羽黒蛇、大相撲について語るブログ

相撲ファンから提供された記事・データも掲載。頂いたコメントは、記事欄に掲載させて頂くことがあります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

対戦相手が不戦敗だと、不戦勝として勝負を見せない相撲協会は、観客に対して失礼な興行団体(羽黒蛇)

2015年09月26日 | 不戦勝力士は相撲をとるべき
対戦相手が不戦敗だと、不戦勝として勝負を見せない相撲協会は、観客に対して失礼な興行団体(羽黒蛇)

生で相撲を見るのが一生に一回のお客さんもいる。

それなのに、対戦相手が不戦敗だと、不戦勝として勝負を見せない相撲協会。

不戦勝の力士のファンのお客さんに対して、その力士のファンではないけど相撲が好きなお客さんに対して、失礼極まりない。

休場力士には不戦敗。これはよい。

休場力士と対戦する力士に不戦勝。これは即刻やめるべき。

不戦勝をやめて、割りを変えて、相撲をみせよう。国技館で見ているお客さも、テレビ桟敷のファンも、相撲を見たい。

羽黒蛇

以下、本日国技館で観戦中、終わってからのツイートです。
――

13日目の結び三番目
東、佐田の海、西、琴奨菊の勝ち。
次の一番、
東、照ノ富士、西、稀勢の里、土俵下控えは、東、豪栄道、西、鶴竜と琴奨菊

稀勢の里が勝つ。通常だったら、結びの一番(豪栄道、鶴竜)の控えは、東が負け残りで照ノ富士、西は稀勢の里。

ところが、照ノ富士が怪我により退場。結びの一番の控えに入れない。
土俵では豪栄道と鶴竜。東の控え力士が誰もいない。

この場合、本来は、照ノ富士の前の相撲で負けた佐田の海が支度部屋から戻り、控えに入るべき。この伝統が守られなかった。

結びの一番で控え力士がいなかった話題、新聞四紙チェックしたが載っていない。
ネット検索しても見つからない。

控え力士がいなかったのが変だと気がつく可能性があるメディアは、山根千佳ブロクしかない、と思って読んだ。花道の上の席で観戦したと書いてありましたが、触れていませんでした。

ーー
@hagurohebi6: 立合い変化した力士が負ける珍しい一番。
北太樹は相手をよく見て立ち、鏡桜に勝つ。

琴奨菊、栃煌山も相手をよく見てね。
ーー
大達羽左ェ門さん@OdateUzaemon: もし明日照ノ富士が休場した場合、千秋楽結びはどうするんだろうか

@hagurohebi6: @OdateUzaemon 照ノ富士の休場届けを受領したら、割りを戻して、鶴竜は勢と対戦、を希望します。

@hagurohebi6: @OdateUzaemon 千秋楽、勢は、阿夢露8-6と対戦。優勝の可能性がある力士の対戦相手としては、弱すぎる。

照ノ富士休場の際に、割りを戻し易くするために相手を選んだ、と勝手に解釈しておきます。

@hagurohebi6: @OdateUzaemon 照ノ富士休場なら4敗。割返しをして鶴竜負けても12勝3敗で優勝。

しかし、優勝に関係なくても、千秋楽結びで、横綱鶴竜が相撲を取る意義があるから、割返しをする。

相手休場なら、千秋楽結びだけでなく、全て割返しとなるように、まず前例を。

大達羽左ェ門さん@OdateUzaemon: @hagurohebi6 関西角力協会で、初期には休場者が出た場合に必ず他力士と当てていたようですね。現状では導入が難しいとは思いますが、今回の様な場合は問題が目立ちます。取りあえず、協会は照の休場届の有無に関わらず、前もって割返しの準備は行っておいて欲しいです。

以上
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 鶴竜立合い変化で栃煌山に勝... | トップ | 鶴竜が立合い変化したのに、... »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

不戦勝力士は相撲をとるべき」カテゴリの最新記事