M馬日記(元、日曜レーサー)

塩噴きじいさんの独り言
※2011年11月をもって一時停止
 (再開未定)

2016/10/18・火:変化を促す

2016年10月18日 | Weblog
このBLOGにお運びいただく皆さまの中にひょっとして現役の方も
いらっしゃられるかもしれないのでちょっと「だよね~」という話から。


山本選手がNIPPOとの契約解消されてキナンになりました。
そのNIPPOは若い小林選手とあらたに契約しました。
プロとはそおいうものであり結果を出さないといけなくてそこには
0か1しかありません。99点とっても意味がないのですよね。

そして、山本選手としてはどうなのでしょうか?
彼は目的を達成したのでしょうか?
達成したのなら言うことはないのですが、破れて戻ってきたので
あればそこにはフランスに渡って23歳までにプロになれなければ引退
すると宣言して実行した木下選手のような潔さ(彼はフランスのレース
で優勝とかしていますし、浅田さんからやめないように説得もうけたよう
です)があってもいいのではないか?
と思います。たしかにこれからがなが~~~い人生を人並みに生きて
いかねばならないので生業が必要になり、それには日本で走るのが一番
合理的だと思いますが、果たして気持ちはついていくのかな?

でもこのような結果になるまでに彼は全力を尽くしたと思います。
その結果、夢破れたのならあきらめもつき気持ちも切り替えて再出発
もできるでしょう。でも、『あのときああしていれば。』というわずか
でも、たとえ1%でも後悔すべき気持ちがあるのならその小さなしこり
がその後の人生のささくれとなって、何事につけ、ことうまくいかない
ときにおいて、くさってしまう原因になってしまいます。

これはなにも自転車に限った話ではありません。

そのときどきで『後悔しないように全力を尽くす』ことをしないと
「追わずにあきらめた夢をいつまでもおって」すべてが中途半端になって
しまい、悪いことに「おれの実力は・・」とありもしないことを妄想し
ちゃって、こじらせ人間 になってしまいますよね。

その歯止めはやっぱり自分で明確な目標をきめその成果を計る結果を
設定すること(目標に見合った成果であり、モラトリアムのためのマイル
ストーンは意味がありません)が大事。でもそれ以上に大事なのは客観的
に評価してくれる第三者がいる、ということです。
山本選手の場合は、福島さんや大門さんということですよね。

まあ、その前にやっぱり、日々を『全力で生きる』ことが根本かと。

****

さてさて。
今日はメニューに変化をつけました(笑)。

いつまでも同じことをやっていてもねぇ~と思いつつもベースは維持して
アドオンをしよう、という私にとってのダイヤのピアスというものですね。
(いいんです。わかる人だけで ^^;)

それで20分は気持ち低値で。
そして記録をみてみると実に1年ぶりにTabataba(笑)。
設定は1年前と同じレンジで20秒としたんですけど、ちょっと低すぎた
かなぁ~と思いつつも実はちょうどいい塩梅、そう、無理したらあがるだろう
けど、あげると8回もたない、という、『百姓と菜種は~』という感じで
ちょっと微妙・・・^^;。

これから安定化の試行錯誤やね。

実行中はそうでもなかったけど、終わったあといっきに呼吸困難になったよぉ~。
くるしかった・・。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 2016/10/17・月:尻下がり | トップ | 2016/10/19・水:無理したか? »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。