どこまでいきる

どこまで生きればいいんだろねぇ いつまで世話すりゃいいんだろなぁ 親子の本音 書き残しておこうと思います

終末期の人工透析、中止広がる…2014年以降に医療機関の半数が経験

2017-06-19 13:43:09 | 介護

終末期の人工透析、中止広がる…2014年以降に医療機関の半数が経験

 終末期の患者らの人工透析の導入を見送ったり、中止したりした経験のある医療機関は、2014年以降で約半数に上るとする調査結果を、日本透析医学会理事で川島病院(徳島市)副院長の岡田一義医師がまとめた。(読売新聞(ヨミドクター))

[続きを読む]

 

 

こころ元気塾

2015年6月4日

ニュース・解説

宮本顕二・礼子夫妻(1)寝たきり老人がいない欧米、日本とどこが違うのか

 

宮本礼子「多くの人にとって切実な問題となっているからだと思います。たとえば、私の認知症外来は、家族の方も一緒に診察室に入っていただきます。そして、お話しできる患者さんには、『将来、食べられなくなった時に、胃ろうや鼻チューブで栄養を補ってほしいですか』と聞きます。一部の患者さんは『わからない』と言いますが、多くの患者さんは『そんなことはされたくない。そうなったらもうおしまいだわ』と言います。その時、家族も必ず自分の希望を言います。『私も望まない』と言う人ばかりです。『尊厳死協会に入っています』と言う人もいて、皆さん関心が高いです。『自分の親は何年も胃ろうで生きていて切なかった』という人もいます。そういう人は、意思がより強固です」

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/#csidxa15a8700429bdd3a43349a997638cf3
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

礼子医学生時代は終末期医療の教育を受けませんでした。医療現場では終末期医療について、先輩や同僚と話をすることはありません。そのため、延命に対して問題意識を持つまでは、点滴や経管栄養を減らすとか、行わないとかは考えもしませんでした。むしろ、脱水状態や低栄養にしてはいけないと思っていました。終末期の高齢者だからといって、医療の内容を変えることはしませんでした」

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/2/#csidx424071f7b03946faabd725c10f494b8
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

礼子「スウェーデンが初めての海外視察だったのですが、食べなくなった高齢者に点滴も経管栄養もしないで、食べるだけ、飲めるだけで看取(みと)るということが衝撃的でしたね脱水、低栄養になっても患者は苦しまない。かえって楽に死ねるとわかり、夫と私の常識はひっくり返ったのです。そして施設入所者は、住んでいるところで看取られるということも、日本の常識とは違うので驚きました。視察先の医師も、自分の父親が肺がんで亡くなった時に、亡くなる数日前まで普通に話をしていて、食べるだけ、飲めるだけで穏やかに逝ったと言っていました」

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/2/#csidxfa9d80e0abf7280b342513b58f8ea1d
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

顕二「日本では、高齢で飲み込む力が衰えた人は、口内の細菌や食べ物が肺に入って起きる『誤嚥(ごえん)性肺炎』を繰り返して亡くなることが多いです。誤嚥性肺炎の論文もほとんど日本人の研究者が書いているのです。当時も今も誤嚥性肺炎対策が高齢者医療の重要なテーマです。この誤嚥性肺炎について、スウェーデンで尋ねたら、『何それ?』ときょとんとされたのが衝撃でした。スウェーデンでは、誤嚥性肺炎を繰り返すような悪い状態になる前に亡くなっているので、あまり問題にならないのです延命処置で病気を作って、かえって患者を苦しめている日本の現状を強く認識しました」

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/2/#csidx11bc09ed5a1e288a4db6446c22adf23
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

礼子「オーストラリアに行った理由は、緩和医療に熱心に取り組んでいる国と聞いたからです。しかし正直なところ、スウェーデンがあまりにも日本と違うことをしているので、スウェーデンだけが特殊な国ではないかと思い、他の国の実態を確かめに行ったのです。そうしたら、日本のほうが特殊な国だった。ただ、よく考えてみると、日本も昔はスウェーデンと同じで、食べられなくなった高齢者はリンゴの搾り汁を口に含む程度で、家で穏やかに亡くなっていました。昔の日本の終末期医療は、今のスウェーデンやオーストラリアと同じであったことに気がつきました

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/3/#csidxf5d186feccf78a2b0c0a25c2ab89c57
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

私の報告に対して、現場の看護師から称賛の声が上がりました。『私も年を取った時に、こういう亡くなり方をしたい』と。海外視察で、日本の高齢者の終末期の悲惨さは許されないことであることに気づき、この現状を変えるために何かしようと思い始めたのです」

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/3/#csidx919b47f05afb01a99e85f70af7e481c
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

延命処置をしないというと勘違いされるのですが、何もしないわけじゃない。延命処置はしなくても、緩和医療には手を尽くす。延命処置をする時間があったら、緩和医療に時間や人を割こうというのが、海外視察を通じて学んだことです」

元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/4/#csidx47e4fde2c419747a98abc9c7c12f35c
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

――海外に比べ、日本は終末期の緩和医療はおろそかにされていますか?

 顕二「海外では、がん以外の患者にもモルヒネを使い、痛みや苦しさを緩和することを重視していますが、日本ではあまり使いません。また、日本では延命処置をしないことが緩和医療につながると理解している医療者は少ないです。点滴の針を刺したり、尿道にカテーテルを入れて、つらい思いをさせます。水分も過剰に投与するので、痰(たん)が多く、痰を吸引する苦しみを与えています。ストレスから消化管出血もよく起こします。誤嚥性肺炎を繰り返し、発熱や呼吸困難が起きます。問題は濃厚な延命処置を行って、患者を苦しめていることに気がついていない、あるいは気がついても目をつぶっていることと思います。その視点に立つと、日本では緩和医療がおろそかにされていると思います」

続く



元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20150604-OYTEW52562/4/#csidx68eadb0e793f22db3ed49bbc154a521
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

 

さよならを言う前に~終末期の医療とケアを語りあう~

【意思決定】本人の意思を尊重、次に家族の意向とは言うけれど……



元の記事を読む
https://yomidr.yomiuri.co.jp/article/20161020-OYTET50029/#csidxb882665bc71e6b898efe72f666725d8
Copyright © The Yomiuri Shimbun

 

『介護』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 私の介護を変えた詩「手紙~... | トップ | 指の爪にQRコード、「わん... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL