HageOyaji通信

進路指導ガイダンスの一環として、高校生が≪生き切る力≫を持った自立型人間へのアドバイス、サジェッション・・・になれば

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第524話≪「ものづくり産業における人材の確保と育成」(労働政策研究・研修機構)≫

2008年03月12日 | 引用伝授
 高校生のみなさん、(^◇^)ノ お~ぃ~ゲンキか!

 みなさん、団塊世代の勇退などで、ものづくり産業における人材の確保と育成に関する話題が日々賑わっております。

 この度、労働政策研究・研修機構は、「ものづくり産業における人材の確保と育成に関する調査」結果-機械・金属関連産業の現状-を纏めております。

 この結果、生産の工程合理化のための技能・知識を求める事業所が増加し、逆に高度に卓越した熟練技能を求める事業所は減少している実態が明らかになっています。

 ・正社員に生産の最適化や工程合理化のための技能・技術を求める事業所が5年前よりも増加。
 ・約2割の事業所では、非正社員・外部人材が技能習得に3年以上の経験を要する仕事を担当。


 その調査結果のポイントを抜粋すると(詳細は上記をクリック)

 ◆技能系正社員に生産の工程合理化のための技能・知識を求める事業所が増加。高度に卓越した熟練技能を求める事業所が減少

 ◆技術系正社員には、複数の技術に関する幅広い専門知識や、生産最適化のための生産技術を求める事業所が増加
 
 ◆新卒の技能系正社員・技術系正社員を計画どおり採用できなかった事業所の対応策としては、中途採用や外部人材の活用が中心

 ◆技能系正社員・技術系正社員の主要な教育訓練の方法として、外部教育訓練機関の活用や計画的OJTの実施をあげる事業所が増加

 ◆非正社員・外部人材が技能者・技術者として働く事業所の約2割で、技能習得に3 年以上の経験を要する仕事を非正社員・外部人材が担当


 この調査で使用されている言葉の要約
  ・「非正社員」 ⇒ パートタイム社員、「期間工」、「契約社員
  ・「外部人材」 ⇒ 派遣労働者、請負労働者
  ・「非正規労働者」 ⇒ 「非正社員」+「外部人材」
  ・「技能系正社員」 ⇒ 製造現場で生産を担当する正社員
  ・「技術系正社員」 ⇒ 「基礎研究」「製品開発」「改良・改善業務」「品質・生産管理」「エンジニアリング・サービス」「製品販売先への技術的アフターサービス」

にほんブログ村 教育ブログ 高校教育へ
               
ジャンル:
学校
コメント   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 第523話主要34カ国「電子政... | トップ | 第525話≪多くの人々から愛さ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
団塊世代退職による技術力低下問題 (団塊世代の退職によって企業はどう変わる?)
戦後の日本経済を支えてきた製造業は団塊世代に支えられてきたといっても過言ではありません。