医療用かつらを作る美容師JUNのブログ♪ 三重県津市  

2015年5月、乳がん発見。闘病生活と医療用かつら(ウィッグ)を通してのがん患者さんサポート日記

バスタイムカバー(乳がん術後の入浴着) その3

2012-03-01 | 乳がん経験者さんに配慮した温泉


『 入浴着ポスター 』、 作っていただきましたぁ~!





鈴木知事さんにお願いしてから、こんなに早くに出来上がるとは  
感激です

担当者さんが、 「 衛生面を、三重県としてもきちんと調査して、検討させていただきます。 」
とおっしゃってみえましたので、もっと時間がかかると思っていました。

鈴木知事さん!三重県健康福祉部のみなさん!
親切で、すばやい対応、本当にありがとうございます


乳房再建手術は、自分の組織を移植する方法は保険適用ですが、
またまだ保険適用外のものも多く、人工乳房にしても、とても高価なものです。
がんの治療にも、長期間、高額な治療費が必要ですので、なかなか手を出せるものではありません。

乳がん経験者の方が、手術の跡を気にせずに、温泉を楽しめるよう作られた入浴着 
『 バスタイムカバー 』 は、タオルなどと違い、衛生面で問題なく、公衆入浴場で使用できます。
湯船につかっても大丈夫です

 ※ 『 バスタイムカバー(乳がん術後の入浴着) 2011.10.21 』 をご覧ください。

しかし、施設の方や他のお客様が入浴着のことをご存じでないと、
断られてしまったり、注意されてしまったりして、
安心して温泉を楽しむことができません。

『入浴着ポスター』は、3月1日から、順次、
県内の旅館やホテル、公衆浴場、がん診療連携拠点病院などに
掲示されます。
( かなりの数なので、すぐには、掲示されませんが ・・・ )

また、3月1日の 『 ぶらさがり会見 』で、鈴木知事さんから報道関係の方に、
公表されるそうです。

三重県には、良い温泉がたくさんあります。

県内の方だけでなく、全国の乳がん経験者の方が、手術の跡を気にせずに、
安心して三重県の温泉を楽しんでもらえるといいですね~  

そして、『入浴着ポスター』が、全国に掲示されるといいですね~  

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 医療用かつら(ウィッグ)の製作 | トップ | 春ですね~♪ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

関連するみんなの記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。