はじめのひとり言

私の日々過ごしています環境の中で触れ合う自然の写真と日記を綴っています。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

南あわじ市で、2

2009年08月21日 | Weblog
諭鶴羽湖を過ぎて、狭い林道のような道を延々と登ったところでは、時折野生の鹿が逃げてゆきます。諭鶴羽の最高峰にはNTTの基地があり三角点(608m)には展望できる台が有りましたが、回りの木々が大きくなりすぎて良い展望とは良いがたしでした。淡路の南の海岸(灘海岸)の方に降りる途中に、諭鶴羽神社が有りました。平安時代の頃より諭鶴羽古道と言って、修験者達の修行の道の起点として親しまれ活躍してきたのです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 南あわじ市で | トップ | 倭文土井地区 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
南あわじの話題 (南あわじの歩き方)
南あわじに関する新しい話題