一句鑑賞

俳句ブログも長くなりました。この歳なりの記事が書ければと思ってますが、やや怪しげな時もあります。よろしくお読み下さい。

無月

2016-09-15 21:57:47 | 日記

夜のお散歩に出たが曇り空でした。

無月の例句を見てみると

 

棕櫚を揉む風となりたる無月かな   桂信子

 

棕櫚はヤシ科、その大きな葉が風に揉まれるようだと言ってます。

単にざあざあと吹く風と言わないで、棕櫚の葉の大きさを借りて天候の悪さを言ってますね。

名月を見れないのも仕方ないかなと・・・どこか台風気を感じる風だったかもしれません。

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 実り | トップ | 朝顔 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
無月 (koh)
2016-09-16 16:14:14
無月という季語があるのを今知りました。
無くて味わい深い句が出来るのですね~
すごい

こちら雲に隠れたり顔を出したりしながら、夜半過ぎると
お月さん、どこへ行ったか分からなくなりました(^_^;)
Re:無月 (一句鑑賞)
2016-09-17 11:47:04
こんにちは
台風の影響で曇り勝ちです。
月は見えませんでした。
無月の他に雨月という季語もあります、名月を心に置いといてですね。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。