十七音のアンソロジー★。・.:・゜'☆,。.:・゜'★

虚と実のあはひに遊ぶ  Since 2008 by Midori♡ H

2017-06-16 | Weblog
平飼ひのにはとり春を争へり     加藤信子

「平飼ひ」とは、鶏小屋ではなく、放し飼いの鶏だろうか。自然な空間で飼われる鶏は、鶏の生来の気性さながら、活発な動きをしていると思われる。草花を啄む鶏の盛んな食欲、そして命を繋ぐ営み・・・。鶏の盛んな活動を、「春を争へり」とは、いかにも詩的な把握である。「春」という季語の持つ、もう一つの側面が、「春を争へり」という平明にして、斬新な措辞によって、見事に表出された作品である。「滝」6月号〈滝集〉より抄出。(Midori)
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 蝶の昼 | トップ |  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL