孫ふたり、還暦過ぎたら、五十肩

最近、妻や愚息たちから「もう、その話前に聞いたよ。」って言われる回数が増えてきました。ブログを始めようと思った動機です。

紳士だの、侍だの言ってる場合ですか?

2017年06月10日 | 趣味の世界
先週9日配信のデイリースポーツの記事によると・・・

8日現在で、巨人は西武戦に2-13で敗れ、球団ワースト記録を更新する13連敗を喫した。借金は2桁「10」にふくらんだ。静まり返る一塁ベンチ裏で、傷心の高橋監督が重たい口を開いた。

 「結果だけ見れば厳しい内容。何とかしようというのはあるけど、なかなか結果が出ない。結果が全ての世界ですから」

13連敗は暗黒時代を送った阪神でも経験のない不名誉記録。ファンからは「明日は勝てんのか」と怒声も飛んだ。「開き直るのは好きじゃないけど、開き直るしかない」とつぶやいたのは阿部。何度も栄光を味わったナインが、もがき苦しんでいる。

//////////////////////////

かつての「栄光の巨人軍」の面影も無い。それでも、系列のテレビ局では、巨人軍の話題を前面に出して、今はタレントになったOBが、選手たちとオチャラケトークでお茶を濁す番組があるのだから、面白い。

私が子供の頃は、テレビやラジオでは、巨人戦だけを流していたので、自然に選手の名前や顔を覚えていき、いつの間にかファンみたいになっていったものである。

しかし、私の場合、それはこの方の引退の頃までだったと思う。いやこの少し前あたりから、私は関心が無くなり始めていたかもしれない。

自分が辞めても、巨人軍は永久に不滅です、と言った言葉は、その通りであるが、野球というスポーツを取り巻く環境は当時とは変わった。

  ミスター引退

いや、当時も今も大差ないのかもしれないが、知らされなかったことがファンにも見えるようになって、実情がバレただけなのかもしれない。

金がついて廻ると、いろいろ胡散臭いことも付きまとってきて、人間を変えてしまうものだ。職業野球はとくにそれが顕著のような気がする。

負け続けていた巨人も夕べは勝ったようだが、負けを見飽きたファンを満足させるにはまだまだ不十分だろう。

かつてのミスタージャイアンツは、脳梗塞の後遺症とも戦って、今では神様のように特別扱いされて、マスコミのオモチャになっている。

  長嶋大権現

現監督も、正直言ってどうしたらよいのか、訳が分らなくなっているに違いない。いっそのこと、試合中に現人神をベンチに座らせてみたらどうだろう?



 ボクは紳士です!

ま、せいぜいがんばってください。

ジャンル:
スポーツ
コメント   この記事についてブログを書く
« 今度は「アウフヘーベン」だ... | トップ | 飛雄馬が来た! »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。