TOMO's Art Office~My Philosophy

我思う、ゆえに我あり~ある創作者の思考

11/12(土)Tenri Cultural Instituteにて「庭~ピアノとクラリネットと篳篥の為の」米国初演

2016年10月12日 | 作曲・編曲依頼


11/12(土)Tenri Cultural Instituteにて拙作「庭~ピアノとクラリネットと篳篥の為の」米国初演となります。

http://www.tonadaproductions.com/tokyo-to-new-york-2016-tenri-november.html

演奏者はトーマス・ピアシー(クラリネット)、蛯名紘士(篳篥)、木川貴幸(ピアノ)のお三方。

トーマス・ピアシーは3年連続で私の曲をニューヨークに紹介してくれているスーパークラリネット奏者。
今回はピアノ、クラリネット、篳篥というユニークなアンサンブルをオファーして下さり、
年初に白寿ホールで初演にこぎつけました!

木川貴幸さんは昨年も私の篳篥とピアノの為の小品「New York Portrait 2014」を米国初演して下さった方です。
ニューヨークで最も注目されるピアニストで、ニューヨーク・タイムズ紙でも度々絶賛されています。
今年発売されたモストリー・クラシックでも大きく紹介されていましたね。

蛯名さんは初めて演奏をお願いする篳篥奏者。
音楽だけでなく写真家としてもニューヨークで活躍されています。

この大舞台に同席できないのが残念でなりませんが、
素晴らしい演奏になることは間違いありません。

ニューヨークにお住いの皆様、是非お越しください!

Tenri Cultural Institute http://www.tenri.org/

Thomas Piercy http://www.thomaspiercy.com/

木川貴幸 http://www.takakigawa.com/

蛯名紘士 https://soundcloud.com/hiroshi_audio

『音楽』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「1+1=2」ではない理由... | トップ | 「庭~ピアノとクラリネット... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL