自由人の発信 おっさんの中国一人旅から国内旅。

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

2016中国一人旅 まずは西夏王国(銀川)へ その3

2016-11-01 09:45:54 | 旅行記

10月11日(火);3日目の続き(容量の制限の為)

車掌に工程表みせて(地図には承天寺なし)、承天寺に行きたいと言うと、運転手と何やら・・・、地元では西塔で呼ぶようです。やがて車掌さんから声がかかり下車、何番だと言ってますが??、同じ方向らしいので下りた停留所の路線図、西塔あります1元。

道路センターにあるこの施設、バスの停留所です、メイン道路あちこちにあります。意図が・・・、思うに エコな都市交通システム トラムを計画、まず手の付けられる停留所を作ったのですが(走りながら!)、線路・架線の施設、等を考えてるうちに状況(人・景気・派手さ)を考慮して、ちょっと待て!、同じ停留所なので取敢えずバス停に使って!でしょう。。でも道路のセンター、車を避けながらですがバスはここに停まるので・・・。その内車が増えてきたら撤去すればいいので。

 

 

承天寺到着、もちろん老人票。門票は免費ですが、塔に入るのは20元。

  

元昊を弔って皇后が発願、現存塔は明嘉靖年間の物、塔の高さは64.5mと。人はいなく静か、王陵よりいい雰囲気。塔の下では風鐸の音が幽かに、ガランガランと。

     

入口には切符切りのおばさんがいます。フム??登の?と言った感じで中に導き、この階段だよ!と言った感じですが、笑って。。    

この落書き消せないものか、これも時間なのでしょう。  

結構な勾配と蹴上、おばさんの顔が・・・、一気に!

東面。   西面。   北面。  南面。  興慶府の現在の様子。 

1階下の表示10Fと。下りには太ももがつり気味でした。  

 

まだ昼食をとっていません!美味しそうな鳥の唐揚げ?量の見当つかないので両手でこのくらい20元、再度じっくり揚げてくれます。  中国では一般に骨付きです、そう骨も鶏の内?だから美味しいのか。。

待ってる間お隣覗き見。焙煎屋?さん、ヒマワリの種を焙煎しています。  お店の中にはいろんな焙煎用豆類。量りで買って焙煎してもらうようです。美味しそうですが、あまり歯が・・・。

 

バスに乗って長途汽車站へ1元、バスは裏口汽車站西門、場内通って改札口から入ります。

チケット購入8:20塩池40元。   

銀川汽車站正面、デカ!内容はないのですが・・・。  

駅前の清真屋台で中国クレープとゆで卵8元。ホテル食に!  この手の屋台はずれありません。

駅前大通りに例のバス停。駅員?に1元払って、来たバスに。通らないバスも、マイイカ! 

 

ホテルの部屋で遅い昼食、どれも食べ応えのある量、結構いけます!完食!

   

ホテルフロントで買った缶ビール、なぜか冷蔵ケースに入ってたんですが冷えていません。

 足らないかと一函追加したんですが。紅牛という甘いジュース、一口でNO10+6元。

 

入口横に网吧の表示ありました、3日目ですので自宅に連絡を。

外国人利用できるかと訊くと、係りの少姐、“身名証持ってるか?” “没有!”ならダメだと。。

自宅にメールを打つだけなのだがと五体を使って、と(解った?)、彼女・・・・・PC開錠?暗証番号レシートを場内係りに5元。

場内係りに付いて、係りの若者が使えるようにしてくれます。場内には結構な若者、さかんにお互いにゲームをしているようです。

中国URLのアドレスをyahoo.co.jpに変え、ヤフーメールで発信。yotei doori nite keika cyuu.taicyou yosi

 

ニュースも変わりなく見れます。

と言う事なら、日本語判る人は確実にアクセツ出来る。しかし実名登録ですので当局の監視下である事は間違いありません。

 

中途半端な食事でしたので今日は部屋に戻ってシャワー浴びて本読み、就寝です。

明日は塩池-恵安堡-懷県、バスの乗り継ぎ。

今日使ったお金;1+10+5+115+8+20+8+1+20+20+1+8+40+10+6+5=278元

 

 

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016中国一人旅 まずは西夏... | トップ | 2016中国一人旅 オルドス長... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。