俳句 HAIKU  はいくっ

俳句は 楽しく 詠うもの

ぽちぽちと

とつとつと

青軍手

2017-03-15 19:29:44 | 日記























冬の観光地ですし、



平日ですし、



こけしはそんなに売れるものではありませんから、



こけしの里は、とてもとても静かでした。






昔、訪れた時は青葉の頃でした。



工人のお家の前に井桁に組んだ木が、そちこちにありました。





木を乾燥させるには適期でないというのもあるのでしょうか、


空き地ばっかりが目立って、なんかねぇ…





とはいえ、そこで暮らしておいでの方たちがいらっしゃるのですから、



暮らしの匂いはありました。








「啓蟄」は、暖かくなって虫たちが動き始めることを言います。


東北はまだまだ寒い(今日は雪よぉ)のですが、


凍みるほどの寒さは峠を越しています。







虫たちだけでなく、


人間も日差しの温かさや、


光があふれ始めて、「働くか」と言う気分が芽生えてきます。







「軍手」はその象徴。


青は、例のごとく芸術上のウソ。



単なる軍手では、美しくないし春を感じられないのよね。







ウソですが、「青軍手」はあります。


黄色とオレンジもあるわよ。





我ながら、なかなか良い句になりました。




 画像は、こけしの里で一番有名なこけし工房です。



ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 雪解川 | トップ | 寸のこけし »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

日記」カテゴリの最新記事