怠惰なひな菊

漫画家・萩原玲二(はぎわられいじ)の怠惰なブログ

【人間椅子 独占生中継】ライブ盤リリース記念ワンマンツアー『威風堂々』ファイナルライブ

2017-03-26 01:21:03 | 音楽



【人間椅子 独占生中継】ライブ盤リリース記念ワンマンツアー『威風堂々』ファイナルライブ - 2017_03_25 17_00開始 - ニコニコ生放送


言うまでもなく、金輪際プレミアム会員ではないため、「心の火事」のイントロまでの視聴だったが、「心の火事」は初期からの老害ファンとして、たいへん好きな楽曲なので、もしこの後「黒猫」も演ったら課金せざるをえない‥‥‥!と、覚悟していたのだった。

結果、演らず‥‥‥と。
今般のツアーで「黒猫」はセット入りしていたが(3日前の千葉では演った模様)、椅子に「ノブ氏期」においては「黒猫」を映像シューティングの現場でけっして演奏しない掟があるのだろうか、今のところ配信ではけっして演奏されないのだった。

実演は、鋭くキメられ、最初「鉄格子黙示録」「陰獣」の連続には思わず「かっけー」とひとりごちた!(レギュラーチューニングの「陰獣」!)
原点回帰というか、ZEP最後の80年ヨーロッパツアーのオープニングが「トレイン・ケプタ・ローリン」だったのと同じ「初心忘るべからず」を感じたわけである。

未音源化の最初期曲「わたしのややこ」は、かつてエッグマンで聴いたことがあるようなないような記憶だったが、こんなGS曲だったっけ?という意味で新鮮だったし、最近の椅子曲にはない昭和歌謡ポップさには、奇妙な訴求力があった。


『威風堂々』のDVDに収録された「天体嗜好症」のバリエーションというか、「宇宙シリーズ」というかの「宇宙遊泳」―――間奏部の「インターステラー・オーバードライブ」感?がサイケデリックに横溢し、和嶋さんのテルミン・パートでのハートマークは正直どうかと思うが(!)、女性ファンのハートは鷲掴みなようなので、よいのでは。

「狂気山脈」のイントロでノブ氏がカリンバを爪弾き、これがものすごくよかった。
テルミンはともかく、弦楽器以外のこうしたメロディーを奏でられるアナログサウンドは積極的に導入すべきなのでは‥‥‥
70年代クリムゾンのブルフォードさんみたいな‥‥‥



Led Zeppelin Live in 1980 - Train Kept a Rollin - YouTube


威風堂々~人間椅子ライブ! ! ~ 【初回限定盤】

■初回限定盤 DVD
2016.7.10 新宿ReNY

1. OP SE
2. 雪女
3. 怪人二十面相
4. 宇宙からの色
5. 天体嗜好症
6. 狂気山脈
7. 夜叉ヶ池
8. 恐怖の大王
9. 芳一受難
10. 暗い日曜日
11. 踊る一寸法師
12. 東京ボンデージ
13. 超能力があったなら
14. 膿物語
15. 愛の言葉を教えよう
16. 針の山
17. 迷信
18. 地獄の球宴
19. なまはげ

徳間ジャパンコミュニケーションズ

この記事をはてなブックマークに追加

Bye Bye Johnny

2017-03-19 11:37:31 | 音楽
ザ・ローリング・ストーンズ、チャック・ベリーを追悼 _ Chuck Berry _ BARKS音楽ニュース


The Rolling Stones-Bye Bye Johnny (Live 1972).avi - YouTube


The Rolling Stones - Sweet Little Sixteen - YouTube



Jimi Hendrix - Johnny B Goode - YouTube


本人よりジミヘンのカバーの印象が強力すぎるのは、世代的に致し方がなさすぎる!

黒沢清の『セブンスコード』〔2014〕を、ソダーバーグの『エージェント・マロリー』〔2012〕より先に観てしまったのと一緒である(???)


