At First

 

お正月のひつじのしつじくん、羽織袴を一新する

2016年01月02日 02時32分34秒 | ひつじのしつじくん

■あけましておめでとうございます

 平成28年のお正月。
 年が明けるとひつじのしつじくんが羽織袴姿にお着替えするのが2010年からの「伝統」だが、今年のお正月はちょっと違った。
 プリインストールのひつじのしつじくんは、これまで黒色の羽織から一転して平成28年は白色の羽織を身にまとっている。羽織紐も白色から金色に変わっていて印象ががらりと変わった。
リニューアルした白色羽織袴姿のひつじのしつじくん リニューアル前の羽織袴姿のひつじのしつじくん


 ひつじのしつじくんは日の丸が描かれた扇を頭に乗せていておめでたいのだが、いったいどこに差しているのかよく分からないのはツッコミどころだろう。ホーム画面を歩き回る姿は扇がまるで角のように見え、映画に出てくる宇宙人にも見えてくる。さらに、真っ赤な顔でだだをこねる姿を見ていると成人式を荒らす若者を連想してしまう、というのはあくまでも個人の感想だ。
白羽織袴のひつじのしつじくんを横から 成人式を荒らした若者ではありません


 一方のメイドのメイちゃんは、例年どおりの真っ赤な晴れ着姿が艶やかだが、2015年9月に行われたしゃべってコンシェルアプリのバージョンアップによるしゃべってキャラ高解像度化の恩恵を受けている。両者を比べてみるとその差は歴然だ。
【高解像度版】晴れ着姿のメイドのメイちゃん 【従来解像度】晴れ着姿のメイドのメイちゃん


■しゃべってコンシェルのイベントは「かくし芸」

 年末年始におけるしゃべってコンシェルでのやりとりも記録しておきたい。
 2015年の年末に、勇み足で「あけましておめでとう」と挨拶してみると「まだ明けてませんよ?」と対応済みだった。今年はお見事!
ひつじのしつじくんの「まだ明けてませんよ?」 メイドのメイちゃんの「まだ明けてませんよ?」


 年が明けた後、改めて「あけましておめでとう」と声を掛けてみると、どうやらひつじのしつじくんの「かくし芸」がキーワードのようだ。
 ひつじのしつじくんに「かくし芸見せて」と振ってみたところ、外国映画の吹き替え風ものまねを披露してくれた。この吹き替え風ものまねにはしゃべってコンシェルについて語るバージョンのほか、朝食を題材にしたネタもあることを確認している。メイドのメイちゃんは「聞いていない!」と地団駄を踏んでいるのが可愛らしい。
 あれ?…これって昨年の誕生日企画「ひつじの挑戦」で目標を達成したら年末に披露すると言っていた「ものまね新ネタ」の再利用じゃない?…なんて無粋なことはお正月なので控えておきましょう。
ひつじのしつじくん2016年のかくし芸は「外国映画の吹き替え風」 地団駄を踏むメイドのメイちゃん


■おしゃれひつじコースのひつじのしつじくんは「おさるのひつじ」になる

 一方、おしゃれひつじコースのひつじのしつじくんは、干支にちなんでサルの着ぐるみを身にまとって登場している。昨年は「ひつじのひつじ」で(個人的には)沸いたのだが、今年はサルということで違和感がなさすぎる。
 ちなみに、ここ最近の本ブログにおけるおしゃれひつじコースの記録が雑なのは、高解像度版のしゃべってキャラとの差が大きすぎて見劣りするからだ。特に兄妹が一緒に登場するアクションでの表示はもはや見るに堪えず、画像で切り出して紹介するのは忍びない。
おしゃれひつじver9は干支にちなんでおさるのひつじくん 今年の干支は?に「今年の干支は申年です」と答えるおさるのひつじくん


 しゃべってコンシェルアプリのお知らせ画面には「あけましておめでとうございます!」が表示されるようになっている。昨年のクリスマス時には会話画面に画像が挿入されて驚いたのだが、お正月は以前のパターンに戻したようだ。
 ちなみにiPhone版のしゃべってコンシェルを起動してみたところ、ひつじのしつじくんはこれまでどおりの黒色の羽織で登場してきた。
お知らせ画面「あけましておめでとうございます!」 iPhone版しゃべってコンシェルは従来どおりの羽織袴


 ひつじのしつじくんが、これまで6年続けた定番の羽織袴を大胆にリニューアルしてくるとは予想外だった。昨年のひつじ年はやや期待外れだったのだが、今年はこの勢いで驚くような展開を期待したい。


【参考】
『ケータイ』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 0 SIM by So-netを活用してエ... | トップ | 2016年の執事室のお正月は冬v... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む