怠惰なひな菊

漫画家・萩原玲二(はぎわられいじ)の怠惰なブログ

King Crimson...21st Century Schizoid Man...Los Angeles, CA...6-21-17

2017-06-23 10:46:29 | 音楽



King Crimson...21st Century Schizoid Man...Los Angeles, CA...6-21-17 - YouTube



これはフリップ先生の打擲覚悟で貼らざるをえない。

ギャヴィン氏のソロが素晴らしい!

‥‥‥
※やはり速攻削除か‥‥‥

San Diego and L.A. Shows _ TonyLevin.com

この記事をはてなブックマークに追加

Ritchie Blackmore's Rainbow Stone Free Festival London O2

2017-06-18 09:36:39 | 音楽



Ritchie Blackmore's Rainbow I Surrender Stone Free Festival London O2 06_17_17 - YouTube


Rainbow - All Night Long - O2 Arena London - YouTube



アウトロが新鮮な「オール・ナイト・ロング」↑

なんか去年に輪をかけてラウドさがないな!(このぬるさを悪く感じなくなってしまった)

Ritchie Blackmore's Rainbow Stargazer - Still I'm Sad London O2 06_17_17 - YouTube



音源のドラムイントロつき(余興?)の「スターゲイザー」↑

Rainbow Concert Setlist at Stone Free 2017 on June 17, 2017 _ setlist.fm


この記事をはてなブックマークに追加

MPGP#7進捗

2017-06-17 18:31:41 | 萩原玲二配信作品



第6回配信からほぼ1ヶ月でありまして、第7回配信の進捗状況を―――

第7回は漫画パートは描き下ろしとなり、水城恵利プロをフィーチャーした回になっています。

ネームは初稿、第2稿と推移し、下描きの段階でほぼ決定稿に至りました。
6話までは毎回基本24Pなのですが(3話のみ22P)、7話は若干拡大し、全30Pとなっています。

あとはこつこつ描き進めるばかりで、実際描き進めているところで、しかしここに萩原的に「忙」が。

一般的、平均的な漫画家の作業量としては、けっして「忙」などとはいえない案件ですが、萩原的には「忙」‥‥‥!

配信の遅延はよんどころない状況が容易に予想され、先手を打つかのような申し訳ない気持ちがいっぱいに‥‥‥

ともかく、鈍牛のようですが進捗はしていきますので、何卒ご寛容の視線をいただけたらと思います!

この記事をはてなブックマークに追加

King Crimson at The Moore Theatre, Seattle, WA, USA

2017-06-12 23:45:07 | 音楽



Seattle Rehearsals _ TonyLevin.com


King Crimson Concert Setlist at The Moore Theatre, Seattle on June 11, 2017 _ setlist.fm

フルドレス・ランスルー - Setlist

Neurotica
Pictures of a City
(New Song) Radical 3
Cirkus
Battle of the Glass Tears
Exiles
(Drums trio) Devil Dogs of Tessellation Row
Fracture
Islands
Red
Fallen Angel

Indiscipline
The ConstruKction of Light
Easy Money
The Letters
Sailor's Tale
Meltdown
Radical Action II
Level Five
Starless

Encore:
The Court of the Crimson King
"Heroes" (David Bowie cover)
21st Century Schizoid Man



「ニューロティカ」??

「放浪者」「堕落天使」「諸島」!
「フラクチャー」もセトリ落ちせず。

「New Song」というのは「ラジカルIII」(「Radical - clarify」?)であろうか。

とにかく、物凄いセトリだ。
(休憩込みで3時間半!の実演。全盛期のZEP級では)



England Rehearsals _ TonyLevin.com

この記事をはてなブックマークに追加

Casino Royale 1967

2017-06-11 14:05:17 | 映画
_Casino Royale_ FULL SOUNDTRACK ALBUM 1967 STEREO - YouTube



『007 カジノロワイヤル』〔1967〕のサントラは最高である。
『旧ルパン』(71~72年放送)にそのまま使える!(苦笑い)

『007 カジノロワイヤル』は筒井康隆作品に音楽もろとも、甚大な影響を与えた映画であり、『歌と饒舌の戦記』なんかは、そのまんまといえるのでないか(4半世紀読み返してないが…確信)。

『カジノロワイヤル』でのウディ・アレンの演技は、唯野教授の実写化というか、もう、その人といってよい(マルクス兄弟はちょっとおいといて)。

というようなことを、筒井先生に直接伺ったところ、「そういう詮索はよくない」と、たしなめられた思い出が今‥‥‥

それはともかく(滝汗)、『カジノロワイヤル』はハリウッドの大プロデューサー、チャールズ・K・フェルドマンがパニック状態でつくった作品であると、出演者のオーソン・ウェルズはボグダノヴィッチに語っていたし、実際そうとしかみえない発狂カルトムービーだし、監督が何人も雁首をそろえてるのがその証拠だし(雇ってはクビ)、一番格上といえ、出演もしているジョン・ヒューストンがどのくらい演出したのかしなかったのか、実に出鱈目なサイケデリック全盛期の傑作ではある(『ペパー』と同じく50周年!)。

↓の、小曲も最高!

Casino Royale Original Soundtrack - 11 The Venerable Sir James Bond - YouTube



Ost: Casino Royale & Original


Imports


歌と饒舌の戦記


新潮社


文学部唯野教授 (岩波現代文庫―文芸)


岩波書店


この記事をはてなブックマークに追加