エージェント・マロリー [Blu-ray]


東宝


この記事をはてなブックマークに追加

MPGP☆インディーズプロジェクト/配信#5

2017-03-07 19:21:30 | 萩原玲二配信作品


間もなく『麻雀人口増加計画☆インディーズプロジェクト』の、第5回PDFデータ配信が開始されます。

コンテンツは以下になります。

PDFファイル
●『麻雀人口増加計画☆』#5

○漫画・第5話(24P)/原作:大崎初音 漫画:萩原玲二 (近代麻雀2013/11/15号・竹書房刊)

○SPECIAL INTERVIEW 華村実代子×大崎初音(6P)
○コラム 麻雀プロとして生きる~女流プロの一日~ 華村実代子(1P)
○【闘牌解説】 あの日あのときあの選択 #5 藤原哲史(2P・第12回野口賞 女性棋士部門最終審査
○コラム MPGP Memories #5 大崎初音(3P)

PNGファイル
●壁紙#5(1920×1080)

以上が「本編・第5話」のデータファイルとなります。


「PDFデータコース」以外をご支援いただいたサポーター様には、加えて「附録」として、

●第5話の原作コラム(4P)・初稿ネーム(24P)・ほぼ決定稿ネーム(24P)・下描き(24P)の詰め合わせ

●『よりぬきアーニャの麻雀日和』②・雀荘編/漫画:はぎわられいじ

#26 ねこ雀『くるくる』の巻(4C4P・近代麻雀2007/12/15号・竹書房刊)
#33 哭かぬなら…ホトトギスっ…!の巻(4C4P・近代麻雀2008/7/15号・竹書房刊)
#38 トゥインクル・スノー・パウダリー・スノーの巻(4C4P・近代麻雀2009/1/15号・竹書房刊)

の、PDFファイルも提供させていただきます!


今回はタイミング(!)もあって、テキストページで「女流プロの結婚」という、デリケート!なテーマにO氏とコフ氏が率直に斬り込んでいます!



この記事をはてなブックマークに追加

Piper

2017-03-01 21:51:13 | アニメーション



_Piper_ Clip - Finding Dory - In Theatres this Friday! - YouTube



DGM Live _And the Oscar goes to..._

ブリューさんが劇伴を担当した『ひな鳥の冒険』〔2016〕が、第89回アカデミー短編アニメ賞を!
完璧にアニメーションと同期した、繊細で、とことん優しい仕事っぷりに、あの変態ギタリストの面影はまったくなく、ブリューさんの人となりがうかがえ、内容ともども感じ入る。

6分の制作に3年かかったらしいが、そりゃかかるだろうというクオリティである。

このまっとうなアニメーションの王道たる「モティーフ」が、日本だと『けものフレンズ』になってしまうのだから、つくづく日本は風変りな子供の王国だと!

↓後半4:40あたりから『ひな鳥の冒険』とは真逆の、先生狂気の変態フィードバックが。


01 Talking Heads Psycho Killer Dortmund 1980 - YouTube


ファインディング・ドリー MovieNEX [ブルーレイ+DVD+デジタルコピー(クラウド対応)+MovieNEXワールド] [Blu-ray]

<ボーナス・コンテンツ>
●ひな鳥の冒険

ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社


この記事をはてなブックマークに追加

King Crimson Double Quartet Formation

2017-02-26 22:31:17 | 音楽


KC North American Dates

↑クリムゾン「7」期の最終形態なのであろうか?の、「Double Quartet Formation」の2017年北米ツアー細目。

ロイヤルパッケージ‥‥‥来年、来日計画があるのは確かなようなので、ということは日本公演でも採用されるのだろうか?
365ドルということは、4万円くらいの相場になるのだろうか?

「Central Seating Rows 1-5」という良席でクリムゾンの実演に接したいとはものすごく希望するので、うううううう‥‥‥


Robert Fripp - Guitar
Jakko Jakszyk - Guitar, Vocals
Mel Collins - Saxes, Flute
Tony Levin - Basses, Stick, Backing Vocals
Pat Mastelotto - Acoustic And Electronic Percussion
Gavin Harrison - Acoustic And Electronic Percussion
Jeremy Stacey - Acoustic And Electronic Percussion, Keyboards
Bill Rieflin - Mellotron, Keyboards, Fairy Dusting



復帰したリーフリン氏の今度のツアーでの担当はメロトロン、鍵盤、フェアリー・ダスティングとなっており、「フェアリー・ダスティング」とはなにか。

隠密音源で確認すると、昨年のツアーでの「フェアリー・ダスト」という新曲?はシンバル系のパーカッションがシャラシャラする前奏曲という印象で、このサウンドはアナログなのかデジタル音源なのかよくわからず。
ステージのリーフリン氏のテリトリーに、各種シンバルがずらりと並ぶ奇妙な光景が?


The Humans - Titanium Girl (Live at Bush Hall) - YouTube


奇妙といえばリーフリン氏はトーヤさんとのバンド「ザ・ヒューマンズ」で、ツイン・ベースの一人としてさほど必要とも思えないアンサンブルを奇妙に奏でており、つーか普通にドラム叩けよ!と突っ込みたくなる動画をようつべで散見するのだった。


RADICAL ACTION TO UNSE


DGM


この記事をはてなブックマークに追加