あるがままに徒然雑記

日々の雑感を、時に任せて・・・

銭湯に木彫りの仏様 国立市・鳩の湯(番外編)

2017-06-17 | 銭湯お遍路
銭湯お遍路番外編

国立市唯一の銭湯「鳩の湯」の塀から顔を出す、
木彫りの仏様があるという情報に見に行ってきました

かつては国立市内に7件ほどあった銭湯も次々と廃業。
今は鳩の湯1軒のみ。
銭湯お遍路を始めた頃は2軒あり入湯していました。
その頃あった煙突も老朽化でヒビが入り解体されていました。

鳩の湯には1950年代の創業時から立っている木があり、
オーナーから木が朽ち始めているので、
除去したいと考えているということを、
近くに住む彫刻家が聞き、
それなら、生きている木を彫らせてほしいと願い出られたそうです。

そこで今年2月から足場を組み作業が始まり、
如来像をベースに彫り進めてきたそうです。
そして5月下旬にほぼ完成したと思えるまでに。
そのことが5/31の新聞に載り興味がわき見に行ってきた次第。

仏様のお顔は穏やかそうにほほ笑み、
出入りするお客様を優しげに見守っているようだと。
そして今はなくなった煙突の変わりに、
新たなシンボルになりいつまでも、
親しまれる銭湯であり続けてほしいと、
製作者は願っておられるそうです。
内容は新聞記事より一部引用させていただきました。

銭湯が老朽化や後継者がいないなどにより、
どんどん少なくなっていく事はさびしい事です。
日本の文化のひとつでもある銭湯、
今は外国人が銭湯に興味を持ち、
観光のスケジュールに組まれていることも多いそうです。
広い湯船から富士山などの背景画を楽しみ、
ゆっくりと疲れた体を癒す銭湯はいいものです。

キリの木に彫られた仏様

塀の中からにょっきりと顔を出す

UPしてみました

鳩の湯

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 青梅の玄米黒酢漬け | トップ | さわやかな雨後の花たち »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

銭湯お遍路」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。