At First

 

バーコードリーダーでQRコード読み取り

2009年09月28日 23時33分44秒 | 携帯電話とそのサービス
 サイトの会員登録やプレゼント応募に使う空メール送信先アドレスの取得や、パソコン向けWebサイトからモバイル向けWebサイトへの誘導などQRコードを読み取る機会は意外と多い。
 SH-01Aのバーコードリーダーは、「カメラ」メニューと「LifeKit」メニューの両方の配下に割り当てられているし、ショートカットメニューの[1]から[3]に割り当てれば、待ち受け画面から当該キーを長押しするだけで起動させることも出来る。よく使われる機能の証だろう。

 さて、バーコードリーダーを起動させると、「データを中央に表示して下さい」と表示されたあと、すぐに右の写真の読み取り画面に移行する。

SH-01Aのバーコードリーダー起動中画面SH-01Aのバーコードリーダーで読み取り中


 携帯電話のバーコードリーダーには、通常の写真撮影と同じく、画角をユーザーが決定してからシャッターボタンを押すタイプと、シャッターボタンを押さなくても自動的に認識するタイプの2種類がある。
 SH-01Aはデフォルトでは前者の挙動が設定されていて、これを「シャッターモード」と呼んでいる。この画面の左下ソフトキーに割り当てられた「スルー」を押すと、もう一方の「スルーモード」に切り替えることができる。下の写真の左側がシャッターモード。右側がスルーモードの画面である。読み取り画面にモード表示はなく、どちらのモードで起動しているかを見分けるのはきわめて難しい。

SH-01AバーコードリーダーのシャッターモードSH-01Aバーコードリーダーのスルーモード


 一般に、バーコードリーダーで読み取ろうとする対象は、PCのディスプレイに表示されていたり、手に持った商品に印刷されていたりして、安定した状態で読み取ることが難しい場合が多い。これを、シャッターモードで読み取るためには、認識範囲内にバーコードを映した状態でキーを押すことになり、意外と難しい。その点、スルーモードであれば、バーコードを映すだけで認識してくれるので扱いやすい。何度か試したが、認識率もスルーモードの方が圧倒的に良いように感じられる。
 ただ、SH-01Aでは、バーコードリーダーをいったん終了してしまうと、次回起動してもデフォルトのシャッターモードに戻ってしまい、モードの設定は保存されない。
 また、せっかくのスルーモードも、「スルー」を押してモードを切り換えた上で、さらに「読取」を押さないと認識が始まらない。モードを切り換えたらすぐに認識を開始してほしいところ。加えて、スルーモードで「読取」を押したのに、画面表示は「10cm以上離して読取を押す」のまま変わらないのは、少々手抜きに思える。(右側に「読み取り中」という表示は出る)

 SH-01Aでは、バーコードに埋め込まれた情報を読み取ったあとも気になる挙動が続く。
 表示された読み取り結果をクリックすると、Web接続を確認する画面が表示されるのだが、デフォルトが「接続しない」にフォーカスされる。これはあまりに過保護だろう。デフォルトのフォーカス位置は「iモード接続」で十分だ。精一杯深読みして、意図しない接続による課金を防ぐという意味なら、よりリスクの高い「フルブラウザ接続」をメニューに並べるのは感心しない。せめて、サブメニューに表示すべきだ。

SH-01Aのバーコードリーダーで接続確認画面


 よく使う機能だからこそ、細かい使い勝手が気になってしまう。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくんの妹メイ登場

2009年09月12日 15時14分44秒 | ひつじのしつじくん
 ひつじのしつじくんの実の妹メイがついに登場した。

執事の学校チューターコース ひつじのしつじくんと妹メイ


 執事の学校チューターコースと銘打って、インターシップで、兄のもとについて”おもてなしの心”を学ぶカリキュラムという設定だ。教育実習みたいなものですね。

 ところが、このメイ。なかなか出てこない。最初こそ、兄と並んで「よろしくおねがいします」と言わんばかりに頭を下げたが、部屋を出て行ったっきり。待受画面には、兄しか姿を見せない。
 しばらく眺めていたら、ようやく、道路交通情報と鉄道運行情報の配信で初めて顔を出した。まだ研修中で出番が少ないのか。

道路交通情報(左)と鉄道運行情報(右)をお知らせするメイ


 実際に指導している様子などのアクションもあるのだろうか、楽しみに見守りたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

