野乃草

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

探鳥会

2017-02-13 11:36:49 | 日記
    

日本列島は寒気団の到来で四国地方ま雪の予報であったが、寒晴れの空で探鳥をするにはもってこいの日和であった。
ここ栗林公園で開かれている探鳥会がもう終わろうとする頃にやっと私は、到着をした。
お天気の予報な左右をされて、躊躇をしていた。
それで遅くなってしまった。
初めての参加だというのに。

    

参加者は散会の地点に向かっている。
皆さん寒さ対策の格好である。
手に手に双眼鏡を持っている。

      

鳥の声がするとさっと双眼鏡を覗く。
す早いこと。

      

最後に今日の鳥合せが行われる。
昨日の探鳥会の参加者は100人あまり。
配られた紙には「今日の観察類数」とある。
およそ30種の 科目 があり科目によって又細かく鳥の名前が書かれている。
たとえば
★ カモ目カモ科   (マガモ、カルガモ)  と、、、

★ ハヤブサ目ハヤブサ科    (チョウゲンボウ、ハヤブサ)  

それを皆さんに尋ねる。
今日は何羽見ましたか?

手があがり皆さんがあそこで何羽と答えている。

聞きとれなかったが、珍しい鳥の名前があがると(イカル)?
「おお」と、どよめきが、、、

その間も空を飛んでいる鳥をみつけると、
「そら、そら @@@@が飛んでいるよ」
と声がかかる。

昨日の種類は全部で37種類であったそうだ。ちなみに昨年は36種類。
この探鳥会で見た鳥の数々。

ジョウビタキの雄。クロジの雄、雌と細かい区別も答えている。

寒いこの時期に鳥はかえって多く見ることができるとおっしゃっていた。

       

お笑いめさるな。
私が見た鳥はこれだけ。それと烏。
しかも★ スズメ目カラス科、、、にはハシボソカラス、ハシブトカラス、、があるようだ。ハシとは嘴のことであろうか。

次の機会にはちゃんと出席をして、楽しみたい。

    
    ★   鳥瞰す笑う山から遠眼鏡

鳥では無く山に双眼鏡でこちらを見ている人がいた。

    ★   探鳥やそろそろ恋の声のして
ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野焼き | トップ | 梅園 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
いずこも同じ? (紫紺ネット)
2017-02-13 17:18:23
 探鳥会 花盛りですね・・・
カメラマンの出番ですよ!
こんばんは (葉)
2017-02-14 21:30:07
探鳥は健康的な趣味ですね。

鷹の渡りがしうで山で見えるそうです。

行きたいです。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL