ハイ・エコ・ポン

環境によいことをハイと受けてポンと行動する

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

エコキュートとは

2005-08-14 08:55:33 | ソーラーパネル設置日記
 太陽光発電装置を考えるとき、必ず出てくる「エコキュート」。これは、空気の熱を利用して、お湯を沸かす装置です。これは安い夜間電力を使ってお湯を沸かしておくので、経済的、かつ自宅ではCO2を発生しないクリーンなシステムと言われています。つまり、太陽光発電装置設置を機にガスを使わないでオール電化をして、給湯を「エコキュート」、ガスコンロを電気コンロ(IHクッキングヒーター)にすれば、自宅ではCO2を発生しないということになります。この電力を昼間は自家発電の太陽光パネルから調達できるので経済的であるわけです。
 さて、わが家もこのオール電化に踏み切るべきか。私は、ガスコンロをIHクッキングヒーターに替えることだけに止めたいと思っています。自宅は築5年でガス給湯システムとユニットバスを替えることは、帰って環境に負荷を与えることになるのではと考えた方です。故障したり、古くなったときに検討しようと。
 IHクッキングヒーターは、妻に言わせると掃除が楽になる、また年老いた義父がいるので、火を使わないので安全である、地震のときにガスよりも安全であると考えました。
コメント (4)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 夏涼しく、冬暖かい | トップ | 見積もりキタ―! »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
この先が楽しみです (小次郎)
2005-08-16 09:43:03
山岡さんもいよいよ決断されたんですね。

私も将来の参考にさせていただきます。

でも設置しただけで10度温度が下がるとはビックリです。
10度下がる意味 (山岡 睦治)
2005-08-16 23:20:29
 そうなんです。やっと決断をしました。

 太陽光パネルを設置すると10度下がるとは、屋根の表面温度のことです。私もびっくりして営業マンに聞き返したくらいです。つまり、通常の屋根がパネルの日陰になり、それだけ温度が下がるということなのです。自宅の2階の部屋の温度が下がるのはそんな極端な数字ではありません。実際につけた人の話しでは2、3度違うと言っていました。

 これも、パネルを全面に張っているか、片側だけかによっても違ってくるのだと思います。
販売するものとして (ryman)
2005-08-17 07:44:18
ちょっと気になったので、コメントしますね。屋根面にパネルを設置することで、直射日光が当たらず、小屋浦(天井裏)の温度上昇は、多少下がるかも知れません。

我々も屋根材の保護、温度上昇の抑制と言う話題は出しますが、強調するものではありません。あくまで、参考としての意見です。
感謝です。 (山岡 睦治)
2005-08-18 20:11:18
>我々も屋根材の保護、温度上昇の抑制と言う話題は出しますが、強調するものではありません。あくまで、参考としての意見です。



 私もそのように理解しています。屋根の表面温度の違いがどの程度室温に影響を与えるか、それは構造や材質の問題とかいろいろありますからね。パネルは屋根の南側しか設置しませんし。

 rymanのブログ、参考にさせていただきます。



コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
IHクッキングヒーターを PART3 (進もうぜ、前に)
IHって火を使わないから安心よね! ガスを使わないから、ガス漏れの心配がいらない。 火を使わないから、引火の心配がいらない! 確かに上の二つは間違ってませんよね。特に高齢者向けには、非常にインパクトがあります。最近は衣類も化学繊維のモノが増え、袖口への