EeePC701SD-XにUbuntu9.04 Netbook Remixをインストール

2009年09月12日 10時20分12秒 | EeePC 701SD-X
 EeePC 701SD-Xに、今さらながらUbuntu9.04 Netbook Remixをインストールしてみた。通常のデスクトップ版Ubuntu9.04のインストール状況は、2009/4/26のエントリーを参照していただきたい。
 ハードウェアは以前と同じメモリを2GBに増設した状態。BIOSは0802に更新してある。また、今回もプリインストールのWindowsXPは残さず、全領域をUbuntuに割り当てることにした。

 まず、Ubuntu.comのダウンロードページから、Ubuntu Netbook Remixを選択して、ダウンロードするサーバーを選び、「Begin Download」をクリックする。

Ubuntu.comのダウンロードページ


 このファイルはISO形式ではなくimgファイルで、しかも、容量は950MB近くもあることから、起動できる状態でUSBメモリに書き込む必要がある。
 そこで、活躍するのが、Win32 DISK Imagerというソフトだ。

Win32 DISK Imagerのダウンロードページ


 サイトからダウンロードしたらファイルを解凍して起動すると以下のような画面が表示される。このうち、「Image File」の欄には、ダウンロードしたubuntu-9.04-netbook-remix-i386.imgを指定、「Device」にはインストールに利用するUSBメモリのドライブ名を指定したら、「Write」をクリックし、確認画面で「Yes」をクリックすると、あっという間にUbuntu Netbook Remixインストール用のUSBメモリが完成する。

Win32 DISK ImagerでUSBメモリに書き込み


 インストール前の最終準備として、EeePCのBIOS SETUP UTILITYで起動順序をRemovable Dev.から変更したら、USBポートにUSBメモリを挿入して起動するだけでインストーラーが起動する。これでOSがインストールできるなんて便利な時代になったものだ。フロッピーディスクにDOS環境からCD-ROMドライブにアクセスするためのドライバを組み込んで…、なんて時代もあったのに。。。

USBメモリからインストーラーを起動


 さて、インストールは日本語で進行するので、特に困ることはない。デスクトップ版と同様の手順だ。およそ25分後にはインストールが完了し、再起動を要求される。
 なお、USBメモリを抜くタイミングは、再起動の確認メッセージのあと、画面に「Please remnove the disc」が表示されてからだ。外してからEnterを押すと再起動が始まる。

このメッセージが出たらUSBメモリを取り外して、Enterキーを押下


 こうして起動するUbuntu9.04 Netbook Remixの初期画面が以下である。

Ubuntu9.04 Netbook Remixのインストール直後の初期画面


 ここでいきなり問題が発生する。このランチャは、なぜかプチフリのように操作上の引っかかりを感じてしまう困ったシロモノなのだ。
 だが、あとでアップデートを適用することで、ウソのように解消するので、しばらくの辛抱となる。

 アップデートの前に、Ubuntu Japanese Teamのサイトから追加パッケージを追加する。サイトには、「日本語環境の構築を簡単にするためのパッケージ、日本で特に人気の高いソフトウェアのパッケージ、プロプライエタリなソフトウェアのインストールを補助するパッケージ」と書いてあるが、正直なところ、何が追加されたのかよくわからない。
 何らかの方法でインターネット接続を確立したあとで、方法2・Japanese Teamのパッケージレポジトリを追加するに従って、ランチャ左上の「アクセサリ」から「端末」を起動して、コマンドを実行する。
 この長いコマンドを最も簡単に実行するには、ブラウザで上記のサイトを開いてコピー&ペーストすればよい。4行あるので、4回の貼り付け作業が必要だ。1回目には管理者パスワードを尋ねられる。

コマンド入力によるパッケージレポジトリの追加作業


 こうしてコマンド入力と実行が完了したら、端末を終了し、「システム管理」から「アップデート・マネージャー」を起動すると、143.9MB分のアップデートが見つかったのでさっそくインストールする。

アップデートマネージャーを起動

アップデートをインストール

 アップデートのダウンロードとインストールには、45分ほどかかった。再起動すれば完了である。

インストールが完了


 再起動後、テーマや時計表示などの設定を変更し、Flashを別途インストールした上で、Firefoxを起動したのが以下の画面だ。Netbook Remixではアプリケーションのタイトルバーに当たる部分が、最上行に組み込まれることで少しでも画面が広く使えてありがたい。
 インストール直後に生じていたランチャ操作上の引っかかりもすっかり解消して、全体的に問題なく快適に動作する。

Ubuntu9.04 Netbook RemixでFirefox


→参考:2009/4/26のエントリーからデスクトップ版Ubuntu9.04でのFirefox起動状況
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トクするアプリがバージョンアップ

2009年09月09日 21時38分57秒 | おサイフケータイ
 マクドナルドのiアプリ「トクするアプリ」が2009/8/21にバージョンアップした。

 最初に気がついた変更点は、ICカードをロックしたまま起動しようとした時のエラー画面だ。従来は、ただ「エラーコード」だけが表示されていて、解決策が分かりづらかったが、今回のバージョンでは、「ICロック機能が設定されています。設定を解除してから再起動してください。エラーコード:100」と解決方法を含めて提示するようになった。こういう改善は素直に称えたい。

トクするアプリのICカードロックエラー画面


 さて、正常に起動した場合、バージョンアップで最初に表示されるのが、左側写真のトップ画面である。ここで10桁のIDが割り振られていることを初めて認識する。このID、こんなに分かりやすく表示する意味があるのかという思いと、個別認識していることを明確に表示してくれているのだという2つの思いをいだく。

 続いて、左下の「メニュー」を押すと、ハンバーガーとドリンクのメニューが表示される・・・・・、
 というのは真っ赤な嘘で、機能を選ぶ「メニュー画面」が表示されてしまう(右側写真)。この言葉の選択は致命的に良くない。外食産業なのだから、「メニュー」という言葉の使い方にはことさら慎重であってほしいものだ。

トクするアプリのトップ画面 トクするアプリのメニュー画面


 使い方は比較的簡単。
 アプリに配信される「かざすクーポン」を事前に選択しておき、店頭で「かざすクーポン」で注文することを告げる。店員さんの合図を待って読み取り機にかざすと、注文がレジに登録される。ただし、ドリンクは口頭で伝える必要がある。また、クーポンにないメニューを注文する場合も従来通り口頭で伝えることになり、恩恵は受けられない。。
 利用者としてのメリットは、新聞折り込みや街頭、Webサイトで受け取った紙のクーポン券を管理しなくてもよいことくらいで、注文が驚くほどスピーディーに出来るわけではないのが、魅力に乏しいところ。
 クーポン券以外の全メニューに対応させるとか、せめてドリンクの選択まで登録できるるとか、もう少しメリットがあると使い始める動機に繋がる。iDやEdyで支払うときも、もう一度口頭で支払い方法を伝える必要がある。支払い方法の選択も登録できたら便利だ。

 もう一つありがたくないところは、紙のクーポンには写真があって商品をイメージが出来たが、かざすクーポンは文字だけで、この部分は完全に従来より後退している。

クーポン選択画面は文字のみ 紙のクーポンには商品写真がある


 限られた画面スペースに商品写真を挿入するのは難しいだろうが、電車の中や自宅でメニューを選ぶときに、文字だけでは商品イメージがまるで湧かない。改善を求めたい。

 いろいろ苦言は呈したが、こうした新しい取り組みに業界トップ企業が率先して取り組む姿勢は高く評価したい。かざすクーポンで注文し電子マネーでスマートに支払うスタイルには優越感を感じ、来店意欲が高まっているのも事実だ。
 今後の取り組みに注目したい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじと満月

2009年09月09日 01時46分13秒 | ひつじのしつじくん
 マチキャラ「ひつじのしつじ」は、月に対するこだわりが強いようだ。
 ひつじの執事室のトップページでは、満月の日までのカウントダウンや月齢が表示される。下の画面は、先日、2009/9/5の満月の様子である。

ひつじの執事室の月齢表示


 満月前日となる2009/9/4のひつじの伝言板には、「明日は満月です。よろしければご主人様もぜひ夜空をご覧下さい私もお部屋から楽しもうと思います」と、フリがなされ、当日の執事室の窓からは満月が見られた。

ひつじの執事室から見る満月


 他にも、秋バージョンの壁紙を待受画面に設定すると、同様に窓から月を見ることができるほか、ハロウィンのグッズが置かれているのも確認できる。おそらく、10/31のハロウィンには…??
秋verの執事室待ち受け


 そして、いよいよ執事の学校メイドコースで学ぶ、実の妹「メイ」がインターンシップという設定で配信される模様である。ひつじのしつじの登場から10か月が経つが楽しませる仕掛けは尽きない。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加