はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(250) 楽しい一日

2016-10-13 11:33:00 | 日記
はげまる生まれは横浜鶴見区
(頭ツルリく、ではないぞ)
育ちは川崎、
小中学校時代は家の近くに川崎球場があり
夜にでもなると周りに高い建物がほとんど無かったもんで
家の外からナイターの灯りが眩しいくらいに見えたものである

なにしろ周りには野原があり肥え溜めがあり、
友達とチャンバラごっこなんぞして
肥え溜めに落ちた友達もいたもんなぁ

今考えてみても楽しい子供時代であった
その当時は
巨人、大鵬、タマゴ焼き
なんてフレーズが巷でも言われていて
友達のほとんどが巨人ファンであったのに
子供の頃から変わりモノみたいであったはげまるは
マルハ大洋ホェールズのファンであった、
(現在では横浜DeNaと名前が変わったが)
そんなことで何度も川崎球場に足を運んだものである


先日セリーグのCSシリーズの第三戦の日
NHKで巨人ー横浜DeNa戦を見ていたら
毎度の宮〇さんから連絡がきた
(宮〇さんも横浜DeNaファンである)

「今テレビでNHK見ていますが、
これからどこかで合流して一緒に野球中継見ながら
酒飲みませんか」

テナ事で合流する事にした

待ち合わせ場所は横浜で最高の立ち飲み屋さん
「丸花」である




はい
宮◯さん

「丸花」さんは野毛と違い人通りがほとんどない
だからほとんど顔見知りに遭遇しない、
この歳になってくるとひとりで
ぼ~っと酒を飲めるのがたまらなくいい
まあ猫ちゃんのひなたぼっこと同じ感覚であるな


先週は宮〇さん同様変わり者の小〇さんなんかと
ここで飲んだし、

まあ歳と共に友達は少しで十分、
テ、感じになってくるもんである



はげまるは白角缶の水割り
宮◯さんはリザーブ缶の水割りである

ふたりのツマミは梅干し

立ち飲みの王道であるな




はげまる
「そろそろ埼玉屋さんにでも行って
NHKの野球中継でも見ながら酒飲みますかー」



埼玉屋さん、珍しくお客さんさんが
少なくかったので
のんびりと野球中継を観戦




毎度の厚揚げやらミニステーキなんぞ
頂いた
宮◯さん
「そろそろ場所を移動しますか、」



テナ事ではげまるの家の近くの
焼き鳥屋「高虎」さんで野球中継を観戦した



試合は同点のまま延長戦に突入、

はい横浜DENAが勝った瞬間の宮◯さん

人間は古来から獲物を獲った時とか
いくさ(戦)に勝った時とか
童貞男が初夜を迎えた時とか
万歳のポーズが無意識に出てくるもんである
(あほ)



宮◯さんがニューボトルを入れたので
恒例のマンガを描いた

あー最高の1日だったなぁ。

(巨人ファンの人 ごめんなさいね)

ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異国情緒あふれる港町  B... | トップ | 異国情緒あふれる港町  B... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。