一句鑑賞

俳句ブログも長くなりました。この歳なりの記事が書ければと思ってますが、やや怪しげな時もあります。よろしくお読み下さい。

葛餅

2017-05-12 00:19:23 | 日記

明日は漸くオフ。といっても家業を休むだけだけど。

し残した用件を片付けながらの一日になるのは分かっているから(笑)

でもその一日の中になにかを見れればいい。

なにかは何か分からないけど、それが出会いかもしれない。

人ましてや女性ではないですよ(笑)

花の揺れや木々のざわめきなどかな・・・

明日はとりあえず主治医の所へ、それからみなみの里でお野菜と麦畑の様子を。

時間があれば、雨の予報だが歩けたら秋月へ行こう。

黒門茶屋で葛餅を数年ぶりに食べてみようかな・・・その時は黄な粉にむせちゃって(笑)

 

歳時記の例句に

葛餅の黄粉の上を蜜すべる   上野章子

黒蜜が添えられているのですね、それを流しかけたら黄粉の上をすべっていると・・

蜜はとろりとしていますし、たっぷりかけられた黄粉に黒蜜が流れているのですね。

蜜すべる、五音ですべての情景を現しています。

どこか心に、あれっ?と思うようなことを抱えていたのかもしれないですね。

蜜がすべって美味しそうな葛餅に、心は無になっているのでしょう。

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (3)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 似てる? | トップ | 柚子の花咲く »

3 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (ビオラ)
2017-05-12 00:37:45
今晩は~。

これからの季節・・・、葛餅系は、とっても美味しいですよね~。
しかし扱いが難しいと言えば難しい場合も(笑)
黄粉にむせたり、蜜の上を黄粉がすべったりね~(笑)

夏・・・、昔茶道を習っていた時、お盆の上で、お茶の一連の作業をする略式なお点前をしていた事がありました。
その際に、葛餅とお薄の冷えたのを点てたりしていました。お抹茶にお砂糖混ざっていて甘くて美味しいものでした~。冷たいお水で点てていたと思います。
葛餅・・・、そんな事を思い出しました~
Unknown (ビオラ)
2017-05-12 14:32:45
今日は~。

昨日自分の書いたコメントを改めて読んでみたら・・・、蜜の上を黄粉がすべったりね~って、わけのわからないコメントになってる~(苦笑)・・・、すいません・・・、「黄粉の上を蜜が滑る。」って書くつもりでした~、訂正しておきます。
眠い中で書いていて、粗相してしましました・・・お許しを。
Re:Unknown (一句)
2017-05-12 16:08:40
こんにちは ビオラさん

お点前、冷たい抹茶も良いですね♪
きな粉は慌てたり、何か話そうとしたときに噎せますよね。お店で失態を経験しています(笑)。

コメントを投稿