はぎやまのりへいの日常

読書、映画、美術展、そしてキャリア教育。
好奇心と愛で書き綴ります。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

Vol.318 ちょっと今から仕事やめてくる

2017-06-30 20:56:48 | 映画
観たかった映画の2本目。

土曜出勤の振休で観た。

大学を卒業して、僕が最初に就職した会社は残業の多い会社だった。
毎日仕事が終わるのが終電前の11時ころだった。
時には完徹の日もあった。
朝9時が定時なのに7時30分から会議があったり、
前の日に終電が間に合わなくてタクシーで帰っているのに、
翌朝9時に出社できないことで怒られた。
10時過ぎから飲み出したら終電はなくなる。
タクシー券は使い放題だったけど、
睡眠時間が短くてやはり翌日は遅刻で怒られた。
土曜日は交代で休むことができたが、
交代でということはつまり休みづらいということで、
実質は日曜日しか休みがなくて、
その大切な日曜日が会社行事の運動会やゴルフで潰されても振休はなかった。
当時はそんな言葉なかったけど、
もしもあったならやはりブラック企業と言われたのではないだろうか。

身も心も疲れ果てていて、口の中はいつも口内炎ができていた。
味覚がバカになって、ご飯にソースやマヨネーズをかけて食べていた。
世の中ってこんな辛いのかと思って、
病気になったり、交通事故で怪我とかしたら会社に行かなくても良いのかな、
なんて、真剣に考えるくらい心が病んでいた。

父親が突然倒れて、母親から泣きながら電話がかかってきたのに、
仕事の段取りをつけて引き継ぎが済むまで帰れなかった夜には、
さすがにこの会社は辞めなくちゃならないなと思った。

会社を辞めることには罪悪感があったし、
途中で逃げ出す自分が嫌だったが、
同期入社の半分くらいが退社すると、
逆にいつまでも会社にしがみついている自分がバカに見えてきた。

転職したら、次の会社は天国だった。
もっと早く辞めたら良かったと思った。
病気にならなくて、交通事故にあわなくて、死ななくて良かった。

今ではピンチになることも少ないし、
どんな困難がやってきても何とかなるし、何とかできるが、
20代の頃はピンチの連続で、
何もかもがピンチに感じていたことを思い出した。

ましてやパワハラ上司やパワハラクライアントに出会ってしまったとしたら。
映画の部長のような上司はさすがにいなかったが、
とはいえ程度は違えど、同類の上司がいないわけじゃあなかった。

忘れていたいろんなことを思い出すことができた。
若い人たちを応援する立場のキャリアコンサルタントとしても観ておいて良かったと思う。

生きていれば何とかなる。
人生そんな捨てたもんじゃない。

自分の命は自分のためだけにあるんじゃない。
自分を大切に思ってくれている人がいる。
自分を必要としている人がいて、
自分がすべき仕事がある。

良い映画だった。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« Vol.317 1光 | トップ | Vol.319 ワールドハピネス2017 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

映画」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。