は行の日記

ははは、ふふふ、ほっほっほと笑って暮らせたら人生幸せです!

中学校でわら細工教室

2016-10-12 14:26:16 | モノ作り

10月1日は開所日でした・・・・・・ですが

kikiさんは事務所にはおらず

ここへ行っとりました

開所日にそんなことしてていいの?と友が心配しましたが

土曜日はお仕事の電話とかほとんどかかって来ないですから

長男君に任せて

中学校で何をしていたかといいますと

わら細工教室

中学校は文化祭で、その中の展示でおもしろいものがあったので 

猫は涼しい場所がわかるのか?

 

イケにゃんがモデルでした~

で、本題に戻る

地域の方を先生に中学生が教わるという催し

前に、和裁教室の先生について、やはり松葉祭で編み物を教えたことがあります

今日は、卯辰ちゃんに頼まれて、とんとんのオヤジィが講師で

卯辰ちゃん、kiki、その他2名の助手がいます

生徒20名

kikiのグループは一年生男子3人に

生徒に混じっても分からないくらい若い先生1名の4人

今日はお正月飾りの”亀”を藁で作りますが

助手と言えどもkikiは、以前1度オヤジィに習って作ったことがあるのみ

そのときだって、後ろ足と尻尾を一緒に括ってしまい

ごめんなさい亀(前のめりになって頭が床についてしまう)が出来上がって

皆に大笑いされ、それ以後繊細なkikiはトラウマになってわら細工が出来ないでいます

トラウマになってというのはウソだけど=笑

でも、ほおら、kikiさんの生徒さんは優秀!

ちゃんと自分の足で立つ3匹のカメが出来上がりました~

(1つ1つの行程ごとに「ねぇねぇどうやるの?」と、助手が講師に聞いて、それを生徒に伝えるという

3段階方式で無事出来上がったって訳です)

どこにでもいるよねぇ ↑ こういう子  kiki家の息子たちもこういう子だった(笑)

本人に許可を得て撮影しています

「こんな風に飾るといいよ」と見本を見せて講座は時間通りに終わりました

この日の前後は、そりゃあ忙しくて・・・・・寝ていても仕事が頭から離れない毎日でしたが

この時ばかりはもの作りに熱中して、頭の中は空っぽに

久しぶりに子供たちと触れ合うのは楽しかったです

お蔭で良い気分転換になりました

終わって事務所に帰ると、”ひなた”の看板が立ったところで

調度記念撮影に間に合った・・・・・その時の日記

「ヘルパーステーションひなたの看板」 ← ポチっとどうぞ

きっとお正月にはこの”おめでたい亀”がひなたに届くはずです (=^・^=)

ねっ!卯辰ちゃん!!(やさしい脅迫です)

『クラフト』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« kikiさんのいただきもの生活... | トップ | 秋の味覚 »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。