どこまでいきる

どこまで生きればいいんだろねぇ いつまで世話すりゃいいんだろなぁ 生きるってなんなんだろう 私の名前は 『はな』です^^

生かされる命をみつめて<見えない風>編 五木寛之講演集

2017-07-13 16:33:59 | 命・心

「どこまでいきる」 検索で発見しました。

是非クリックして 読んでみて下さいね

 

生かされる命をみつめて<見えない風>編 五木寛之講演集

https://books.google.co.jp/books?id=oaX6DAAAQBAJ
五木寛之 - 2015 - ‎Biography & Autobiography
たった五分の体操でも、半世紀以上続けるということは
すごい効果があるものなんだな
としみじみ感じました。
それと同じように、この先どこまで生きるかわかりませんが、
朝な夕なにベッドのなかで、いま眠ったらもうこれで自 分は生を終えるのだと空想する.
 
1 見えない風
2 他力の風
3 天の命
4 青春・朱夏・白秋・玄冬
5 溜息の知恵
6 暗愁
7 「悲しみ」の価値
8 明るさの仮面
9 「非」という感情
10 大河の一滴として生きる
11 命の意味
12 宗教の意味
13 往還
14 忘憂の名
15 声が語ること
16 千日聞き流せ
17 屈原
23 がん細胞の悲しみ
24 自己とむきあう
25 死を受け止める
26 乾いた心と軽い命
27 ありのままの生を見つめて
28 今日一日の命
    喋ることと書くことと
 
 
 
 
 コピペが不可能ですので この場所には写せませんが
クリックで飛べば全部を読めるようです。
 
若い頃 五木さんの本が好きで なんだかんだと読んだことを
懐かしく思い出しました。
 
 
 
『闘病』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 極上の月夜 10億人が泣いた... | トップ | ピコ太郎 × 外務省(SDGs... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

命・心」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL