はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  横浜(467)   中村町トタン後編

2017-07-23 16:39:30 | 日記
前回ブログの続編であります

前日、南区の
とある飲み屋さんで
エディさん、おいちゃん、西山さんなんかと
盛り上がって酒を飲み
西山さんにハゲチャリ管理をお願いして
宮◯さんと横浜西口で飲んだ経緯を
前回書いた



翌日ハゲチャリ回収のため
南区に出向いたはげまるである



当然の事ながら二日酔いだ
うぃ〜〜っ
なんて酒はかなりまだ残っている




頭が少し痛い
少し気持ち悪い気もする

それでも自他とも認めるトタン愛好家
別名、トタキチ(トタンきちがい)の
はげまるである
トタンやら昭和の渋い建物を見ると
写真を撮ってしまう

まあ、犬がオシッコなんか
したく無いのに
電信柱を見ると無意識のうちに
目印のためのオシッコをしたくなる
感覚と同じかもしれない

今度犬に聞いてみる事にする



スナック「もがみ」さんの右側には
建物の建て壊しの張り紙が貼ってある

この建物も壊されるみたいだ



高速道路の下の橋を渡って右に曲がると
昭和の材木屋さんがあった



わ〜〜 渋いなぁ〜
なんて感動して横の路地に入ってみる




ほ〜〜

いいトタン建物があるぞ



ほ〜〜 ほ〜〜

たまらないぞ




ほ〜〜ほ〜〜ほ〜たるこい

いいぞいいぞ



ほ〜〜ほ〜〜ほ〜たるこい
あっちの女はや〜べぇぞ
こっちの女もや〜べぇぞ
(なぁんて話、
最近とんと御無沙汰だなぁ)



なんか酒が少し覚めてきたみたいだ




あ~~~~~~~~~~~~~~

前に来た時も感動した建物が見れる



昔は自動車修理工場だったそうで
今はほとんど駐車場として使われているみたいである




トタンの屋根がすごい



トタンと錆びがA級だなぁ


さてと、西山さん宅で
ハゲチャリを回収してから

トタンやら古い建物を散策しながら
埼玉屋さんに向かう事とするか



中村川を渡って、
右側の坂は根岸の米軍住宅がある方面
左の道路は埼玉屋さんの上あたりに出る道だ


ここはとりあえず左に曲がって
今では廃業してしまった
すげー古い蕎麦屋さんあたりを撮る事にした





5年ほど前に来た時と同じ感じであるが
時間が経てば経つほど渋さが増してくるのがいい



横道に入り裏側方面を撮る

建物が考え込んで傾いてきているのが
すっげ~~~~~~~~~~~
いいなぁ



猫ちゃんが車の下で日陰で
涼んでお昼寝している







中村川の川沿いにあるデカイ建物が
まだ壊されずにあった



前にブログでも書いた横浜市の
ななんだらかんだらの建物である

自分のブログを読み返して
名前を調べる元気も無い
あ~それそれほいさっさ~



テキトーが一番きらくでいい




どんどん中村川を下がって行く



このあたり民間のアパートみたいな建物が沢山あるが





高速道が走ってない30年ぐらい前に
はげまるが住んでいたこのあたり
港湾関係の仕事をする人達が多く
その関係の舟も川岸に停まっていた記憶がある




そんな関係の仕事の人が沢山住んでいたそうである







埼玉屋さんも近づいてきた



は~い 埼玉屋さん



この日埼玉屋さんに合流した
若い女性とかなり盛り上がって



小◯さん関係者の武田屋さん

左から
人見さあやさん
宮◯さん
大図さん
小◯さん

撮影者 はげまる。



この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  横浜(466)  不思議な倉庫  中村町

2017-07-19 18:19:40 | 日記
昔からの音楽仲間である
おいちゃんバンドのベーシスト
西山さんから家の近くの公園にある
不思議な写真が送られてきた


早速、ハゲチャリにまたがり
西山さんの家がある中村町方面に向かった





中村川を渡ったあたりから撮る





この中村町あたりは、
前にトタン散策でブログにも書いているが
その時にも載せたスッポン料理のお店




最近では、
こんな昭和している料理屋さんが
どんどん失われているので
貴重である、




西山さんに書いてもらった地図を見ながら
ハゲチャリを走らせる




前に見た時に感動した建物がまだあった

ハゲかかった庇と「質」の看板の
バランスがとにかく素晴らしい



あー
この景色も前に散策した時に見たぞ〜




「そろばん」の 「ん」が欠けているのも
前に見た時と同じである




この辺りは
昭和で時間が止まっているような気がする




遥か彼方、のんぴりとしていた昭和の
時間が流れているような気がしてしまう



はい
これが不思議な景色である




なんだ、なんだ、なんだ、
倉庫みたいな建物の屋根から
木がにょきにょきと出ているぞ〜




トタンが濃いブルー色

いいなぁ

昔だったら、青い海、青い空、
ハワイで飲んだブルーハワイ
なぁんてカクテルなんかを
連想したもんであるが

この歳になってくると

トタンがブルーシート色で
たまらないなぁ

なぁんてなってくる

あははは




防災資材置場の字が見える

このにょきにょきと出てきた木は
資材置場が建てられてから
トタンの屋根を突き破って出てきた

なんて妄想に入り込むと
つげ義春風で楽しくなってしまう



さらにトタンを捜してハゲチャリを走らせる



トタンとスダレのコントラストが完璧な建物だ



その建物の横から奥を見てみると
トタンの建物が沢山あるぞー

狭い横路地に入って写真を撮ろうかと思ったが
黄色の自転車に乗ったハゲジジィが
ニタリ顔してうろちょろしていると
通報される恐れもあるなぁ

テナ事で
やめる事にしてハゲチャリを走らせる



とにもかくにも



南区はトタンの宝庫である



真夏にハゲチャリで小一時間ほど走ると
汗が噴き出てくる

トタンはとりあえず、
このあたりでやめて
酒でも吸い込みに行くか~

テナ事でメイン通りの商店街から
飲み屋さん方向に向かう事にした




この渋い花屋さん
確か5年ほど前に散策した時にも
写真撮った記憶がある
(たぶん、はげまるブログに載せている)



あ~
このあたりも写真撮った撮ったぞ~



森永ビビタスの看板文字で
感動したっけなぁ



あ~~
この景色、前にも見た見たぞ~



あ~~
この景色も見た見たぞ~



こんな感じで写真撮った記憶があるぞ~



お互い生きててよかったなぁ



なぁんて生存確認をしている
ニタリ顔の寂しいハゲは



先ほどの景色をまた見ながら
飲み屋さん方面にハゲチャリを走らせる






今日はエディ藩さん、おいちゃん(関口敏郎)
それと貴重な情報をくれた西山さんなんかと
楽しく飲むのである

例によって
場所は秘密の秘密の大秘密、
おね~さんなんかは立ち入り禁止、
女人禁断の地、
(これはウソ)


