以上、1社しか使えないサービスには「何の意味もない」と評するのは、さすがに言葉が過ぎるだろうか。
コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

「ひつじの執事室」がスマートフォン対応…のテスト中

2011年11月01日 01時07分18秒 | ひつじのしつじくん
 2011/11/1、「ひつじの執事室」がスマートフォンからのアクセスに対応した。
 アドレスは、先日からリダイレクトされていた、http://sheeps-butlery.jp/で、Wi-Fi経由でもPCからでもアクセスできる。

【追記】
 同日午後からは、上記URLにアクセスするとIDとパスワードによる認証画面が表示されるようになった。まだ、テスト中だったようだ。正式オープンを楽しみに待ちたい。


 部屋の装いはケータイ版と同じく秋バージョンだが、ケータイ版ではひつじのしつじくんは眠っている時間帯なのに、起きている。
 頭上に「!マーク」が出ているひつじのしつじくんをクリックすると、「スマフォに対応しました」のメッセージが表示された。このまま「スマフォ」にするのか。「スマホ」にこっそり直すのか、すこし気になるところ。
 その他、「ひつじの伝言板」「デコメの棚」も健在。「着せ替えクローゼット」は新コーナーか。「執事の学校」「メイのお部屋」は見当たらない。

スマフォ版「ひつじの執事室」 スマフォ版「ひつじの伝言板」

スマフォ版「デコメの棚」 「着せ替えクローゼット」



【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加