孫ふたり、還暦過ぎたら、五十肩

最近、妻や愚息たちから「もう、その話前に聞いたよ。」って言われる回数が増えてきました。ブログを始めようと思った動機です。

支那では、「民」とは奴隷のこと?

2017年07月23日 | 外国ネタ
私は、若いとき、フリピンに長く駐在していた経験がある。

フィリピンは、アメリカの支配下にあったことが影響して、タガログ語と共に英語が公用語になっているが、だからといって国民全員が同様に流暢な英語を話し、高尚な英文を読み書きできるわけではなく、個人的な格差は相当大きい。

それだけに、日本人が少しまともな英語を話し、しかも読み書きできるとなると、彼らは一目置いてくれ、チャラけた日本人とは違った接し方をするようになる。

これは、現地で仕事をする上でも、都合のいい場合があり、先月から私の次男がフィリピン工場に赴任するに当たって、私が彼に餞別代りに与えたアドバイスであった。

もうひとつの公用語であるタガログ語は、数ある部族後の中の一つであって、マニラ近辺の部族の間で話されていた言葉のようだが、語彙が極めて少ないそうだ。

従って、タガログ語で彼らが話していても、英語の方が言いやすい場合は、突然途中から英語に替わったり、すぐまたタガログ語に戻ったりするのだ。文字は英語と同じアルファベットで表記するのだが、多分これは便宜上そうなっているだけで、古代にはそれ相応の文字が存在していたと思う。


南朝鮮では、ハングル文字を使って表記するハングルが公用語であるが、これは日本のローマ字と全く同じで、母音を表わす形と子音を表わす形を組み合わせて一字一字が出来上がっている。K+Aで、カという音の字が出来るわけだ。

音だけを表わす表音文字なので、「HASHI」が「橋」のことなのか「端」のことなのか聞いただけでは分らないように、ハングルでも同音の為に意味が理解し難い場合は、頻繁に発生するようだ。

「SHINDAISHA TANOMU」が、「死んだ医者、頼む」なのか、「寝台車、頼む」なのかは、文脈から判断するしかないのである。

一説には、南朝鮮人が突然怒りで発狂する風土病「火病」とは、このハングル特有の意味がすんなり伝わり難いイライラが募っていって、限界になると突然発狂することになるものらしいが、事実かどうかは知らない。

その点、漢字は表意文字なので、字体を見ただけで意味は何となく理解できるから助かる。漢字を加工したひらがなやカタカナを交えて書き表す日本語は、外国人には難解だろうが、タテにも横にも書ける、実に便利な言語である。

幕末、西欧から津波のように入ってきたあたらしい概念や技術用語を、当時の知識人たちは次々に漢字を駆使して、新語として作り出していったのだ。

印刷、栄養、温度、会話、革命、学校、観察、機械、教育、経済、芸術、現実、権利、考古学、紫外線、自然、自由、条約、政策、台風、通貨、動機、道路、表現、福祉、保険、問題、流通、歴史などなど・・・他にも、まだまだたくさんある。

漢字にまつわることで、最近とある動画を観ていてはじめて知った事がある。

 「恨」(ハン)

南朝鮮人の大好きな一字といえば、「恨」という字で、ハンと発音する一字だが、この字は心と眼を表わしているのだそうだ。へんの部分は、りっしんべん、というように心を表わしているのは知っていた。

つくりの方は、人の眼を象徴した象形文字なのだそうだ。

 眼を突いて失明させる

その眼の部分を突付いて失明させた意味を持つ字が「民」なのだそうだ。つまり「民」とは眼を潰された「奴隷」という意味なのだそうだ。

  「盲目の奴隷=民」

従って、漢字に詳しい支那人が「民主」とか「民主主義」などという明治時代の日本人が翻訳した和製漢語を初めて見たときは、どういう感想を抱いたのだろうか?

時の支配者が針で眼を突いて失明させて奴隷として使役した連中を主とする??

しかし、今の中国の国名は「中華人民共和国」というではないか。

人民も共和国も、日本人が翻訳した和製漢語である。

国名が、「奴隷の共和国」というような意味にも取れる中国。

まあ、それはそれで納得できるのか。
ジャンル:
文化
コメント   この記事についてブログを書く
« 母国語をおろそかにさせる文... | トップ | 今辞めちゃいけないんですか? »

コメントを投稿

外国ネタ」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。