なんだかんだ四人でわいわい
楽しく飲んで
かなり盛り上がっていたころ
はげまるの携帯に
突然、突〇さんこと宮〇さんから
連絡が来た

ど~ゃら
西口の寿司屋で飲んでいるみたいである
「タクシー代払うから来てください」

う~~~~~~~~~~~~~~~~~ん

まぁ 
足代飲み代寿司付きである
ほんじゃ行く事にするか~

なんて相成り
先輩方三人にハゲ頭をペコリンコと下げ
お先に失礼します
ハゲチャリを西山さんにお願いして
「明日回収に行くので、よろしくざんす〜」

テナ事で



場所は横浜西口にあるお寿司屋さん



店主さんが
「久しぶりですね〜」

なんて相成り
またまたヘロヘレ状態



宮◯さん
得意の次行きましょー



またまた馴染みのご機嫌なバーで
ヘロヘレになって



宮◯さんにタクシーを拾ってもらい
なんとか無事帰宅出来た

あーー
明日、ハゲチャリ回収に行かね〜となぁ

続く。

この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(350)  楽しい時間  埼玉屋

2017-07-13 19:25:47 | 日記
エディ藩さんと大岡川の桜ライブを
やった時の話である

その時にライブを主催してくれた
黄金町のバー「アウトサイダー」の
マスターから、
ライブのDVDができたから取りに来ませんか
と、連絡が来た

テナ事で埼玉屋さんで飲んでから
「アウトサイダー」さんに
出向いた時に知り合った人がいる、
ぞの時にはげまる名刺をあげた人から
連絡が来た

どーやらはげまるブログが
えらく気に入ったみたいであり
一度会ってお話を聞きたいとの事




はげまるブログを見て埼玉屋さんに来る
男の輩は腐るほどいるが
女性は初めてである





毎度毎度の小◯さんと大図さん
それに初参加の女性、
宮◯さんは二日酔いで昨日の酒が残っているみたいで
飲む前から盛り上がっていた




いろんな楽しい昔話して
さーーて
みんなで
野毛でも行くかー

なんて相成った

女性は8月あたりから
黄金町のアート街でイベントを開く
人見さあやさん

イベントの日と場所が決まり次第
はげまるブログに書くつもりである



ここからははげまるがひとりで
埼玉屋さんに行った時の話

生姜焼き定食、
野菜もお肉も沢山でご機嫌




白菜は塩漬けで、他は糠漬け、
このあたりが
だまらねぇんだよなぁー




生姜焼きで酒を呑み
後からご飯と味噌汁がきて
納豆が主役でご飯を食べる

あ〜〜 この歳になってくると
小さな幸せが一番だ

そんなもんだ。

この記事をはてなブックマークに追加

異国情緒あふれる港町  横浜(465) 昭和感満点 「トン幸」  生麦

2017-07-10 18:52:04 | 日記
生麦の商店街に
かなり前から気になっていた
昭和の建物がある




ほれ
こんな感じの建物である





色といい形といい
味わいがあるといい
たまらないぐらいだ
まるでおね〜さんみたいだ
(気がふれてヤケクソみたいだな)




なんかひとりでは入りずらい

埼玉屋さんだって初めて入る時は
勇気を出して入ったもんであるが
今ではほとんど毎週毎週
埼玉屋にハゲ頭出してる
おまけに座る席もほとんど決まって来ている
(小◯さんも決まっている)


今日も毎度のヘロちゃんこと
小◯さんを誘って行ってみる事にした



生麦駅から撮る

ここんところ、フジのコンデジX30に
昔のニコンSのレンジファインダーを付け
そのファインダーから覗いてシャッターを
カシャリ、
と切って銀塩カメラの気分を味わっている




実は家からバスに乗って横浜駅に
向かう前あたりに
突然、突◯さんこと宮◯さんから
「今日はどこあたりで飲むんですか〜」
なんて連絡がきた

どうやら暇こいているみたいだ



テナ事で宮◯さんと現地集合と相成り候



同じ建物の手前にも店がある
モツ焼き、幸大
と提灯に書いてある




まぁ とりあえず、大衆酒場の文字がたまらない
「トン幸」 さんに入ってみる事にする




年代物の木の短冊型に営業中の文字が

う~~~~ん  たまらないなぁ

入り口のドアがはげてるもんなぁ

ぬふふふふふんふん



レンジファインダーを見て
即座にシャッターを切るから
斜めになったり、ピンがハズレたり
いろいろあるが、
まあそれがフイルムカメラぽくて
凄く楽しい今日この頃である





時間は夕方5時を少し回ったあたり、
お客さんはぽっりんぽっりんで
開放感溢れていてる
近頃、野毛の雑踏の中で
せわしなく飲むのが
苦手になってきたはげまるにとって
こんな感じがたまらなく好きである





はげまるが座った席の壁に
ここ、トン幸さんの歴史が書いてある
紙が貼られている




へ〜 トン幸さんは1975年オープンなんだ
ザ・ピーナッツ引退とか
「昭和枯れすすき」が大ヒットしたとかる
いろいろ書いてあるぞ
懐かしいなぁ〜〜



今日は生タコが無いというので
酢ダコで攻めてみる事にした



小◯さんと酢ダコとピリ辛らっきょうツマミで
一杯やってたら
宮◯さんがドアをそーっと開けて
そーっとはげまる達のテーブルに座った

宮◯さん、飲み始めはいつも
つまらなそうな顔してるなぁ
あははは



酢ダコさん、いつも感じる事ではあるが
厚めに切ってあると
噛み切るのが容易ではない

小◯さんもはげまる同様
歯で噛むと言うより
アゴ全体、顔全体を駆使して
一心不乱でモゴモゴ食べる

もぅ、タイヘンなんですから
(林家三平師匠)



小◯さんが注文したモツ煮

昔風の甘いお味が絶品でした




ピリ辛らっきょ




トン幸さんの店内の様子






入り口あたりにビールケースがある
いいぞ〜



宮◯さんが焼き鳥を注文した















トン幸さんは43年前にオープン、

店主のお母さんに聞いてみたら
この建物はトン幸さんがオープンする
遥か前からあったそうである





トン幸さん、
何を食べてもご機嫌に美味しく
埼玉屋さんクラスのリーズナブル値段

こりゃ〜また来るか〜〜
なんて相成ってトン幸さんを後にした




三人は大満足でとぼとぼと京急生麦駅に歩いて行った













大満足のトン幸さんでありました

さてと、次は何処いきますかー。






この記事をはてなブックマークに追加

7月ライブ情報  エディ藩さんとライブ 7月18日(火曜日) 野毛ミラクル商会

2017-07-07 16:44:15 | 日記



宜しくお願い致しますm(__)m

この記事をはてなブックマークに追加