一句鑑賞

俳句ブログも長くなりました。この歳なりの記事が書ければと思ってますが、やや怪しげな時もあります。よろしくお読み下さい。

その覚悟で

2017-08-05 23:20:24 | 日記

昨日、朝倉に行ってから気持ちが沈んでいます。

個人のプライバシーなので書けませんが、こんな悲しい話は初めて聞きました。

ずっと心に仕舞って置きます。

 

さて今夜の月、見事でした。

コンデジを向けましたが手が揺れるので(笑)

やはり三脚が要りそうです、風の動画を撮るときも必要ですからね・・・

まだまだ明るい七時ごろです

しかし38.9℃

糸島市で記録しました。

南からの風が佐賀県側から山を越えてフェーン現象となったのでしょうが、私の所でもたぶん37℃くらいかもしれません。

信じられない炎暑。灼く、熱風、熱砂、炎熱、炎ゆと季語にあります。

糸島は、魏志倭人伝の伊都国ですね。平原遺跡からは三角縁神獣鏡が多数出ています。

雷山山系から海に向かってゆるやかな傾斜地に田畑があります。昨今は福岡市の方からマンション群がはびこり始めていますが(笑)

また地下鉄と相互乗り入れの筑肥線がのんびりと、唐津へと伸びています。

 

対馬海流のせいで気候が温暖です。海も山も素晴らしいです。

ここを古代では松羅国(松浦)から糸島を抜けて行き、峠を越えれば奴国への道。

後には唐津街道が博多から宗像を経由して、北九州方面へと・・・

最近では温暖な地ということで、芸術関係者の工房などが目立っておりますね。

 

これよりの炎ゆる百日セロリ噛む   野沢節子

覚悟でしょうね。

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山音ガーデン8月 | トップ | お盆です »

コメントを投稿