現代俳句選抄

ご恵贈頂きました最新の書誌などから五島高資が感銘した俳句をピックアップしています。

「現代俳句」平成28年5月号

2016-05-03 | 俳句

花万朶夜空の色の帯を解き  浦川聡子

眠りまで水位深めてゆくさくら  対馬康子

書きかけの手紙を通る春の月  同

着弾地黄蝶唯今交尾中  松井国央

左足また左足雪女  小西瞬夏

みささぎを浮かべて青田風となる  五島高資 (仲寒蟬・感銘十句抄)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「海程」2016年5月号

2016-05-03 | 俳句

さくら咲くしんしんと咲く人間に  金子兜太

凧作りやる子が居なく卆寿かな  相原左義長

北極星入りしままの寒卵たまご  佃悦男

火の色のにんじん積まれ雪ふりくる  前川弘明

紅茶の神様のよう冬暖か  谷佳紀

遠耳の二人の阿吽冬朝日  野田信章

往く年や色も形も消えていた  瀬川泰之

顳顬の寒気擦り傷のように孤灯  十河宣洋

鍵さがす鍵穴ひとつ冬銀河  野憲子

大寒や真竹叩いて起こす神  松本勇二

駄菓子屋へ初東雲を入れにけり  こしのゆみこ

水落ちて石の褶曲去年今年  田中亜美

細胞におよぶ引力年新た  月野ぽぽな

灯すように人参きざむ海の街  たかはししずみ

雲の上の夕陽にとどく雪野かな  マブソン青眼

石蕗の花動物園のまるくあり  室田洋子

落鮎は水に私は土になれる  河西志帆

銀河よりうからやからの瀬音かな  五島高資 (佃悦男先生の「共鳴20句」に入選)

カイツブリ自尊感情疼くのだ  桂凜火

菓子ひとつ眺めて飽かぬ初明り  中内亮玄

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「香天」2016年4月号

2016-04-06 | 小説

限りなくひとりになりし竜の玉  岡田耕治

高野山に帰る人ある寒気かな  同

白梅に来て耳鳴を取りもどす  同

コンピュータ開くと草の青みけり  同

閉校の近づいている桜かな  同

「ギャラリー」および「俳句鑑賞三六五」では、拙句をお取り上げ頂き心よりお礼申し上げます。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「小熊座」2016年4月号

2016-04-06 | 俳句

白鳥の声人の世の永からず  高野ムツオ

原子炉と眠れる億の虫の息  同

たましいは肉質にして黒海鼠  渡辺誠一郎

息白し星が生まれて消えるまで  宇井十間

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「葦牙」平成28年4月号

2016-04-04 | 俳句

雪深き飛驒の國より寒見舞  尾村勝彦

冬浪の白刃せまる地球岬  同

寒卵ニュートリノもすりぬける  十河宣洋

十河宣洋氏の「俳句散策(現代俳句鑑賞)」にて拙句を鑑賞して頂きました。心よりお礼申し上げます!!

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「海程」2016年4月号

2016-04-04 | 俳句

行雲流水螢訪う文殊の地  金子兜太

青空に茫茫と茫茫とわが枯木  同

紅梅を埋めし白雪無心かな  同

柳に風生死一人の世界にて  相原左義長

羊歯群落透明に透明に柵は  武田伸一

丘に乳房をあつめて春の来ていたり  前川弘明

少年ひとりで切傷愛す杏林  北原志満子

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鷹」平成28年4月号

2016-04-04 | 俳句

かつ丼の蓋の雫や春浅き  小川軽舟

左手は闇を掴む手月冴ゆる  奥坂まや

くりかへす鬱梟も苦しむか  睫克弘

はくれんが散るさやうならさやうなら  市川葉

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「藍生」平成28年4月号

2016-04-04 | 俳句

はるかよりきし花びらのかの世へと  黒田杏子

さまよふて櫻の國をかなしみて  同

禱る禱る歩く歩く花の國  同

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

茨木和生『季語を生きる』邑書林

2016-03-06 | 俳句

水中に花開きゐる蕗の薹  茨木和生

白魚を食ふ集まりを抜け出づる  宇多喜代子

うつばりに並ぶ釘穴くすりの日  黛執

朝の雨声がきれいで白子掘  岡井省二

尻子玉抜かれしごとき水中り  茨木和生

門火焚く母見下ろして立てるなり  片山由美子

竹植ゑて一蝶すぐに絡みけり  大峯あきら

愛人のひとりに会ひぬ油南風  夏井いつき

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

藺草慶子・句集『櫻翳』ふらんす堂

2016-03-06 | 俳句

水に浮く椿のまはりはじめたる  藺草慶子

色抜けて涼しき捨身飼虎図かな  同

三界や暮れきるまでを鶏頭花  同

一天を鷹の流るる潮かな  同

星とぶや坊の竈に幣白く  同

抽斗の中へ日のさす秋彼岸  同

星祭轍の濡れてゐたりけり  同

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「鷹」平成28年2月号

2016-01-25 | 俳句

元日や見渡すかぎりものに位置  小川軽舟

吊革の拳に朝日松過ぎぬ  同

万象枯れ人間の声なまぐさし  奥坂まや

冬至なり古墳の丘に山を見て  大石香代子

南洋を知らぬジュゴンや冬日さす  睫克弘

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「香天」2015年11・12月号

2016-01-25 | 俳句

秋の空転びし者が見ていたる  岡田耕治

かりんの実大きな自己にならんとす  同

落ち石榴そこから全て見ておりぬ  同

ひとりでにほどけてゆけり卵酒  同

千の手の六百が出て冬日影  同

この先は子どもに還る冬銀河  同

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「詩歌句年鑑2016俳句編」北溟社

2016-01-10 | 俳句

 諸家自選五句より

寒月を仰ぎて鍵を探しをり 今井千鶴子

水中花別の人生などなけれ 上野一孝

冬晴や読まれて手紙楽になる 小川軽舟

枯れすすき光芒乱れては整ふ 奥坂まや

詩の水脈のしんしんとあり月浄土 角川春樹

航跡といふさよならやサングラス 木暮陶句郎

寝過ごしてひとり降り立つ銀河かな 五島高資

河は海へ海は彼の世へ暮の秋 佐怒賀直美

春の灯の離ればなれに睦みゐる 黛まどか





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

長谷川櫂・句集『沖縄』青磁社

2015-12-21 | 俳句

ガジュマルの神老いたるか木下闇  長谷川櫂

鏡餅光ははるか宇宙より  同

龍の目の動くがごとく春の水  同

八月や空に峠のあるごとく  同

一頭の鮭を虚空に吊るしけり  同

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

山内美代子『藤が丘から』東京四季出版

2015-12-21 | 俳句

石船に石の宙吊り雲の峰  山内美代子

高波の光よせくる石鼎忌  同

舟渡す綱のびきつて山眠る  同

相寄りて螢火二つ共に消ゆ  同

コメント
この記事をはてなブックマークに追加