はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(334) 大岡川桜ライブ  エディ藩さんと

2017-04-05 19:49:34 | 日記
4月1日
大岡川桜の下でのエディ藩さんのライブは
昨年同様小雨がぱらつき
寒さもきびしーい

ジジィ世代にとっては
つらい〜つらいわぁぁぁぁ〜〜
の前川清さんになってしまう

エディさんの大岡川桜ライブ
今回で三回目であり
1回目も雨だったそうである
と、言う事は三回連続雨




小春日和の穏やか日に
桜が映える川沿いでライブ
なぁんて期待していたのになぁ

う〜ん
はげまるがはげ男(晴れ男)だと言うのに
エディさんは雨男なのかなぁ




昨年と同じく バー「アウトサイダー」さんの企画である



小雨が降ったりやんだり
とにかく手かかじかんでしまうような
冷たい風が川から吹いてくる



顔馴染みの人達がPA関係なんかをやってくれた



2年前にスカンディアで三十周年パーティを
開いた野毛の焼き鳥屋さん
「武蔵」のマスターが昨年同様来てくれた



ライブがはじまった

写真は天王町付近特派員の金◯さんが撮ってくれた




寒さなんか関係無いぞー
みたいなエディさんのギターと歌が始まると
ステージの前は黒山の人だかり




はげまるのブログファンや友達なんかも
沢山来てくれて
うれし〜〜〜〜〜〜い




ほれ
桜なんか全然咲いてねぇぞ
クッソ〜〜〜




アウトサイダーさん、
一階には小さいカウンター
二階に2畳〜3畳の小部屋が一つある
典型的な黄金町ちょんの間の建物である



マスターの佐藤さんは
凄く律儀な優しい人であり
ぬぁんと、ぬぁんと、ぬぁんと、
今年で10周年でだそうである



二階の小部屋にちょんの間時代のお宝モノがある

はい
お宝のシャンデリア

ちょんの間に関しては
はげまるブログで前に詳しく
根掘り葉掘りかいたが
ここで、軽くおさらいしてみる事にする

ちょんの間とは
ようするに男と女が
2畳〜3畳の部屋で何かを短時間で致すのであるが、
二人で花札、トランプ、2人麻雀
あるいは受け身の練習、
硬いところで、現在の世界情勢の話
なんぞを行う場所では無い事は
あまり前田のクラッカーであるぞぇ



ステージの合間に軽く飲んでいるエディさん



テナ事で寒い中
エディ藩さんとのライブは大いに盛り上がり
楽しく終了致しました

エディさんファンはもちろん
はげまるブログのファンの人達
ありがとうごさいました。










































ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異国情緒あふれる港町  B... | トップ | 異国情緒あふれる港町  B... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。