At First

 

インサイトと温度表示

2009年08月24日 22時55分43秒 | Honda インサイト (ZE2)
 インサイトのハイブリッド機構を司るHonda IMAシステムの重要な要素の1つが、アイドリングストップである。一定の条件を満たすと、信号待ちや渋滞時などの停車時にエンジンがオートアイドルストップシステムが作動しエンジンが自動停止する。
 逆言えば、インサイトのオートアイドルストップには、自動停止しない条件がいくつかある。このうち、オーナーズマニュアルから「温度」に関するものを拾ってみる。

◇自動停止しない場合
 ・エアコンを使用中、設定温度と車内の温度差が大きいとき(ECONスイッチがOFFのときのみ)
 ・車内の湿度が高く、除湿しているとき

◇エンジンが自動的に再始動する場合
 ・エアコンを使用中、設定温度と車内の温度差が大きくなったとき
 ・エアコンがONで車内の湿度が高くなったとき

 ここで、「車内の温度」や「車内の湿度」とあるが、運転席で一番目につくマルチインフォメーションディスプレイに表示されているのは、実は「外気温」である。

マルチインフォメーションディスプレイの外気温表示


 外気温は、冬期に路面が凍っているかどうかの目安にはなるが、日常の運転にはそれほど重要な情報ではないだろう。ちなみに、この外気温センターはフロントバンパー付近についているようだ。

 次に目につく温度は、オートエアコンの動作状況表示部分だが、ここに表示されるのはもちろん設定された車内温度である。

オートエアコンの表示部。設定温度を表示


 こう見てくると、車内温度を表示する機能はないことに気がつく。。
 では、車内の温度や湿度はどこで測定しているのかと調べてみると、オートエアコンスイッチの隣、ワイパーのスイッチの陰になる部分にあるようだ。ちなみに、フロントウインドウの付近にあるのは、日射感知部である。

インサイトの車内温度/湿度感知部


 インサイトは、ECONスイッチでエアコンの動作状況を含めて燃費向上のための制御を行い、アンビエントメーターやECOドライブバーでアクセルやブレーキ操作による燃費状態の表示をリアルタイムに行っているが、重要な要素の一つであるエアコンについては、開発段階であまり注目がされなかったのか、その作動状態だけを知らせる仕様となっている。

 もし、車内温度や湿度の表示があれば、アイドルストップ中にエンジンが再始動するタイミングがもう少し視覚的に分かりやすくなる。
 なにより、運転者自らがエアコンを使うか窓を開けるか判断する材料が増えることになる。アクセルワークやブレーキ操作だけが省燃費走行の評価基準ではないはずだ。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「エコグランプリ参戦中」ステッカー到着

2009年08月09日 00時09分13秒 | Honda インサイト (ZE2)
 エコグランプリキャンペーンの参加特典である、『オリジナルマグネットステッカー』が届いた。
 マグネットステッカーなので、ボディのどこにでも貼り付けることが出来るが、無難なところで後部右側「HYBRID」エンブレムの下にさっそく貼り付けてみた。

「エコグランプリ参戦中」マグネットステッカー  マグネットステッカーをHYBRIDエンブレム下に貼り付け


 もちろん、貼ったからといって燃費が良くなるわけではないが、「Honda Green Machine」の文字がちょっと嬉しいし、スヌーピーとウッドストックがチェッカーフラッグを持っているデザインも結構良い感じだ。ちなみに、『ピーナッツ』のその他の登場人物は、SNOOPY公式サイトで確認願いたい。

 一方、「エコグランプリ」の元データとなっている、インターナビ・プレミアムクラブの会員向けページにある、燃費ランキングに改善が行われたので記しておく。
 「月間最高燃費」に加えて、「月間平均燃費」の掲載が始まったのだ。

燃費ランキングの月間平均燃費


 これまでの「月間最高燃費」は、月の中でもっとも燃費の良かった1日のデータがエントリーされるため、たまたま特殊な走行形態(たとえば「標高の高い地点に宿泊を伴って移動し、帰路は下りの割合が著しく高い」など?)で記録されたと思われる40.0km/Lを超えるデータが上位を占めていて、個人的にはランキングが破綻していたように見受けられた。
 しかし、今回追加された「月間平均燃費」で7月のデータを確認すると、1位の方が31.0Km/L、47位タイの方で26.0km/Lと、好燃費を記録した上位50人のデータとして、より現実的な記録が並んでいると感じる。
 ちなみに、自分の順位を確認すると19.9km/Lで1,009位。全体で約2,600人がエントリーしている中では、およそ真ん中くらいの位置にいるようだ。


【参考】
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ひつじのしつじくん(特務機関NERVコース)が登場

2009年08月02日 22時45分33秒 | ひつじのしつじくん
 マチキャラ「ひつじのしつじくん」は、執事室でこっそり練習をしている、という設定がしばらく続いていたが、仕事の合間に執事の学校の夏期講習に通い続け、このたび修了したらしい。と、いうことで、2009/7/31から『エヴァンゲリヲン』に登場する組織・特務機関NERVのコスプレをした「ひつじのしつじくん(特務機関NERVコース)」が、ついにダウンロード開始となった。

 2009/8/31までの期間限定であるが、コンセプトモデルSH-06A NERVでなくてもダウンロードして、マチキャラに設定できる。えらく太っ腹だ。

ひつじのしつじくん(特務機関NERVコース)


 特務機関NERVの制服を着た「ひつじのしつじくん」は、『エヴァンゲリヲン』を知らない世代から見ると、作業服を着たメカニックに見える。我々世代のアニメで言えば、『機動戦士ガンダム』か。

特務機関NERVの制服を身にまとったひつじのしつじくん(正面) 特務機関NERVの制服を身にまとったひつじのしつじくん(背面)


 ただ、このNERVの制服バージョン。
 土曜、日曜は「かりゆしなひつじのしつじくん」に姿を変えるので、平日のみの登場となる。

【2009/8/5追記】
 どうやら曜日によって、コスプレを着替えるようだ。
 キャラクターなど詳しいことは知らないので、コスプレ後の姿だけ紹介しておく。
特務機関NERVのプラグスーツを身にまとったひつじのしつじくん(白) 特務機関NERVのプラグスーツを身にまとったひつじのしつじくん(青)

特務機関NERVのプラグスーツを身にまとったひつじのしつじくん(赤) 特務機関NERVの制服を身にまとったひつじのしつじくん(黒)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加