陣痛の痛み

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

出産直後の体調

2012-01-29 06:16:04 | 日記
わが子との感動の対面を果たした後は、2時間ほどそのまま分娩台の上で休み、体力を回復させました。その後異常が無かったため自分の病室に戻ったのですが、すでに朝食が用意されており、出産で体力を消耗したため、朝食をぺろりと平らげました。一晩中陣痛に苦しみ、まったく睡眠を取れていなかったため、すぐに眠くなるだろうと思っていたのですが、無事出産したと言う喜びと感動で、身も心も興奮状態で、その後もまったく眠くなりませんでした。産後2時間後には、自分で歩いてお手洗いまで行けるまでに体調は回復し、椅子に座ったとき切開の傷が多少痛む以外には、まったく不調を感じませんでした。自然分娩の場合は、産後の回復も比較的早いそうですが、帝王切開の場合は傷も広範囲に及ぶため、しばらくはベッド上安静を指示される事が多いようです。子宮の回復も順調で、胎盤がうまく排出されない場合には、掻爬などの処置が必要になる事もあるそうですが、私の場合はまったく問題なく、子宮の収縮も順調でした。産後2日目からは入浴もいつも通り出来るようになり、お乳が張って痛くて眠れなかった事を除いては、非常に快適な入院生活を送れたと思います。
横浜産科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出産直後の体調

2012-01-29 06:01:16 | 日記
初めての出産の後は、自分では元気なつもりでいました。お産にかかる時間も初産にしては短い方でしたし安産だったので、興奮の方が先にたってドキドキしていた感じです。出産後二時間ほどそのまま分娩台で安静にしてから病室に戻る、と聞いていたように思うのですが、二時間を待たずして移動でした。自分で思っているより体はへばっていて、少しフラフラしていたかもしれません。車椅子で病室まで移動しました。病室に着いたら、病室の入り口からベッドまでは歩いて移動。本当に短い距離だったにも関わらず、まるで自分の体ではないような感覚だったのを覚えています。それからはベッドに横になるものの中々眠れずにいました。それから3~4時間してお手洗いに行ったり洗面したり。エレベーターで受付におりて、実家に電話したりしました。フラフラするものの、それは寝不足のせい(出産が夜中だったため)だとおもっていましたが、その後は後陣痛がひどく傷口も痛くなってきて、赤ちゃんに会いたかったけれど新生児室まで行けませんでした。食事の時等、少し起き上がってみましたが、なにしろ傷口の痛みが益々ひどくなっていて座ることが出来ませんでした。ドーナツ型の座布団を借りた時には、とても救われた気分でした。

神奈川産科
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

出産祝い

2012-01-29 05:52:43 | 日記
出産を終えて、ありがたいことにたくさんの方から出産祝いをいただきました。1番多かったのがやっぱり現金で、親戚からは1万円、友達からは5千円くらいのお金をいただきました。現金以外でも色々いただきました。そのなかでも特に嬉しかったのがトイザらスのギフトカードでした。ベビーカーやカー用品など、生まれてからも結構買うものがあるんですよね。トイザらスはベビー用品ならほとんど何でも揃うんですよね。それにお金だと使うのを迷いますが、ギフトカードなら「せっかくいただいたんだし」と思いきって買い物できる気がします。逆に出産祝いでいただいて困ったのが、意外かもしれないんですがベビー服でした。すでに妊娠中にたくさん買ってしまっていたし、初めての子供だったので私の好みの服を着せたいと思っていたんですよね。「他人が母親の特権のベビー服選びを横取りしないように」というような内容の文章をどこかで読んだのですが、本当にその通りだと思います。特に祖母がくれたベビー服が本当に私の趣味にあわなくてまだ1度も着せてません。でも仲の良い友達がお祝いでくれたベビー服は私の趣味にピッタリで、さすが友達はよくわかってくれてるなーと嬉しかったですね。

<調べたこのこと!>
堀病院:横浜市瀬谷区二ツ橋町292
TEL:045-391-2561 
googlemaps
大きな地図で見る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加