孫ふたり、還暦過ぎたら、五十肩

最近、妻や愚息たちから「もう、その話前に聞いたよ。」って言われる回数が増えてきました。ブログを始めようと思った動機です。

釜山慰安婦像設置、朝日新聞が後押し(笑)

2016年12月31日 | 外国ネタ
昨日の朝日新聞デジタルによると、南朝鮮の釜山市にある日本総領事館前に、慰安婦「少女像」が市民団体や学生の手で設置されたそうである。

  ソウル市は日本大使館前に

以下、記事より。

『釜山市東区にある日本総領事館前に慰安婦問題を象徴する「少女像」を設置した市民団体や学生たち約60人は30日午後、総領事館前で記者会見を開き、口々に「市民の勝利」を叫んだ。「歴史をただし、民族の自尊心を打ち立てる市民の偉大な勝利だ」などと主張した。

 少女像は28日、いったん「道路使用の許可を得ていない」とした釜山市東区と警察当局によって撤去された。像はそのまま、東区が保管していた。

だが、直後から東区には、市民からの苦情が殺到。困り果てた東区は30日午前に市民団体と面会し、像も返還した。区長は30日の記者会見で「法は守らなければいけない」と語る一方、「少女像(の設置)を一度も拒んだことはない」と述べるなど発言が迷走。「記者会見したのは(像の設置の)黙認だと言ってもらってもよい」と語った。

 日韓関係筋によれば、東区の突然の態度変更に驚いた日本政府は、東京やソウルなどで韓国側に「像の設置を認めないでほしい」と繰り返し要請した。

しかし、韓国側は「要請は理解した」と答える一方で、30日夕方の段階で、像の撤去には動き出していない。

韓国では朴槿恵(パククネ)大統領が弾劾(だんがい)訴追されて職務停止となっており、同筋は「今の韓国世論は朴槿恵政権への批判一色。朴政権による慰安婦合意を否定する空気も強まっている」と語る。』


   警察出動するも・・

   筋書き通りの大騒ぎwww

この記事の見出しが、いかにも朝日新聞らしくて、大笑いしてしまった。曰く・・

『 少女像設置団体、勝利叫ぶ 靖国参拝が後押しとの見方も 』


この記事で、最も朝日が読んで欲しいのは、【靖国参拝が後押しとの見方も】の部分であろう。これは、いわゆる「朝日新聞用語」の一つで、他にも次のような朝日新聞用語がある。

例1)  【各方面の批判を招きそうだ】
     → 「さあ、読者の皆さん、批判を開始してください!」

例2)  【議論が尽くされていない】
     → 「朝日新聞好みの結論とはなっていない」

例3)  【異論が噴出している】
     → 「朝日は大反対である」

例4)  【アジア諸国が】
     → 「中国共産党および南北朝鮮が」

【靖国参拝が後押しとの見方も】とは、つまり「稲田防衛大臣が29日午前に靖国神社を参拝したことが、騒ぎの発端になっているんです。さあ、読者の皆さんも一緒に大騒ぎを開始してください。」という意味の「朝日新聞用語」なのである。


『社会』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 洋画タイトルに見るカタカナ語化 | トップ | 年越しは名画を観ながら »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。