はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(330)  横濱飯店  ぴおシティ・立ち飲み街

2017-03-24 19:51:43 | 日記


カメラ仲間であり東京地区特派員の石◯さんから、
桜木町のぴおシティの地下に
立ち飲みのジェントルマンが開店した、
と情報が入った

東京地区特派員であるが
横浜地区の情報まで調べているのには
驚かされてしまう




入ろうと試みてみたが
中は満席と言うか立ち飲みであるから
マン立ち(満立ち)状態
もちりんこ外のテーブルもである

しかたなく毎度の立ち飲み屋
石松さんに行って飲む事にした




角のダブルの水割り、タコ刺し、ナマコ刺し
なんかで楽しくやってたら
突然、突◯さんコト、宮◯さんが
音もなく
すーーっと
はげまるの前に登場した




実は、
宮◯さんには5時頃ジェントルマンに行くよー
なぁんて伝えていたのであるが
突然「石松」さんだから驚いてしまう

どうやら、はげまるの行動を
完全に把握しているみたいである

変態ジジィの行動パターンを
予測しているのだから
流石の流石である



立ち飲みの石松さんは魚類のツマミがかなり
充実していていつも感心してしまう

ナマコ刺しの量かかなり多いので
宮◯さんに
「少し食べない〜〜」
なんて言ってみたら
無言で気持ち悪そうな顔をしていた

なんでい
ナマコが気持ち悪くて
おね〜〜さんが喰えるかー
(おいおいおい)




宮〇さん
「ここ入った事ありますか?」
なんて石松さんの前に面している
横浜飯店を指差した



はげまるはパパジョンの研ちゃんから
横浜飯店の話はいろいろ
聞いていたのであるが
まだ入った事は無い



ほんじゃー
入りますますかー

なんて相成った



この写真は後から撮ったモノ

横浜飯店さんは入り口が二つある
どちらが表か裏かわからない




そんな小さな事はどーでもいいか




こちらは石松さん側の入り口



横浜飯店の御通しは豆腐の薄切り、
まあとりあえず御通し出しますよー
みたいなお情け御通し風ではあるが
パパジョンの研ちゃんに言わせると、
これにラー油をダブダブかけて食べると
他のツマミ無しでビールの一本は飲めますよー

なぁんて言っていたのを思い出す




スーパニッカの水割りボトル

これが氷入りのグラスで飲むと
まろやかな味になりご機嫌である



中華屋さんの定番



餃子が美味しいー



宮◯さん



メニューを見ているだけで楽しくなってくるなぁ



宮◯さんが
「もう一品ツマミ頼みますか」



宮◯さんのお任せで注文した
ゆで鶏ねぎ風味360円

これが凄く美味しかった



2度目に入った時に撮った写真

この横浜飯店さん
来年で50年になるそうである



じゃーー 次行きますかー

はげまるは宮◯さんの後を
金魚の糞みたいにチョロチョロ歩き出した。






この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(329)  モノクロでアポロ

2017-03-21 10:51:20 | 日記
毎度お馴染み埼玉屋さんの
ご機嫌なディナーを頂いたはげまる、
ヘロ小◯さん、たまちゃんコト喰い専の吉◯さん、
三人は横浜橋商店街方面に歩いて行く



横浜橋商店街の入り口

前回同様モノクロモード広角24ミリ端での撮影



手前の角に昔からある和菓子屋さん

はげまるは最近必ずここで母のお土産を
買うのが常である



通りを渡ってから和菓子屋さん方面を撮る

このあたりの感じ、モノクロで撮ると
昭和感が増していいなぁ



まだ6時を少し回った時間なのに
横浜橋商店街の人通りが少ないのに驚いてしまう
近頃は町中の商店街がえらく
寂れていくみたいであり
困ったもんであるな〜



伊勢佐木町通りの古いビル

三人がこれから向かう先は
昭和時代からある凄いバー、
生きる化石と言われている「アポロ」

昔は9時過ぎから開いて
明け方まで営業していた「アポロ」さん
今現在は7時から開いて
3時頃には閉めているそうである




7時頃、アポロの看板には明かりが
しっかりと灯っていた



この終夜営業の文字がたまりまへんへんあたまへん
(久しぶりのフレーズがでましたよ)




前にも書いたが、
この急な階段を一歩一歩上がっていくと
一歩一歩昭和の時代に戻っていくみたいだ

 

はい、昭和の時代に入りましたよ



マスターが、
ひゃーひゃー
なんて我々三人を迎えてくれる




1964年東京オリンピックが開催された時に
お店を開店した「アポロ」さん
マスターと話したら
「2020年の東京オリンピックまでは店を続けるよ〜
ひゃーひゃーひゃー」
なんて話していた




アポロさん
こうしてモノクロで見てみると



はげまるが大好きなつげ義春の世界に
どっぷりと入り込んでいるような
錯覚を覚えてしまう



最後に




アポロさんのトイレ

昭和の時間を満喫した
楽しい日でしたよ〜ん。


この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(328) モノクロで田原酒店 南区

2017-03-14 09:39:31 | 日記

最近、毎度お馴染みちり紙交換みたいな
ぶら〜り日記ばかり書いているが
これは致し方ないのである
人間ジジィ化してくると
全てがめんどくさくなってくる

だから散策の規模や回数なんぞは
どんどん減って来てしまう
増えるのはオシッコの回数と
愚痴ぐらいなもんである

あ〜〜 人はこんな感じでどんどん
人生を終えていくんだなぁ
なんて妙に真面目になって考えてしまう
この頃である

今日もハゲチャリは埼玉屋さん方面に
勝手に向かって行く
ハゲチャリが意識を持っているような
気がしないでもない

少し気分を変えるために
今回はいつも使っているカメラより
広く写る24ミリからのコンデジを
カバンに入れてみた

う〜〜ん
今日はモノクロで攻めてみるかぁ



埼玉屋さんから歩いて160歩ほどの場所にある
田原屋酒店
(大図さんが歩数を数えた)




ここで大図さんと待ち合わせして
埼玉屋に繰り出すのである



大図さんは、はげまると同じで
ひとりでふらふらするのが好きみたいで
よくテキトーに一緒に飲んでいる






大図さん



すっげー昔のオールドにでかいボトルが
テーブルの上にあった

昭和の時代にサントリーが酒屋さんに
配った特別なボトルみたいである




横から見てみると
のんびりとしていた時代の香りが
すーっと体に入ってきた





最後に埼玉屋さんの
酢豚

これもご機嫌に美味かった。

この記事をはてなブックマークに追加

 4月エディ藩さんとのライブ情報

2017-03-09 15:50:13 | 日記




4月1日(土曜日) 
エディ藩さんとの大岡川花見ライブ
場所 The Outsiders(アウトサイダー)前

京急黄金町駅から徒歩3分ほどの大岡川沿いにある
The Outsiders(アウトサイダー)前で
エディ藩さんとふたりで
投げ銭花見ライブやります

予定では
午後1時過ぎから(あくまで予定)
3ステージ予定





4月15日(土曜日)

野毛のジャズライブの老舗
ドルフィでのライブです

Open 6時  Live 7時~

この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(327)  本牧の中華屋「喜楽」閉店

2017-03-08 00:37:32 | 日記

先日、本牧の鈴木酒店の立ち飲で
ヘロヘレ小◯さんと飲んでいたら
顔馴染みの常連さんが
「本牧の喜楽が明日で閉まるんだよー」
なんてはげまるに言ってきた
喜楽と言えば、サンマーメンや
椎茸ソバが美味くて
はげまる昔から通っている店である

こりゃー
明日行って最後のサンマーメンでも
食べてくるかー

なんてなった



翌日
ハゲチャリに乗って行く事にした、
その前に本牧サティで買い物だ

はげまるの家からサティ方面にある建物




昔から全然変わってなく
いい昭和時代の味を出している

嬉しいなぁ



隣にあるタクシー会社も昔のままである






トタンがお見事お見事




山手警察の反対側の通りにあるビル達も
昔のまんまだ




喜楽さん



この景色も今日で見納めである



へ〜
本牧で46年もやってたんだ〜、
なんて感心してしまうが
はげまるがライブで
よくご一緒させてもらっている
エディ藩さんなんか、

この本牧の老舗バー
ゴールデンカップでデビューしたのが
50年前だから
喜楽よりすっげーーー
なんて改めて感心してしまう






喜楽さんでいただく最後のサンマーメン



しっかりと



味わってきました。



























この記事をはてなブックマークに追加