一句鑑賞

俳句ブログも長くなりました。この歳なりの記事が書ければと思ってますが、やや怪しげな時もあります。よろしくお読み下さい。

地図上では

2017-06-17 01:37:31 | 日記

昨日の筑前町焼ノ峠古墳ですが、ここから東に見える英彦山もですが。

西の方角は吉野ヶ里です。

筑後平野の中に100数十メートルの小高い丘、でも山ですね。

英彦山まで地図上直線では30キロちょっとぐらいでしょう。

吉野ヶ里へはもっと近いですね。

 

 

ちょっとした高みへ上がれば、歴史が見えますし、のろしも見える(笑)

久留米市の高良山や、今回の「焼ノ峠古墳」の高台から筑後平野の広さを見ながら思うことは。古代の人の方が視野が広かったかもしれないな・・・

 

こちらのNHKローカルでは、世界文化遺産への登録が一部のみ認められた宗像の話題をたびたび取り上げます、全ての申請が登録されなかったなどと・・・いい加減にしてもらいたいものだと思っています。

全国どこの神社にも守って来たものがあります。すべて文化遺産なわけで(笑)

それを観光資源にしようという魂胆が見える、お先棒を担いでいるように見える公共放送は頷けないな。

今日もまたらしきニュースを流していて、ちょうど夕食中だったので・・・思わず、この程度のことは新日本風土記で十分だ、といったら息子が吹き出した(笑)

宗像大社の評判は芳しくないなどと書けばバッシングを受けそうだが・・・何かにつけてご寄進の案内が目につくらしい。信心でお参りしていた人の話では、嫌になって他の神社へお参りしていると聞いた。とくに古札をお返しするところに透明の賽銭箱が置かれて、これ見よがしに5千円札が入れてあるのを見て呆れたとも言ってあったな。

そういえば何年か前のNHK鶴瓶の家族に乾杯で、宗像大社を美人タレントさんが訪問したときの神官の態度が気になったことを思い出した・・・確か、宮司が留守で良かった(自分が相手できたのが)と嘯いた。エッ!?とタレントさんが怪訝な表情をすると、素知らぬ風でいた。一言でいえば不遜、女性蔑視的態度。このシーンは忘れようにも宗像の話題が出るたびに思い出す。全ての神官さんがそうではありませんよね。

宗像大社には、毎年のように家族の交通の安寧を願ってお参りしていたが・・・それからは行ってません。小さな神社やお地蔵様にはお参りするのにね(笑)

 

とまあ要らぬことまで書きましたが、

これは歴史や文化のことではなく、今を生きている人が問われるニュースではないかな、申請が全て登録されなかったことは当然だと思う人は多いのではないかと思う。

たびたび宗像へ足を運んでいたファンとしては、今後も余程のことがない限り行かないでしょう。人が神社を変えてしまった、残念なことです。

 

今日の記事はあくまで個人の感想です。

宗像大社への悪口でもありません。

そんなものですよ神社は、と言われればそれでも良いのです。

聞いたまま見たままのことです。(一部数年前のことでもあります)

実際の事象は自ら出向いてのご判断に拠りますので、私が強要しているものではありません。

またお参りに行こうかという気持ちに心からさせるニュースが流れることを願ってます。

 

こんな記事を書いたんで、自粛(笑)して記事を休むかも・・・

でも夏の月の美しさや風の音、鳥の声、花の色や田畑の様子などに心が震えたら書きますよねー!

なぜウォーキングするの?と問われれば、足に筋肉がついているからと答えます。

それと一緒です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ホトトギスの声 | トップ | 狂った果実 »

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
珍しい内容の記事ですね (yururimomo)
2017-06-17 13:38:53
でも、そうだなって頷きながら読みました。
だから
記事のUP自粛しないでくださいね^^
Re:珍しい内容の記事ですね (haiku_yu-me)
2017-06-17 19:32:15
コメントありがとうございます

書いてみてアップしようかとかなり悩みました。また書くことがあれば書くでしょうね。

ブログは休みません。

コメントを投稿