At First

 

Galaxy S7 edgeのAlways On Displayが機能向上。再生中の曲名表示が可能に

2016年10月16日 22時53分52秒 | Galaxy S7 edge SC-02H

■Always On Display機能がバージョンアップ

 2016/10/15、Galaxy Appからのアップデート通知が届いた。内容を確認すると、スリープ状態で時計やカレンダーをディスプレイに常時表示するAlways On Displayに更新があるようだ。
Always On Displayの新しいバージョンが利用可能です Galaxy Appsから更新


 更新を行うと、Always On Displayアイコンの背景がオレンジの丸から角丸な青色に変わり、バージョンは1.3.15から1.4.02に上がった。英語表記のみであるが、機能上の変更点がかなり詳細に記されている点には好感が持てる。あわせて、「Battery consumption」としてAlways On Displayの消費電力が1時間あたり1%以下であることが記載されていることにも注目しておきたい。
バージョン1.4.02に更新された。アイコンがオレンジから青に。 バージョン1.4.02の変更点


 更新後は設定画面の見た目が大きく変わり、時計/カレンダー/画像の切り替えが「レイアウト」のメニューを開き「表示するコンテンツ」を選択するよう階層が改められた。
更新前(バージョン1.3.15)のAlways On Display設定画面 バージョン1.4.02のAlways On Display設定画面


■選択できる時計デザインが大幅増

 今回の更新では、選択できる時計やカレンダーのデザインが大きく増えている。時計はこれまで9種類が用意されていたところ、任意の写真を貼り付けられるデザインを含めて14種類になり、既存のデザインにも調整が入っている。同時に、時刻の文字色を12色から選べるようになったり、背景の画像も相変わらずのささやかなデザインながら追加が行われたりしている。
 一方で、これまでは1件からカウントアップされていた不在着信の通知はアイコンのみの表示に仕様変更された。
時計のスタイルが14種類に 任意の画像設定ができるスタイルも

時刻表示の色設定機能が追加 ささやかな背景も追加されている


 カレンダーは2種類から1種類に統合された一方で、画像のカテゴリには星座のデザインが追加されている。
カレンダーのスタイルは1種類に統合 画像は1種類が追加された


■スリープのままで再生中の曲名が見える

 ミュージックプレーヤーで再生中の曲名がAlways On Displayで表示できるようになっている。日時だけでなく曲名を確認するためにスリープを解除する必要さえもなくなったわけで、日頃からGalaxy S7 edgeで音楽を楽しんでいるユーザには大きなメリットだ。
 このほか今回の更新では、純正S VIEW COVER及びKeyboard coverの装着時にもAlways On Displayが表示できるようになったことも記載されている。
再生中の曲名がAlways On Displayに表示される


■Galaxy S7 edgeへの注力を期待

 Galaxy Note 7の相次ぐ発火事故にともなう販売と生産の停止で、見た目が瓜二つのGalaxy S7 edgeユーザは肩身の狭い思いをしている面が少なからずある昨今、Note 7発火の原因究明と再発防止体制の確立はもちろんだが、並行して今回のようなS7 edgeの機能改善を積極的に続けてほしいと願っている。
Always On Displayの使いどころの一例



【参考】
『ケータイ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひつじの執事室が2016年秋ver... | トップ | ひつじのしつじくんとメイド... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む