M馬日記(元、日曜レーサー)

塩噴きじいさんの独り言
※2011年11月をもって一時停止
 (再開未定)

2016/8/31・水:葉月晦日

2016年08月31日 | Weblog
今月は前半2週間のお休みがあったし1回休みもあったので、

 ・実走・・・360㎞
 ・ローラ・・  8H

とまあ、なんともしょぼい数字になりました。

現状レベル維持が出来ると勝手に思っている1000キロには程遠いけど
これはこれで仕方なし。なかなか難しいアルね。

今日も20分。
毎度の負荷でやってきました。
昨日の心肺ターゲットと比較するとやっぱりこっちはこれでまた苦しさが
違うのよね。なんとな~~く掌にあると思えた昨日と、ギリギリのところ
でなんとかまとめた感がする本日。もういいかげんレベルあげないといけ
ないと思っているけど、浮き沈みが激しい量からなかなかねぇ~。

でも、こんなことでストレス感じると本末転倒ですから。
楽しく乗るにこしたことなし、です。

***

さて、リオオリンピックが終わりましたけど、いろいろと考えた。
それはまたいずれ書きたいと思ったときにでも。

でもその中で1つ。
シンクロなんですけど、メダルとれて素晴らしいですし、ヘッドコーチの
リーダーシップというか、思考というか、それについていった選手たちも
素晴らしいと思うのですが、少し考えたことがありました。

それは・・・『地獄でした。』という選手のコメント。


確かに、彼女たちにしてみれば昭和根性論ともいうべき指導方法(ほめて
育てるなんて冗談じゃない。泣いていいのは親が死んだときとメダルをと
った時。限界は私が決める。)はまさにカルチャーショックで精神的にも
肉体的にも追い込まれてそれが毎日毎日続くともう地獄そのもの、だった
ことでしょう。

ですからメダルをとったことで、その時の心情を素直に吐露することは
思わず心から出た本音だと思うし、彼女たちはそう言うだけのことをして
きたのだしそれを言ってもいいと思います。

が、しかし、、

その言葉を聞いた、”これから”の子供たちはそれをどう感じるんだろう?
オリンピックでメダルをとるには地獄がまっているんだ、と短絡的に思わ
ないだろうか (実際は、そうなる前にきちんと指導していくことが大事
だと思うのですが。)? となると、地獄にいくのは嫌だからシンクロ続け
たくない、と思うのではないだろうか?

なんでもそうだけど、「楽しさ」がないと続かないですよね。
それで「奥の深さ」に気付き、極めたいと思い、自主的に修練していく。
その過程において師と仰ぐ人に自ら飛び込んでいく。そこには「自覚」が
あるわけですが、まだその域まで達していない子供たちに「地獄」という
言葉だけが刷り込まれていくことに危惧を覚えてしまいました。

こんなこと考えるのは「考えすぎ」なのかもしれませんが、シンクロを語る
エピソードとしてヘッドコーチの指導=選手からみた「地獄」という単純な
図式がクローズアップされマスコミによって拡散していくことはよくないな。


ヘッドコーチはその地獄とも思える訓練=基礎がないと、その次の高みには
いくことができず、そもそも、「ついていく」ということではなく、自主的に
「その先」を求めて「切り開いていく」「自分で見つける」という、極めて
次元が高いことを求めていたのであり、そこは地獄ではなく、それこそ本人
の自主性次第ではどうにでもなるいわゆる地獄の反対の極楽のはずではない
だろうか?

残念ながら今回の選手たちは、地獄の先にあったであろう極楽に到達する
にはまだ実力不足だったということなのだろう。しかし、それでも銅メダル
をとることができたのは、やっぱりある種、洗脳に限りなく近いとは思うが
「~イズム」があり、日々たゆまぬ選手の努力と忍耐の賜物の結果なのだろう。

そこまできちんと説明しないと、やっぱり 地獄 は比喩ではなく「地獄」
として子供たちに刷り込まれてしまうのではないのかな。


「本当にいい子たちですよ。」

このヘッドコーチの言葉(皮肉)が今回のすべてだったような気がしました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/30・火:今日もね

2016年08月30日 | Weblog
強制的にOSを2010にさせられてから、PCの動きが超重たく
なったと感じるのは私だけ?裏でなにか走っているんだろうけど、
なにかがわからないからな~。Microsoftにログデータ送信して
いてもおかしくないわけで、PCといい、スマホといい、BLACK BOX
なわけだから飼い主様を裏切るようなことをしているかもしれない、
というのはやっぱり考えてしまいます。
(えっ?飼い主はメーカーじゃろ? そうだろうな~)

あっしも『ブラック・ダイヤリー』と検索してみようかな~(笑)。

***

帰宅してからタイムリミットまであんまし時間ないけど30分はできる
(毎度の時間は確保できる)のでやっぱりやっとこ。
これまた20分なんだけど、今日は負荷軽くして回転で同じレンジを
確保するようにして、まぁ~いわゆる、心肺方面をいじめてみる、と
いうわけやね。

やってみると、いつもの負荷あり比較でこれはこれで苦しい。
同じ部分がきつくなるようなことはないけど、当然ながら心肺がきつい。

8月になってから、どうも「深く呼吸をすることができない」のよね。
今日も思ったんですけど、なんか「薄い膜」のろ過装置を介して肺と
空気のやり取りをしているような感じ。もっと思いっきり深く直接、肺を
感じるような呼吸をしていたと思っていたのに、なんだろうな。
横隔膜もイメージ通り凸凹できないし・・。

いわゆるフィジカル面の劣化?

どっか病気なのかな~・・・。

イメージどおりじゃないけど無事に20分、目標レンジをクリアできた
から今日は良しとしてもいいか。


えっ?乗るだけえらい??
そうでしょう、そうでしょう (笑)。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/29・月:再開、、というほどでも

2016年08月29日 | Weblog
だらだらと無目的に時間を無駄に消化した昨日。

なにもしない。 なににも捕らわれない。
気がついても気づいてなくとも時間が過ぎていくがなにも生産性がない
単に流れていく時間。

なんと贅沢な時間の消費なんでしょう。

久しぶりにこんな怠惰なお休みを過ごしました。
どっか疲れていたんだろうな。

こんな日があったほうがいいんだろう。



その甲斐があるのかないのかわかりませんが、今日からまた毎度のメニュー。
毎度の20分。

休んだせいなのか?
よく踏めるし大きく回せるよ。
POWERもそこそこのレンジにおさまりつつも最後の5分ぐらいからあげ気味
に負荷をかけることができたので、これもフレッシュなサラ脚の成せる技なのか?

でも心肺がついていかなくて、呼吸が苦しいところ毎度の通り無理した感じ。

まあ、無事にクリアできたので、今日は目標達成でよかったかな。

そんなこといっているけど、実は20分+Tabatabaをやろうと最初は思って
いたんですけどね。20分やったところで、『もういいです。月曜だから・・。』
と、「おいおい、、月曜なのはわかってたじゃん?」とひとり突っ込みいれて
あえなく【負け】てしまいました。


まだ 休み足りないのかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/28・日:1回休み

2016年08月28日 | Weblog
ちょっと息切れ気味。

なので、1回休み
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/24・水:よくできました

2016年08月24日 | Weblog
たまたま偶然というか、「そおいう流れ」にうまくのったのかも
しれませんけど、今日もうまく集中してメニューを消化できました。

先週のパターンなら(3-2)*4本なのですが、アレンジメニュー
ではなくベースになる20分を重ねてみるのがなんか大事な気がして
今日も20分。ただし、昨日よりも目標レンジは高く設定。

  #やはり2週間乗らなかったのが影響している
   としか思えない状態です。身体が負荷になれて
   いないから自己防衛本能で「やめよう」として
   いるんじゃあんめいか?

   だからまずはベースをつくって慣れさせないと
   いけないと思ったのでありました。


今日も深呼吸(とうよりも深くゆっくりとした)呼吸からぁ~の瞑想
いれて集中。座禅で言うところの『半眼』という感じですかね。

意識して踏みを強めてレンジUp。
半分過ぎたところで呼吸が ハァハァ になってここから深く吸い込む
ことができなくなった。そこを維持するために、脳内シミュレーション。

普久川が定番でしたが、もう、それはないから、今日は大垂水峠。
でも、まだ道を覚えていないからなんとなくバーチャルな道なのよね。
なんとか追いつきたいけどなかなか差が詰まらない。でも踏まないと
いけない、と思うことで集中をきらさずにクリアすることができました。

実際にはどうなるか?
それはこないだのとおり激タレするんだろうけど、やっぱりイメージする
ということはとても大事。意識を前に前に、高くたもてば肉体はつられて
引っ張られていくものでしょ?

昨日、今日とうまくまとめることができて なんかほっとしております。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/23・火:リプレイ

2016年08月23日 | Weblog
先週とまったく同じ状態に自分でも「なんだかな~」という心持ち。

昨日の10分がのどに刺さった小骨のように後をひいての今日1日。
帰宅したらリセットしないとこのままずるずると流れていくこと間違い
なし、という結論にいたった帰りの電車内。

モチベーションの問題なんだけど、そりゃ『目的もなにもなく』
単に生活するためのリフレッシュの一環ともなればバイオリズムに左右
される日もあるだろうし、さてでは、そのまま流れるままにしていい
とも思えず、根本解決の

 アナタハナンノタメニノッテイルノデスカ?


という卵と鶏を棚上げするためには、やっぱり

集中

です。

無我の境地とはまた別で、ただその1点にのみ己の意識を注力すること。
理想は針のように研ぎ澄ました意識をこれまた針の孔よりも小さな点に
通す気合をもってなせる技なんですけど、そこまでの境地にいたるには
それなりの事前準備というものが必要で、今の私にはちょっと難しい。

  #これは毎日毎日の練習なりメソッドなり
   メニューにおいて、日々、実戦(試合)と
   同じモチベーションでかつ、環境を意識内
   で作り出しての1発勝負というトレーニン
   グで全力を出し尽くさないと出来ない芸当
   だと思っております。

なので、今日は、「やりぬく」という自己暗示を時間をかけてゆっくり
すりこんでいくところから始めて、それに呼吸をあわせて瞑想して、、
でも、フィジカル的に弱気がでて、少し低めからはじめることに。

結果はいつの間にやら「あと10分」という感じで前半戦をクリアでき
後半はレンジをあげて頑張ることができました。

集中していると手の位置をせわしく変えることもないし、踏みがどうした
こうした、と神経質になることもなく不思議と呼吸も苦しくないものなん
ですな。

まあ、今日はうまく精神とフィジカルのバランスがとれたのでうまくいった
のだと思います。


明日はどうなるかな。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/22・月:台風は関係なく

2016年08月22日 | Weblog
毎度の始発のバス。
いつもの時間にバス停に向かうとそこには長蛇の列。
普通の3倍くらいの皆さまが傘をさしてたたずんでおられます。

こりゃ~この先の停留所でも同じで、普段の3倍の人かつ傘を畳む
手間暇でバスが遅延するのは確実と計算して駅まで歩いていくこと。
実は大廻りするバスと駅まで一直線の徒歩の所要時間はさほど変わりは
しないということもあってね。

昨夜の予報では本降りのはずがパラパラで大したことはないし。
そしたら湿気がすごくて駅に着くころには発汗でジワッと変な濡れで
気持ち悪いくらい。腕には汗がにじみ出てくるし。でも案の定、バス
よりも早く到着しました。

本当に台風くるのかな~という雰囲気のなか普段通りに会社に到着して
お仕事。気づけば台風は千葉県に上陸しておられました。

結局、普通の雨となんら変わりのない私の周辺でございました。


帰宅も普通に。
朝起きたときから右のふくらはぎが攣ったような、両端の腱が切れて
真ん中に寄ったような違和感があり、昨日の無理が出たんだろうな、と
感じてそれが今も続いているのですけど、とりあえず乗っておく。

様子見もあるのでかる~く。
回すと痛みも違和感もさほどないので、メニューをしてみる。
20分のはずが、やっぱり10分しかもたない。

どうしたんだろう・・・


と自分でも不思議なんですけど、これ、先週と同じね。
まあ、気持ちの問題。

甘えていちゃぁ、ダメなんですけど、今日は(も)流されてしまいました。
全然よろしくないですけど、これもまた自分。

事実は事実として受け入れて明日、考えよう。


負けたくない、と思う気持ちが随分と薄れてきたんですよね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/21・日:よだれダァ~

2016年08月21日 | Weblog
なんかずぅ~~~っとおなかの具合がよろしくない。
ゲリPとかいうんじゃなくって、胃のあたりが痛いし、ヒクソンみたいに
お腹をグイッと凹ませることができなくなってとてもつらい。膨満感?と
も違うのよね。胃腸の調子がよろしくないからか?呼吸も辛いのかな。
横隔膜がうまく下がらないのかな~。肺に空気がメいっぱい入ってこない
イメージ・・・。

とネガティブな状態の週末。

たぶん、夏バテとか疲れが出たのだろうな(体中に変な発疹ができているし)。


まあ、そんなこんなだけど6時過ぎから。
今日はどうしても11時までには帰宅しないといけないからナンパ稼業に精を
出すような余裕はないのよね。おひとり様で走るのよ。

久しぶりに江の島かな~。これだと時間が完全に読めるから。
でも登りもやっときたいな~。

というわけで大垂水(笑)。

尾根幹の最後から2個目の登り手間で道沿いのセブンにいた女性1名を含む
4名様と合流。あれ?という感じ。そのまま登りに入ったんだけど、どうしても
ゆっくりと走ることが出来ないというか、意識してしまうのは仕方ないのよね。

踏んでしまって頂上。
やっぱり離れちゃった・・。

最後の登りは強いてゆっくり登って追い抜いてもらいました。
なかなかいいペースで、女性もしっかりついてこられるので相当乗り込んでいる
んだろうな。そのまま最後の直線。そしたらC50(懐かしいね。Wステイ)が
ポ~~ンと飛び出されてね。というか、残りの3名のペースが遅いのよ。

このまま後ろについていてもどうしようもないので3名を抜いて毎度の高速サイ
クリングに切り替えようとしたら、C50(年のころは20後半だろうな)が
反応しようとしているので、「あわせます?」とニコっと笑顔でお誘いしたら
「はい」といいお返事(笑)。

当社比でMAX巡行で進むけど向かい風が相当でね。
そこを我慢で回転でなんとか頑張る。そしたら「先頭替りま~~す!」と後ろから
声が聞こえます。おお、この激向かい風の中、この速度域をものともせずに交代
とは、実はすんげ~平地マンのお方だったのか?と瞬間考え後ろについたら、これ
がまた強烈 ^^;。 ついついギア1枚あげて踏んでからつくことができたん
ですけど・・・。

それも「えっ?」という時間・・・・。
ゆるんだところを前に出たら、そのままバックアタックされていかれちゃった。

う~~~ん・・・線香花火 やね。

   #昔はあっしも得意技だったけど・・。

再合流してご挨拶だけ。
終点の歩道で女性を待つ3名様。
あっしは町田街道へ。

それにしても風が強いね。
どこ向いても向かい風なのはなんでだろうな。


さて、大垂水峠へのアプローチ。
はるか前方で2台がバトリング中。
さらにその前に1台。
その手間に2台。

先頭は小指の先くらいの映像。

ゆっくり登るつもりだったけど、スイッチON ^^。
バトリング中の2台には追いつけないだろうな~と思いつつ、一定ペースで。
すぐに1台をとらえて抜いて、その前の1台。ここがなかなか難儀したけど真後ろ
についたらそんなに速くはないので追い越し。バトルは終了していてまだ遠いけど、
たぶん、垂れているだろう、という希望的観測のもとあきらめずにペースを落とさず
におうと、ようやくちぎれの1台に追いついた(みんなチームなのね)。案の定、
終わっておられるので素通りして勝者を見ると、こりゃあ~追いつけるぞ、と。

追いついて 「おら、頑張った」とそのままあとひとりと思って加速したら、
なんと最初に抜いた子に スパン! と追い抜かれてしまった。

こりゃ、つかないと、と思ったけど、これが速い。
シッテイィングとダンシングを取り混ぜてグングン進んでいかれる。
10メートル差を保つのが精一杯。とても追いつけないぞ。

つらい。つらいぞ。本当につらいぞ・・・・よだれダァ~~~~~ (笑)。

   #いや~脚はもげないけどその前に呼吸が限界。
    口はあけっぱなしだから、久しぶりの ダァ~。

拭うために酸素使いたくないからそのまま。
なんとか頑張るけど・・。確かあと1カーブで頂上やね。
それまでには捉えないと。 と最後の加速スイッチを押したけど不発(泣)。
もう、メいっぱい。 でも耐える。耐える。くるぢぃけど。更にヨダレだぁ~だぁ~
とお代わり状態だけど、耐える。

そのままカーブを曲がったら・・・・・えっ? なんで更に直線??
「ま、、、、間違えた・・・・・。」

と思った瞬間に ブチッ! と切れた。

しゅう~~~~りゅおおおおおおおお・・・。

OUTERからインナーに落とさざるを得なくなって、あとはヘロヘロ。
耐えたおかげで先頭もとらえていたんだけど。でも絶対に追いつけなかっただろうな。


そのまま頂上。
後続はまったく見えず・・・。

お二人も見えず。

呼吸を整えるために小休止。
おの間に、向こうにくだって登り返そうか? 考える。
どう考えても、今ので「だしきっちゃった」からたぶん、あんまり意味ないだろうな、
という言い訳1。それから、登り返すとおそらく11時帰宅は困難という言い訳2。
ということからここまで。

自宅から大垂水峠の頂上まで55㎞。

帰路もなんでか向かい風。
そこをひたすら30以上になるように頑張るのって・・・なんか意味あるのかな~。

帰りの尾根幹では、トライアスラ-の女性が2名。おじさんと走っておられます。
こちらは、拝み隊の女性がかなり多いです(しかもBIKEもいいです)。

後ろについて便乗できるかな~と思ったんですけど、女性って、登り速いですよね。
でも平地がね。登りの速さとのGAPが相当ありますよね。

   #ひとのこと言えませんけど・・。

平地で抜いた手前、差を広げないとかっこ悪いでしょ?^^;
なので、頑張った。頑張った (笑)。

そんな頑張りの甲斐もあってなんとか11時前に帰ることができました。
(コンビニSTOPあり)。

110㎞。 AVEが27.3㎞/h とは 速いぞオレ(笑)。

久しぶりに 登りが嫌いになりました。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/17・水:これもクリア

2016年08月17日 | Weblog
本日は24日ぶりに(3-2)*4本。
これができたら、20分に続いてのクリアになるだす。

昨日、うんちくたれちゃったので、今日やっぱりだめだったでは
かっこ悪いことになるので追い詰められたような、始める前から
集中度が増したような、なんかどっちにもとれる気分でした。

1本目は安定せずにアップダウンが激しかったけど、2,3本目
はそれなりに。それでも2本目終了した時点で切れかけた。
やっぱり10分が1クールという体内時計になっちゃっているのかな。

4本目は最後と思って頑張った。

結果はクリアできたんですけど、これはやっぱりきついわ。

20分のレンジの2割増しなんだけど、これでもきついからね。

しっかし面白いのが、坂道では400W出す(まあ、瞬間芸だけど)
のがこのレンジで ひぃひぃ 言っているということ。

2日続けてメニュー完遂できて ほっとしております。

***

リオデジャネイロ
りおじゃねえじゃろ?

なんか似てるね(笑)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016/8/16・火:クリア

2016年08月16日 | Weblog
昨日はダメ男だったので、その反省を生かして今日は頑張るぞ、っと。

具体的に、なんにも考えずに始めたらクリアするのは難しいという自覚
をもつところから。なので始める前に何がトリガーで落ちるのか?を分析。

集中力が切れるのは何かの きっかけ があるはず。
でもそこがわからないから悩むところ。

だから、「そんな自分がいる」「9分経過したところで我に返る」
ということを認識してからスタートしました。

その自覚の甲斐か? やっぱり現れた「もうひとりの自分」とうまく
対応することができて昨日のダメだめ時間の10分はOKしましたが、その
後に2分間隔ぐらいで、「やめようよ」という自分があらわれて抑えるのに
難儀しました。だいたいそんなときは、

「10分やったからいいじゃん」
「あと1分で終わってもよくない?」
「どうせなんの役にもたたないじゃん」
「明日、あした」

というセリフが脳裏にリフレインしてしまうのですわ。

そこをなんとかするのは、やっぱり 『意志の力』 ですわ。

これは合理的な理屈でもなんでもなく、単に、やると決めたんだから
『最後までやりぬく』と強く思うことですね。

そこで、完璧にできなくとも、決めた20分を自分の意志をもってやりきる
というところに重きをおくと結果はついてくるようです。

あれもこれもとよくばるのではなく、ただ1点のみ。
ちゃんと20分続ける、これに集中したらクリアできたということでした。


やっぱり達成すると ほっ とするのでした。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加