野乃草

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

松平家の墓所

2017-07-11 11:49:14 | 日記
               

車で買物に行く途中に「霊之寺」がある。
道路から、少し高くなった場所で山寺の感じである。大きな山門が見える。
いつも気になっていた寺だった。
散歩がてらいつかお詣りをさせてもらおうと思っていた。

悲しいかな、香川で育っていない自分は相当に香川の歴史に疎い。

ここ「霊之寺」が讃岐の藩侯の墓所を護っている寺とは知らなかった。

    

寺院の裏山に、2代藩主頼常と9代藩主頼恕(よりひろ)の墓がある。
高松松平家の宗旨は浄土宗で、菩提寺と墓所は法然寺にある。
しかし、頼常は水戸家の出身であるため、祖父の頼房・実父の光圀に倣い、儒教方式でこの地に葬るよう遺命した。
このため、法然寺から離れた場所に儒式墓で営まれている。
同様に頼恕も水戸家の出身であるため、頼常に倣って儒式墓でこの地に葬られた。

法然寺、讃岐東照宮、栗林公園など松平さまの歴史建造物には、常に接しているのに、何と浅はか、罰当たりではないか、(少し オーバー)

二日前、買物の途中にお詣りをさせてもらった。

     

案内図により裏山の石段を登ってゆくと、固く閉ざされた鉄扉がある。
鉄扉の隙間から覗く。
位牌所が見える。
建物に施している、彫刻の立派そうなこと。
三つ葉葵の紋もしっかりと瓦には。

          

そこから又階が。

      

石階を登ると
2代藩主頼常さまと9代藩主頼恕(よりひろ)さまのお墓があるらしい。

       

手を合わせた後、甃を降りる。
苔むした碑があって、松平家と刻んだ文字が微かに読める。

梅雨の晴れ間をぬった、早くいえば吟行である。
歴史の紹介と写真はあくまで二の次。
吟行は私が独りで臨む俳句道場。
唯我独尊、独りで勉強は辛いね。

     🌳    雨あがり蒸し風呂ごとき木下闇

     🌳    往く時は気がつかざりし落し文

     🌳    苔の花碑なぞれば文字現るる

     🌳    藩侯の墓所に鉄扉や杜鵑

     🌳    滴りの集ひ奏でる径かな

     🌳    竹落葉湿りけ残る甃

     🌳    咽るやう木下匂へり梅雨茸

     🌳    苔覆ひ尽くす木の橋ありにけり

     🌳    カサブランカ抱え墓参の人なりぬ

     🌳    老鶯や膝よ笑ふな径下る

     🌳    梅雨晴間誰も人来ぬ山の坊

     

吟行句の記録とした、、、、が
篩いにかけると 三句か。自分の句だから捨てるのはいつでも捨てれる。
そう四句だ。
カサブランカ、往く、、苔、咽る  これくらい。
そして投句するとすれば、もっと省略、隠れている見えぬ物の余韻、、、ああ難しい。
























ジャンル:
きいて!きいて!
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 今年初めての蓮池 | トップ | 怖いもの見たさに見てしまう »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL