十七音のアンソロジー★。・.:・゜'☆,。.:・゜'★

虚と実のあはひに遊ぶ  Since 2008 by Midori♡ H

2017-07-14 | Weblog
ためらはす地に座す少女蛇は木に     庄子紀子

一読、「創世記」をふと思った。上五中七までは、現代的な景なのだが、「蛇は木に」と結ばれると、全く別の想念が浮かび上がってくる。少女は、いつか羞恥心というものを知るようになるのではないか、ということだ。蛇にそそのかされて、智恵の樹の果実を食べたイブのように・・・。「滝」7月号〈滝集〉より抄出。(Midori)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 花過ぎ | トップ | 伊王島 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事