一句鑑賞

40半ばから始めた俳句は何回かの中断を経て今を。いつも傍に置いて教わって来た歳時記を新たに読み直し感謝しています。

春の雨

2017-03-20 22:07:52 | 日記

春の雨が正午前後から降り続いています

歳時記にあるようにしっとりとしたものです

こんな宵はお勧めのギター曲は、タレガのカプリーチョアラーベやファンタジア♪

タチアナリツコヴァの演奏で聴いてますと良い雰囲気です

 

 

 サクランボの花です

福岡のソメイヨシノの開花宣言は22日の予定だそうです

 

 

雪柳が春の雨に濡れていましたのでスマホで一枚。

日に日に花の数が増えてびっくりします。

 

例句に

捨て鍬の次第に濡れて春の雨   山口青邨

捨て鍬なんですが、もう使われなくて錆が出ているのでしょうか?

それとも耕しているときに雨が落ちだしたので、しばし様子見で鍬を畑の中に捨て置いてるのでしょうか?

どちかなと景色を連想していますが。

鍬のような硬質のものが雨に濡れていくという情景は、趣を感じます。

 

 

 

 

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
«  | トップ | オフだけど »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL