あるがままに徒然雑記

日々の雑感を、時に任せて・・・

ゲゲゲの鬼太郎のマンホールの蓋

2016-12-06 | マンホールの蓋
11月30日は「ゲゲゲの鬼太郎」などの妖怪漫画で子供たちや私達まで、
その魅力に惹かれた「水木しげる」さんが亡くなられた1周忌でした。
95歳で亡くなるまで住まわれていた調布市は、
命日を「ゲゲゲの忌」と名付け、
様々な取り組みで水木さんをしのばれたとのことです。
新聞報道によるといろいろな追悼イベントがあり、
その人気度は相当なものだった様子でした。

入院する前に「ゲゲゲの鬼太郎」の、
マンホールの蓋を撮っていたことを思い出しました。

人気ある水木しげるさんの代表的なキャラクター、
「ゲゲゲの鬼太郎」をモチーフに、
調布駅周辺のマナー向上のため、
6種類のマンホールの蓋を、
調布市では平成28年3月16日に設置。

調布駅北口から甲州街道までの歩道に設置されていました。
その蓋を撮影に10月25日に行ってきました。
体調が悪い中どうしても見に行きたく、
歩行も苦しかったがなんとか撮影し、
翌々日の27日に緊急入院となった次第です。

6種類あるようですが5種類しか見つけられなかったので、
元気なったらまた探しに行こうと思っています。

マナー啓蒙のため設置されたマンホールの蓋








ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 調布市マンホールの蓋 | トップ | 大雪(たいせつ)の日の上弦の月 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。