何かをすてて何かをひらおう

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

稲架

2016-10-18 07:47:46 | 俳句
 
          

        ☆     稲架解きて野面の末を見なほせり    佐野まもる

        
稲架も最近は見なくなった。
機械が一台あれば、その場で稲を刈って、脱穀ができ、籾摺りまでしてしまう。
よほど、機械の入れぬ狭い土地や、段々畑などでしか稲を刈り、稲架を立ている光景には出会わない。

佐野まもるは徳島県出身の俳人。(明治32年生   昭和59年没)馬酔木同人
一連の農作業を終えて、稲架も解体をした。
剣山が遥かにみえたか?それとも高越山か?
吉野川に沿った広々とした阿波平野を望み、野良仕事を終えしみじみと古里への感謝の念がわいたのであろう。

すぐ浮かぶまもるの句

     ☆     天明は遍路のわらじ結ふに足る    佐野まもる

(早発ちの遍路は、宿の土間にさす幽かな明け暁けの明りで草鞋のひもを結んだ。宿の戸口では今日の遠い行程が待っている。  まもる自証)   
阿波はお四国お遍路の国。
たとへ遍路に発たずとも、日常生活で遍路姿に接し、遍路鈴を聞く環境にあった。遍路の名句が多い。

     ☆     二三段雪のきざはしクリスマス
     
     ☆     みずひきは紅をかなしむ陵の花

     ☆     白峰はみささぎながら茸にほう


散歩の途中で見た稲架。
我が家へは、お隣さんから新米が届いた。
心が浮き浮き、、、、。

     🍒     マッチ棒ごとき燈台天高し
ジャンル:
ウェブログ
コメント (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« いつもドキドキ。。。。。 | トップ | 海辺のドライブ »
最近の画像もっと見る

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ババア…(笑) (だーれだ?)
2016-10-18 22:02:13
勘違いではなく、実力が無いのを持ちあげられたら誰でも逃げたくなります(_ _;)…パタリ
貴女から離れたら、急に俳句が詰まらなくなって短歌などやってみようかなと思っていたところです。
ちょっと高飛車で生意気だけど、語彙が豊富で実力は認めるしかないです。
ときどき覗かせてもらいます~、悪しからず…

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL