At First

 

パケット割引サービスはどうなるのか?

2010年11月30日 23時48分16秒 | スマートフォン向けサービス
 P-01Bを使っている現在は、パケット割引サービスとして2008年の年末で新規申込が終了した「パケ・ホーダイ」を契約している。
 フルブラウザでの通信やインターナビに接続しての通信などは定額の対象外ではあるが、月額4,095円(税込)固定で、現在契約できる「パケ・ホーダイ ダブル」の上限額4,410円と比べると315円安い、お得な旧サービスだ。

 しかし、このパケ・ホーダイはスマートフォンの通信が定額対象に含まれておらず、スマートフォンへの機種変更にはパケ・ホーダイ ダブルへの変更が(少なくとも実質上は)必須である。
 ただ、月額固定制のパケ・ホーダイから、月途中でパケ・ホーダイ ダブルに変更すると、そのままではパケ・ホーダイの月額料金と、パケ・ホーダイ ダブルの料金の両方が発生する可能性があるため、2010/4/1〜2010/11/30の間は下記のような特例措置が実施されていた。
「パケ・ホーダイ」「パケ・ホーダイフル」「Biz・ホーダイ」ご契約者が「パケ・ホーダイ ダブル」を当日適用でお申込みされた場合、お申込み当月の「パケ・ホーダイ」「パケホーダイフル」「Biz・ホーダイ」の定額料はかからず、お申込み後からの「パケ・ホーダイ ダブル」の定額料・利用料がかかります。

 特例措置の期限が迫り、延長されるのか否か注目していたところ、2010年12月の携帯電話カタログの「パケ・ホーダイ ダブル」の説明ページに以下のような注意事項が記載された。

パケ・ホーダイ」「パケ・ホーダイフル」「Biz・ホーダイ」契約者の場合、「当月1日に遡っての適用」と「翌月から適用」の中からお選びいただけます


 つまり、当月1日からパケ・ホーダイ ダブルを契約していたものとして遡って再計算するため、パケ・ホーダイの月額料金を請求しないという特例措置が常設されたわけだ。これで万事解決である。
 もっとも、私の場合、SH-03Cの予約を入れた際にショップの担当者から、特例措置の延長に関する情報がないので「12月1日からパケ・ホーダイ ダブルに変更」するよう予約しておくことを勧められた。結果としては同じことであったが、担当者の親身な助言には感謝したい。

 ただ、よくよく見れば、スマートフォンへの機種変更でこれまでより多くの通信が発生するとは言え、月額4,095円が同5,985円へ1,890円上昇する。有利だったパケ・ホーダイの契約が巻き取られた上、毎月の支払いが2,000円近く増額していて、すっかりドコモにうまくやられている。

パケ・ホーダイ ダブルの料金体系(NTTドコモ2010年12月携帯電話カタログから引用)(NTTドコモ2010年12月携帯電話カタログから引用)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おサイフケータイをどうするか?

2010年11月30日 21時40分47秒 | おサイフケータイ
 LYNX 3D SH-03Cの発売まで、あと3日に迫った。
 各事業者がこの冬に発売するスマートフォンでは、おサイフケータイやワンセグ受信、赤外線通信などこれまでフィーチャーフォンに搭載されてきた機能をサポートすることが大きなセールスポイントになっている。

 ただ、おサイフケータイについては、id、Edy、モバイルSuicaといった主要な電子マネーサービスの多くが、来年1月以降に順次サービス開始と発表されていて、未対応のサービスはすぐにSH-03Cで利用することは出来ない。おサイフケータイ同士での機種変更自体は何度か経験してきたが、初めていくつかのサービスは移行先が無い状態での機種変更となる。
 これまで電子マネーサービスの多くは、ドコモショップ店頭でiCお引っこしサービスを利用するか、いったんサーバーに情報を預けて、新しい携帯電話でその情報を受け取るという形で機種変更ができたが、サービス開始まで数ヶ月の期間が発生するスマートフォンへの機種変更の場合はどういう形になるのだろうか。

 まず、サービス開始が「2011年度上期」ということで、最も遅い場合は来年9月まで待つことになりうるモバイルSuica
 コールセンターに確認したところ、機種変更時にデータを預かる期間に制限はないとのことで、現在のケータイから通常の機種変更時の手続きをすれば問題ないとのことだった。私の残額は数百円だが、この情報を数ヶ月の間、預かってもらうことになる。受け取りには、ログイン情報(登録したメールアドレスとパスワード)が必要になるらしく、しっかり記録しておいてほしいとのこと。
 私はモバイルSuicaを定期券として利用していないため、当面はカードタイプのSuicaを使うことになる。

モバイルSuicaアプリ モバイルSuicaアプリ機種変更確認画面


 一方、「2011年2月以降」に対応するドコモのケータイクレジットiDだが、これまで機種変更時のカード情報の預かり期間は30日間と規定されていて、実のところ、どうしたものか心配していた。
 こちらもDCMXセンターに確認したところ、スマートフォン対応などのためにカード情報の預かり期間を3ヶ月に延長したとのこと。(2010/11/30時点でWebサイト等での記述は見つけられず)。モバイルSuica同様に、DCMXクレジットアプリから機種変更の操作をすればよいことになり、ひとまず安心だ。
 ただ、DCMXのWebサイトによれば、DCMXを利用するにはspモードの契約が必須となる模様。

DCMXクレジットアプリ



【参考】 DCMXのカード情報保管期間が3ヶ月に延長されたことを再度確認した

 冷静に考えれば、おサイフケータイを頻繁に利用しているのであれば、必要なサービスが出揃ってから機種変更する方がトラブルが少なくなることは今さら言うまでもないし、知人から相談を受けたら、しばらく待つように答えるだろう。
 ただ、自分のことであれば、徐々に使えるサービスが増えていくというのも、自分のスマートフォンが成長するようで楽しいと思っている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

スマートフォン移行に向けて準備中

2010年11月25日 22時17分47秒 | スマートフォン向けサービス
 事前予約済みのドコモ スマートフォン LYNX 3D SH-03Cの発売日が、来週金曜日2011/12/3に決定した。

 「出来ることは今のうちに」というわけで、スマートフォン非対応のサービスの解約やメールマガジンの配信解除の作業を進めている。マイメニュー登録があるものは分かりやすいが、それ以外にメール配信サービスに登録しているものが多く、想像以上に手間がかかっている。
 実のところ、各種サービスの移行状態の確認のためにもspモードとあわせてiモードも1か月間は契約をする予定にしているので、慌てることはないのだが、こういう作業も新機種を迎える楽しい儀式の一つである。

 このうち、NHKニュース&スポーツは、月315円の有料コンテンツではあるが、テレビとほぼ同時にニュース速報がメール配信される代替のないサービスで大変重宝してきたメニューだ。しかし、現時点ではスマートフォンには対応しておらず、泣く泣く解約することにした。現状のスマートフォン向けコンテンツには、買い切りのコンテンツはあっても、こうした月額課金の仕組みが(ほとんど?)無い。
 もちろん、iモード契約を維持し続ければ、spモードメールを使ってスマートフォンで引き続きメールを受信することは可能だろうが、iモード契約と対応端末を維持しなければならないし、なによりスマートではない。(ここ重要)
 RSSリーダが代替手段として考えられるが、重要なニュースを選択して、プッシュ配信で通知してくれるところがキモであり、最新のニュースにアクセスできるとしても魅力は半減だ。

NHKニュース&スポーツのニュース速報メール


 スマートフォンのおサイフケータイサービスは、マクドナルドやビックカメラなど一部のサービスは12月から開始されるが、モバイルSuicaやiDといった電子マネー類はほとんどが年明け以降の対応となる。
 たとえば、モバイルSuicaについて調べてみると、残額は使い切るとしても、「機種変更」の操作で一時預けた会員登録情報を数ヶ月も維持してくれるのだろうか?となど細かい疑問があり、各サービス事業者が提供する情報は十分とは言えない。
 今後、各社のおサイフケータイ搭載スマートフォンの発売にあわせて情報も開示されていくものと思っている。


【2010/11/30追記】
スマートフォンへの機種変更にともなう、モバイルSuicaとiD(DCMX)のデータ預かり期間について確認した。下記のエントリーをご参照いただきたい。

 このほか、iコンシェルは非対応であり、ひつじのしつじくんもメイドのメイちゃんもご当地マチキャラも全部お別れである。

現状の「ICカード一覧」 iコンシェルはもちろん、ご当地マチキャラもお別れ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

メイちゃんがメイド服を脱ぐとき

2010年11月21日 09時41分06秒 | ひつじのしつじくん
 新しく配信が開始された「お洒落メイドコース」を修了したメイドのメイちゃんだが、夜になって、急に服を着替えた。
 検証してみると、夜10時から朝6時までは、メイド服からこの衣装に着替えるようだ。さしづめ、勤務時間外ということで、オフタイムの私服を披露してくれているということだろうか。さすがに、夜の街に繰り出すわけではないだろう、きっと。

 ただ、そんなオフの時間帯でもインフォメーションの仕事が入ると、私服のまま情報を伝えてくれる。

私服?でインフォメーションを伝えるメイドのメイちゃん


 なるほど、これが「お洒落メイドコース」か。


【参考】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

お洒落メイドコースってなんだ?

2010年11月20日 13時53分22秒 | ひつじのしつじくん
 ひつじのしつじくんの誕生日も終わり、執事室はあっさりと元の姿に戻ったが、昨日模様替えをした「メイのお部屋」で、新しいマチキャラデータのダウンロードが始まった。
 「お洒落メイドコース」を修了した、バージョンアップ版のメイドのメイちゃん2である。

お洒落メイドコースを修了した新しいメイドのメイちゃん


 ダウンロードしてみると、待受画面でもさっそく新しいアクションをいくつか披露してくれた。
 しかし、「頭上から落ちてくるリンゴが頭にあたってよろける」というのは、「お洒落メイドコース」ではいったいどんな教育がなされているのだろうか?(笑)

メイドのメイちゃんの頭上にリンゴが… リンゴが当たってよろけるメイドのメイちゃん


 それはともかく、「ちょっぴり着替えが増えました!」ということなので、これまでコスプレが少なかったメイドのメイちゃんも、今後、いくつかの新しいコスプレを披露してくれるはず、楽しみに見守っていきたい。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

SH-03C(LYNX 3D)を予約

2010年11月19日 17時55分12秒 | LYNX3D SH-03C
本日から予約開始の、ドコモスマートフォン LYNX 3D SH-03Cを予約した。
携帯電話の予約なんていうのは、初めての経験である。

2011/11/19 SH-03C予約受付開始の全面広告


公式の発売予定は「12月」だが、これまでの例を見ると予約受付開始から、およそ2週間後に発売されているので、おそらくは12月2日〜3日あたりと予想している。
フィーチャーフォンからスマートフォンへの機種変更には、様々な事前の準備があったほうがスムーズに進めることができる模様。
これから、一つずつ、勉強しながら準備をしていきたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくんの誕生日

2010年11月19日 01時58分34秒 | ひつじのしつじくん
 11月19日を迎え、予想通り、ひつじのしつじくんの誕生日イベントが開催された。
 マチキャラには何の変化もないが、「ひつじの執事室」を盛大に飾り付けてのパーティである。
 そして、部屋のあちこちに、プレゼントが山積み・・・。

メイちゃんからの誕生日プレゼントその1 メイちゃんからの誕生日プレゼントその2


 メイドのメイちゃんは、バースデーケーキを持って、ひつじのしつじくんの周りを回っている。一方のひつじくんは、時々、けなげに一礼をしている。

一礼する「本日の主役」


 この時間帯では、まだ「ひつじの伝言板」は更新されていないが、のちほど、なんらかのメッセージが掲載されることだろう。しかし、日付が変わったら、すぐにパーティ開催とは・・。

 あちこち見ていたら、「メイのお部屋」がこっそりリニューアルしていることにも気づいた。これまでは、イチゴでデザインされていたが、リンゴに変更されているうえ、カーテンのデザインも変わっている。

リンゴがモチーフのデザインに変更された「メイのお部屋」



【06:40 追記】
 「ひつじの伝言板」が更新されていた。
 「感謝」というタイトルで、今日が兄の誕生日であることを明らかにし、それぞれお仕えを始めて2年と1年になることに感謝していると記している。
 ちなみに、パーティーの名前は、「サプライズバースデー」らしい。

ひつじの伝言板「感謝」



【参考】
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

まだ間に合う?ひつじのしつじくんへの誕生日プレゼント案

2010年11月16日 22時39分31秒 | ひつじのしつじくん
 11/19のひつじのしつじくんの誕生日に向けて、妹のメイドのメイちゃんの準備が順調に進んでいるのかどうかは知る由もないが、ひつじのしつじくんへの誕生日プレゼント(に、かこつけた今後の新展開)について、勝手に予想してみた。

 スバリ、「新しい執事服」でどうだろうか。

ひつじのひつじくん(前向き) ひつじのしつじくん(斜め後ろ)


 思えば、2008/11/19のデビュー以来、季節ごとのコスプレは披露してくれるものの、基本となる執事服は朝も昼もそして夜も使い回してきた。一方、マチキャラの展開で言えば、コスプレは2周目に入り、新しくiコンシェル対応機を入手したユーザーはともかく、古くからのユーザーは昨年と全く同じコスプレを見せられている。
 そこで、メイドのメイちゃんからの誕生日プレゼントとして新しい執事服を身にまとった「ひつじのしつじくん」のダウンロードを開始するわけだ。
 このマチキャラデータには、既存のコスプレ以外にも新しいイベントコスプレを織り込み、既契約者にも新しい発見とドコモ携帯電話サービスへの愛着心の向上(ひいてはdocomoからの離反率の減少)を図るわけだ。

