ハイナンNETの日常

メンバーが気になってること、メンバーの日常、そして「イアンフ」問題関連情報を書いていきます☆

3/25 VAWW RACセミナー「見た人の証言から考える「慰安婦」問題 ―沖縄戦場の記憶と「慰安所」を通して―」

2017-03-13 10:46:07 | イベント案内

◆VAWW RACセミナー◆
「見た人の証言から考える「慰安婦」問題
     ―『沖縄戦場の記憶と「慰安所」』を通して―」


講演者:洪ゆんしんさん(青山学院大学)

アジア太平洋戦期、沖縄には130か所以上の「慰安所」が存在しました。
1992年の沖縄の女性グループの調査以来、その存在が知られてきました。

しかし、その130か所を超える「慰安所」が、沖縄に住んでいた住民に
とってどのようなものであったのか、また、そのことが、戦後米軍の占領により、
沖縄の女性たちの間に広まった「性」をめぐる恐怖にどのようにつながったのかは、
十分に語られてこなかったのも事実です。

『沖縄戦場の記憶と「慰安所」』(インパクト出版会、2016年刊)は、
日本軍の「陣中日誌」はもちろん、各市町村史、現地調査による証言調査などを
駆使し、日米の軍隊と「慰安所」の関わりを生々しく詳細に描き出しています。
特に、洪さんの宮古島における調査は、2008年、宮古島の「慰安婦」のための
祈念碑「女たちへ」(共同代表:尹貞玉、中原道子、高里鈴代)と「アリランの碑」
建設のきっかっけとなっています。

洪さんの研究は、2017年1月17日沖縄タイムス出版文化賞を受賞するなど、
沖縄の中でも評価されつつあります。日韓政府の2015年「合意」後、被害者をめぐる
状況がますます混迷を深める今日、様々な角度からの議論が必要とされています。
講師に、著書『沖縄戦場の記憶と「慰安所」』の執筆過程とその間の活動について聴
くことにより、学問と運動を共に考える場を設けたいと考えています。


当日は『日本人「慰安婦」――愛国心と人身売買と――』(現代書館)などの書籍を
割引価格で販売します!

☆日時:3月25日(土) 午後6時開始(5時半開場)
☆場所:たんぽぽ舎・スペースたんぽぽ(4階)
    *下記のスペースたんぽぽ案内参照
    *JR水道橋駅から徒歩5分     資料代:800円(会員700円)

〒101-0061 東京都千代田区三崎町2-6-2ダイナミックビル(5階)
   TEL: 03-3238-9035 FAX 03-3238-0797

主催:「戦争と女性への暴力」リサーチ・アクションセンター(VAWW RAC)
http://vawwrac.org/
    *バウラックは、VAWW-NETジャパンの後継団体です。


*【スペースたんぽぽ】ご案内
  JR水道橋駅(西・東改札口から5分)
  千代田区三崎町2-6-2 ダイナミックビル4F
  03-3238-9035(たんぽぽ舎5F・スペースたんぽぽ4F)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 3月6日(月)のつぶやき | トップ | 3月13日(月)のつぶやき »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL