十分間俳句

発見・感動・創造! 子どもたちの感性を培い日本語力を高める十分間俳句

子どもの俳句は多作多捨!

2016-05-01 | ジュニア俳句

先日、平井照敏の「俳句開眼」という本を見つけて読んでいたら、正岡子規の項で、次のような叙述に出会った。有名な「いくたびも雪の深さを尋ねけリ」に関することである。

「この句と同時に三句が作られているが、作順に並べてみよう。

雪ふるよ障子の穴を見てあれば
いくたびも雪の深さを尋ねけり
雪の家に寐て居ると思ふばかりにて
障子明けよ上野の雪を一目見ん

このように四句を通読しておどろくのは、「いくたびも」を除く三句の価値が信じがたいほど低く、まるで次元がちがうことだ。前後から切り離してやらないとしこの句の価値がひきずりおろされてしまうようである。この句のように、子規は乱作ともいえるほどの多作の間に、奇跡のようにいくつかの佳句にめぐり会う。・・・・」

★この事は子ども俳句と全く同じなのではないか
多作は頭の深層に降りていく一つの方法であると思う。
この文章に出会って「多作」への確信が深まった。それぞれの人間の頭の構造や回路は様々であるから、違う方法もあるに違いないが、一つの句をこねくり回すより、「多作」の方が子どもの生理に合っていると思う。どうだろうか?

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 山桜植樹記念祭 | トップ | 山桜 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。