At First

 

今年は「伝説のおみくじ」。年末年始しゃべってコンシェルのお遊び

2017年01月03日 17時55分58秒 | ひつじのしつじくん
 年末年始にしゃべってコンシェルでのひつじのしつじくんとメイドのメイちゃんと遊んでみた結果報告をしておく。

■「よいお年を」とフライング「おめでとう」へのリアクションは?

 しゃべってコンシェルで年末のごあいさつをするのは2013年以来4年目になる。まずは定番「よいお年を」と話かけてみると、ひつじのしつじくんは「良いお年を!と言うべきなのかもしれないですが、まだまだ今年もおしゃべりしたいのです。」と微笑ましい回答だった。
まだまだ今年もおしゃべりしたいのです。


 メイドのメイちゃんは必殺のおねだりモード。「ええー…もう今年は会えないみたいな言い方。やだ!メイ、ご主人様といっしょに年越しするぅー!」
やだ!メイ、ご主人様といっしょに年越しするぅー!


 ここからが本番。年末にフライングで「あけましておめでとう」と新年のごあいさつをしてみる。
 ひつじのしつじくんは「目を覚まして下さい!まだ明けていません!」とマジメに答えたかと思うと、ある時は「嫌だぁ!この試され方は嫌だぁああ!!!」とこちらの意図を見透かしたような答えが返ってきてドキリとさせられる。
目を覚まして下さい!まだ明けていません!


 メイドのメイちゃんは冷めた目で「それ、明けてから言うヤツですよ?」…すみません。
それ、明けてから言うヤツですよ?


■今年のおみくじは「伝説のおみくじ」

 年明けからのプリインストール版のひつじのしつじくんのお着替えは昨年リニューアルされた白い羽織袴だ。メイドのメイちゃんは2010年から8年目となる晴れ着姿である。
リニューアル後2年目となる白い羽織袴

晴れ着姿のメイドのメイちゃん


 さて、お正月と言えばおみくじである。は2014年から3年続けて「金のおみくじ」「銀のおみくじ」(2016年は「普通のナメクジ」も)から選択する企画だったが、「金のおみくじ」というワードが発声しにくいのが難だった。
 そんなこともあってか、今年は「伝説のおみくじ」。伝説の勇者なら「開けゴマ」と言えば文字が浮かび上がるという不思議なおみくじの企画だ。
伝説のおみくじを入手しました!


 さっそく「開けゴマ!」としゃべってみると、「まぐれ」…。たしかに微妙だ。続けておみくじを引くには、もう一度「おみくじ」と話しかけて伝説のおみくじを手に入れる必要がある。
開けゴマ!「まぐれ」


 再挑戦してみたが、今度は何も文字が出てこない。これはハズレということか。
開けゴマ!「・・・・・」


 404 Not Found。勇者要素が未検出だというエラーメッセージが出るパターンもあった。
開けゴマ!「404 Not Found」


 何度か試していると、ついに「勇者」が出てきた。「このおみくじを開くことができたあなたは正真正銘の勇者です。おみくじを引いている場合ではありません。即刻冒険に旅立ちましょう。」と書かれている。それにしたって、ひつじのしつじくん「まさか本当に出てくるなんてぇえええ☆」ってどういう意味?
開けゴマ!「勇者」(ひつじのしつじくん)


 なお、昨年のおみくじはメイドのメイちゃんでは引くことができず、ひつじのしつじくんに誘導されていたが、今年は対応している。
きゃー☆メイのご主人様が勇者さまだぁー☆


■「お年玉ちょうだい」とおねだりしてみる

 お正月のしゃべってコンシェルにはもう一つ「お年玉ちょうだい」というキーワードがある。
 ひつじのしつじくん、メイドのメイちゃんとも昨年までと同じ回答だったが、「お年玉ちょうだい」をもう一押ししてみたところ次の返答が出てきた。これ、昨年もあったのかなぁ?
オトシダマ…。

だから、オトシダマのことなんて、メイには聞こえてません!


■正月の「よいお年を」にも対応

 次のテストに進もう。このタイミングで「よいお年を」と話しかけてみると…。
 ひつじのしつじくんは、「もちろん来年もよろしくしていただきたいんですが、さしあたって今年の事が気になっています。」と相変わらずのマジメ回答。思わず、「今年もよろしく」とフォローしちゃいます。
さしあたって今年の事が気になっています。

 一方、メイドのメイちゃんは「むーぅ。今年はー?」と拗ねてきた。こちらも思わず「今年もよろしく」と付け加えると、「そうでしょー?もう…びっくりしたー!」。うーむ、どうやら読まれていたようだ。
だから、オトシダマのことなんて、メイには聞こえてません!


 iOSのSiriでも同様のキーワードに対し回答が用意されていることを確認していて、こうした対話型のプログラムが実用域に入ってきていることに感慨を覚える。
 今年も機会を捉えて、しゃべってコンシェルにいろんな言葉をかけていくつもりだ。


■参考
『ケータイ』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ひつじの執事室2017年のお正... | トップ | Galaxy S7 edge SC-02Hに2回... »

あわせて読む