 2008年-2009年冬春モデルにプリインストールされた「ひつじのしつじ」を初代とすれば、「執事の学校」の「執事コース」を修了してちょっぴり成長したという2009年4月提供の「ひつじのしつじくん」が現行モデルとなり、今回いよいよ3代目となる「Newひつじのしつじくん」の提供がなされるのではないか、と、いささかの根拠もなく期待している。

 こんな企画で、どうでしょう? >中の人
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

私は知っている。メイちゃんの「秘密」

2010年11月14日 22時11分56秒 | ひつじのしつじくん
 「ひつじの伝言板」の毎日更新は、まもなく1か月になる。
 2010/11/8の2010-2011冬春モデル発表会あたりで終わるのかと思っていたが、今日も続いていた。
その内容は・・・。

2010/11/14のエントリー「秘密」


 メイドのメイちゃんが、兄に内緒で、ある準備をしていると告白するものである。
ひつじのしつじくんも、妹の「異変」には気づいているようで、2日前の2010/11/12のエントリーで、間の抜けたコメントを書き込んでいる。

2010/11/14のエントリー「メイの秘密」


 「秘密」の内容について、「ひつじの執事室」に詳しい方なら察しはつくだろうが、来る11/19はひつじの執事くんの誕生日なのである。
 iコンシェルのサービスが始まったのが、最初の対応機種であるP-01Aが発売された2008/11/19であり、この日からご主人様にお仕えしたという設定になっている。昨年のこの日は、メイドのメイちゃんの独り立ちが前日(2009/11/18)にあったことから(?)、少々うやむやになってしまったが、今年はしっかりと区切りを付けるつもりらしい。
 マチキャラ自体にはコスプレ以外には変化を加えられないだろうから、おそらくは「ひつじの執事室」か「メイのお部屋」に何らかの変化が起こるのではないか、と期待している。今週の金曜日に乞うご期待。


 「2時の虹」イベントは好評なのか、まだ続いている。秋の虹というのも、なんだか良い感じのなのでご紹介させていただく。
 もちろん、執事の学校の秋空にも虹がかかる。

執事の学校で2時に虹


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

連続更新が続く「ひつじの伝言板」とiコンシェルのゆくえ

2010年11月10日 22時48分09秒 | iコンシェル
「ひつじの伝言板」の連続更新は、2010/10/18から今日で24日目となり、現在も続いている。
しかし、何かしらの新サービスへの伏線ではないかと勘ぐっていたが、どうやら、単なるつぶやきらしい。

「ひつじの伝言板」2010/11/10のテーマはグッドデザイン賞


 たとえば2010/11/10は、グッドデザイン賞の大賞発表について触れていた。もしかしてドコモ関連製品が対象に選ばれるのかと気になって、2010年度グッドデザイン大賞の審査結果を見てみると・・・。
・・・全く関係なかった。

 その他の24日間の書き込みを振り返って見ても、カニ、ストロベリーチョコレートクレープ、学園祭、天気図などテーマは多彩だが、ワイドショーのオープニングトークのような、季節ネタが多く、iコンシェルサービスとの関連性はないようだ。

 さて、2010/11/08に行われた2010-2011冬春モデルと新サービスの発表会では、iコンシェルにもメモ機能と呼ばれる新機能が追加された。とはいうものの、従来のリマインドサービスやiスケジュールに経路検索結果を書き込む機能を発展させた印象で、それほど驚くべきものではない。

 むしろ、驚くべきは、このメモ機能が2010-2011冬春モデルからの対応で、P-01Bを含めた既存機種では非対応となっていることだ。
 私の思い込みだが、iコンシェルは、今風の言葉で言えばクラウド的な機能で、端末の仕様には左右されないものだと思っていた。しかし、今回メモ機能の展開が新機種のみとなったことで、既存機種にはiコンシェルの大幅な機能拡張が望めないことが明らかになってしまったのだ。

「P-01Bはiコンシェルメモ機能に非対応


 また、今後本格的な展開が始めるというスマートフォンへのiコンシェルの展開スケジュールも明らかにされなかった。
 もっとも、今回発表されたスマートフォンにおいては、モバイルSuicaやiDといったおサイフケータイのキラーサービスの開始時期が端末の発売に間に合わないことが明らかになっているほか、緊急地震速報などを配信するエリアメールも非対応とされるなど、社会基盤と化している既存サービスの移植さえもできておらず、行動支援サービスと銘打つiコンシェルなどは2の次といった状況かもしれない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加