羽黒蛇、大相撲について語るブログ

相撲ファンから提供された記事・データも掲載。頂いたコメントは、記事欄に掲載させて頂くことがあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

琴奨菊8勝7敗カド番脱出 (羽黒蛇)

2015年07月26日 | 横綱昇進、大関昇進、大関陥落、横綱陥落
琴奨菊8勝7敗カド番脱出

土曜日に読んだツイート 

@OdateUzaemon: 明日の琴奨菊照ノ富士戦、とんでもない大一番になった。今日白鵬か鶴竜が勝つ事が前提だが、優勝争い関係無い大関が角番五分の星の大関に勝ったとしたらかなり珍しい例になるのでは?





羽黒蛇の反応

実力の差が大きすぎて、照ノ富士が琴奨菊に負ける姿を想像できませんが、もし照ノ富士が負けたら、心やさしい力士。

琴奨菊千秋楽に勝っても、大関の実力既にない。

大関の地位を維持しているかと、大関の実力があるか(失っているか)は別。星でなく相撲内容で判断。






千代大海が大関の力を失っても、しばらく大関に居座った。関脇に落ちて相撲を取る方が、見ている方はすがすがしいし、本人も精神的に楽だろうに、と思いながら見ていた。






地位と実力は一致しない。関脇以下の力士が大関に勝っても殊勲賞に価しない、と同情してしまう大関が登場するのが大相撲の摂理。私はそれが好きではないが、歴史的には頻繁に起こる。











懸賞金の必要経費について、大相撲2002年12月号によると、

取組表への掲載料

場内放送料

垂れ幕を持って回る呼び出しへの手数料






羽黒蛇
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 栃煌山が殊勲賞をとれないの... | トップ | 技能賞該当者なしとは、相撲... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

横綱昇進、大関昇進、大関陥落、横綱陥落」カテゴリの最新記事