坊主おじさんの読書メモ

気に入った本や気になった本等をメモしています。健康問題につきましては、信頼できるお医者様とよく相談なさって下さいね。

ブログをはじめました。

2015年11月12日 | ヘミシンク
あたらしく、ブログをはじめました。 よろしければ、ご覧ください。   坊主おじさんのメモ . . . 本文を読む

ツイッターを始めました。

2015年09月30日 | その他
ツイッターをはじめました。 ツイッターで、本の感想もつぶやいています。 もし、よろしければ、ご覧になって下さいね。     『坊主おじさん』のアカウントはこちらです。 . . . 本文を読む

ニートの歩き方

2015年07月19日 | 生き方
『ニートの歩き方』pha(著)技術評論社    本書は、『ニートの歩き方』という書名ではありますが、 ニートの人だけに限らず、 どんな人にとっても、一般人とは全然違う視点で、 人生について考えるきっかけを与えてくれる本だと思います。  著者のphaさんは、京大を卒業後、安定した仕事につきながらも その仕事をやめて、自分の気持ちに正直に生きていくことを 選択された人です . . . 本文を読む

ありのままがいちばん

2013年11月17日 | 生き方
「ありのままがいちばん」 天谷保子 (著) WAVE出版  作者の天谷保子さんは、野口整体の野口先生のお弟子さんです。 また、保育園を設立された教育者でもあります。  本書からは、子どもの教育に関するものの見方、 からだに対するものの見方、人生全般に対する生き方等、 さまざまなことを学ぶことができたような気がします。  整体の具体的な技術については、あまり触れられ . . . 本文を読む

病気が治る「気功入門」

2012年09月14日 | 生命・宇宙
『 病気が治る「気功入門」DVDブック ― 伝説の気功家・中健次郎が伝授! 』 中 健次郎 (著) マキノ出版  本書の著者である中健次郎先生のことは、矢作医師の著書 「人は死なない」で知りました。  「人は死なない」では、中先生の気功を実際に直接体験した時の 不思議な体験が語られています。 引用開始( 「人は死なない」矢作直樹著 P 034より . . . 本文を読む

医学の常識がひっくり返る!?

2012年06月24日 | 健康
『「ガン呪縛」を解く』  稲田 芳弘 (著, 編集)   株式会社 Eco・クリエイティブ  本書は、ぶあつい本でしたが、よみはじめると おもしろくて、一気に読んでしまいました。  ガン細胞は、細胞分裂によって肥大化していく。 よって、そのガン細胞を切り取るか小さくするよう 攻撃するというのが従来の医学の考え方ですね。  ところが、本書で紹介されている千島学説 . . . 本文を読む

医療が穏やかな死を邪魔している

2012年05月26日 | 生命・宇宙
「 大往生したけりゃ医療とかかわるな 」 中村 仁一(著) 幻冬舎  この世に生まれてきたからには、どんな人でも 必ず死ぬ時がやってきます。  よく映画やドラマで出てくる場面のように、 すぐにガクンと死ぬことができればよいのですが、 実際には、病院でチューブだらけにされて、 生きているだけで苦しそうな状態が長く長く続いた後、 亡くなられるケースがけっこう多いのでは . . . 本文を読む

やさいのかみさま

2012年04月14日 | 味わい深い
「 やさいのかみさま 」 カノウ ユミコ (著) 小学館  本書は、ブログでお友達になった方から 紹介していただきました。 私は、全く料理ができませんし、料理を作ることに 全く関心がありませんでした。  ですので、今まで料理に関する本を読んだことが ほとんどありませんでした。  でも、「やさいのかみさま」を読ませていただいて 料理の世界がいかに奥深いも . . . 本文を読む

人は死なない

2012年04月01日 | 生命・宇宙
「 人は死なない - ある臨床医による摂理と霊性をめぐる思索 」 矢作 直樹 (著)  バジリコ  著者の矢作先生は、東大医学部付属病院救急部で集中治療部の 部長をしておられる方だそうです。  本書では、その救急医療の最前線で働く著者が 生と死の交差点(第1章)を見つめ、 神は在るか(第2章)と言う問題提起をし、 体外離脱体験や臨死体験等の非日常的な現象(第3章 . . . 本文を読む

口から食べられなくなったらどうしますか?

2012年03月10日 | 生命・宇宙
『 「平穏死」のすすめ 口から食べられなくなったらどうしますか 』 石飛 幸三(著) 講談社 著者の石飛先生は、外科医をしてこられた方で 老人ホームの配置医になった方です。  本書では、老人ホームで人間の終末期を見てこられた著者が 終末期の現実を教えてくださっています。  「口から食べられなくなったら、どうしますか?」と 私達に問いかけて . . . 本文を読む

必ず眠れる技術

2012年02月26日 | 健康
『 お酒や薬に頼らない「必ず眠れる」技術 』 森下 克也   角川マガジンズ 最近、あたたかくなってきて 少しずつ春が近づいてきた感じがしますね。  「春眠暁を覚えず」と言いますが、 みなさまは、グッスリと眠ることができていますでしょうか?  私の場合は、お酒を飲まないと、なかなか眠れず ついつい、睡眠にはいるのをお酒に頼ってしまいます。     . . . 本文を読む

アレルギー疾患、膠原病、リウマチが治る

2012年01月07日 | 健康
「 究極の難病完治法 」 岡崎 公彦(著) たま出版  本書は、あの「 がんの特効薬は発見済みだ! 」を書かれた 岡崎公彦医師の著書です。  岡崎先生は、アレルギー疾患等の治療法を発見され、 18年間に645例の臨床実践をつんでこられたそうです。  そして、そのすべての症例において、中途落伍者(治療中 であるにもかかわらず何らかの理由で来院しなくな . . . 本文を読む

しあわせへの気づき

2012年01月01日 | 生き方
「 しあわせへの気づき 」  五日市 剛(述) とやの健康ヴィレッジ  本書を手にとって、ビックリ。 ものすごく薄い本なのです。 ページ数は、わずか47ページでした。  とても薄い本なのですが、読んでみると、 中身は、とても濃いものでした。  私が最も印象に残ったのは 次のお話です。 引用開始( P27 ~ P28 ) . . . 本文を読む

子どもを放射能から守るには

2011年12月22日 | 安全
「 自分と子どもを放射能から守るには 」 ウラジーミル・バベンコ (著), ベラルーシ・ベルラド放射能安全研究所 (著) 世界文化社  本書の原書は、2003年ベラルーシにおいて 放射能の中を生きるベラルーシ人のために ベルラド放射能安全研究所よって刊行されたそうです。    本書では、特に、女性や子どもの被ばくは、 できるだけ避けるように書かれて . . . 本文を読む

「体を温める」とすべての痛みが消える

2011年12月07日 | 健康
『「体を温める」とすべての痛みが消える 』 坂井 学 (著) マキノ出版 つらいギックリ腰や腰痛 お医者さんに行っても、その痛みが なかなかスッキリと治らない・・・  そんな経験をしたことはありませんか?  痛みは、なぜ起こるのか? どうしたら、そのつらい痛みを消すことができるのか?  本書には、そのヒントがあると思います。   . . . 本文を読む