子育てについて思うこと

子育て、人間関係、保育など、色々

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

叱らない子育ては本当にいいのか?(4)

2017-05-14 13:07:29 | 日記
叱らない子育ては本当にいいのか?というタイトルです。

叱られた時に感じる感情は、「否定」です。

よく「子供を否定しないのがいい子育て」と言われていますが、

「否定する」のは、子供自身ではなく
子供のした「行い」です。

なので、「何がいけないのか」ということを伝えるのが
大切なのです。

なぜ、それがそんなに大切なのかというと、
子供は「初めはわからない」からです。

何が善で、何が悪なのか、わからないから
わかっている大人がそれを教えてあげる必要があるからです。

話をして、分かるなら何も問題ありません。

わからなければ教えてあげないと、将来困るのは子供自身ではないかな、と思います。

今、流行りのスピリチュアルではよく「良いも悪いも無い。」等と言われることもあるようですが、
私は、良いも悪いもあると思います。

「良いも悪いも無い」というのは、
他人の価値観を尊重しましょう、という意味だと私は思っています。色々な価値観があるのですよ、ということだと思います。


何を善として、何を悪とするかは、ここでは私は明言しません。
それは、個人的な価値観によるからです。

親が良いと思ったものは子供に伝えたいと思うでしょうし
逆もあると思います。

何が善で、何が悪なのか、ではどうすればいいのか分からない子供、自分がやったことに対して、意味も分からないまま、
怒られ続けたり、逆に放置され続けたりすると、
子供は何を指標としていいか、分からないからです。

何でもかんでも、親が教える必要は無いとは思いますが、
体験、経験が必要な事もたくさんあるので、
全部教えてあげる必要は無いですが、

ここは!
これだけは!ということは、しっかり躾をすることも必要だと思います。

要はバランス感覚だと思います。

最近の社会の傾向として、あまりに叱れないでいて、
子育てに目を向けれない人が増えたのではないかな、
という感覚があり、こういう記事を書きました。

参考になれば幸いです。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 叱らない子育ては本当にいい... | トップ |   

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む