はげまるのぶら~り日記

横浜の渋い空間散策日記

異国情緒あふれる港町  B級横浜散策(337)  はげまるの独り言  肉を呑む

2017-04-21 07:21:13 | 日記



すっげ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
高級肉を喰べた

先日、年に何度か
エディ藩さんの家で恒例化している
牛鍋での事である



今回のお肉さん、

ここ2年ほどはエディさんの幼馴染の
小◯さんが肉を調達してくれているので
肉の質が格段に良くなってきている

前にも書いたが小◯さんの実家は
中華街で肉の卸ろし屋さんであったから
今でも原価で極上肉を調達してくるそうである




話を聞いたら
このお肉さん、横浜の有名な牛鍋屋さんでも
なかなか出せないくらいのしろものだそうだ


小◯さん
「いつも肉を余らせているから
とことん食べてよー」

なんて嬉しい事を言ってくれる



もちろん
極上肉も酒も
全てエディさんのおごりである



毎度の
あ~~~~~~~~~
生きててよかったである



は~~~~い  いただきま~~す

口に入れたらタマゴさんの甘さと
肉の甘さが絡まり合って
口の中で溶けていく感じだ

考えてみるってーと
鰻だって肉だって高級になると
舌の上にのせると溶けて行くもんである

これが、
セコい鰻とか肉なんかだと
口の中で弾むと言うか噛み切れないと言うか
口全体 大袈裟に言うと
顔全体動かさないと喉を通っていかないものである

ほんとうまい肉は口の中でとろけて
飲みこんでしまう感じである

はげまるのそばで鍋の前に陣取ってた
玉ちゃんコト 
毎度の埼玉屋に御一緒している
食い専の吉〇女史さんを見たら
肉を呑込んでいるみたいだ

う~~ん

おいらも肉を呑みこんでみるか~~







ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 異国情緒あふれる港町  B... | トップ | 異国情緒あふれる港町  横... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。