今年の巨人、大田泰示が行く!村田修一が踏ん張る!阿部が決める!

由伸新監督で一気に燃える上がる選手たち。いよいよ大田泰示の時代だ。定年前のリストラ?怒る村田修一、決めるぜ我らの慎之介!

CS終了。日本の至宝・大谷を潰すなよ、栗山監督。

2016年10月17日 | プロ野球
なんやかんや言って、今年のCSは終了。下克上などといった醜い結果にはならず順当に1位どうしがシリーズ出場権を得た。

シーズン優勝チームがそのまま日本シリーズに出ることが許されず、2位3位のチームと改めて出場権をかけて戦うCS。ぶっ千切りで優勝した広島には失礼な制度だ。

ましてや、勝率が5割に満たないチームが3位に入り、2位のチームをCSで倒し、1位と日本シリーズの出場権を競うなんて前代未聞の出来事。

結果、日本シリーズは、好む好まないに関わらず北海道と広島で開催されることになった。北海道は日ハム、広島はカープ。新鮮と言いえば新鮮、ローカル版と言えばローカル版。

日ハムと言えば日本一の速球王・大谷。二刀流の大谷。今や若き日本の至宝とも言える。大谷をドラフトで引き当てた監督栗山はそのくじ運だけでも監督続投の値打ちがある。

気を使っているだろうけれど、今のところ大谷の二刀流は成功している。それでも、「いつまでも」というわけにはいかないだろう。いずれどちらかに絞らなければならない。

羨ましいことだ。こうした選手を複数球団の指名が重なるだろうが、果敢にドラフト指名する熱意が巨人にもほしい。かつて松井を引き当てたように。

ここまで書いて、ふと思った。CSもこのドラフトも究極の賭博のような。短期決戦で2位3位にも第二のリーグ優勝があるのだ。敗者復活戦といえば綺麗に聞こえるが。

ドラフトなんて昔の富くじ制度。多数の球団が一人の選手を指名したらくじ引きで決まるのだから。小説ならそこに八百長がある。今も無いとは言えない。

これらの賭け事のような制度は「公平」と言えるのかどうか。もちろん指名された本人に拒否権はあるのだからとは言うものの、拒否すれば次のドラフトまで待たなければならない。

大谷は日ハムに入団して、彼の卓越した能力で早くも超一流選手となった。人気も並ではない。しかし、「もしも」彼がセ・リーグの球団に指名されていたら・・・

これはもう、想像がつかないほどのスター選手になっていることは疑いがない。全球団は羨ましいが本人にはかわいそうな気もする。行きたい球団があっただろうに。

せめて、大谷を預かる球団監督には大谷を潰してしまうようなことのないように願いたいし、大谷もまた無理をしないようにすることだ。

日本シリーズはでは日ハムの方に一日の長がある。日ハム各打者の打球音が違った。残念ながら広島との差は歴然としている。投打において日ハムが勝る。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原(前巨人)の轍を踏んだ緒... | トップ | 巨人の秋のチンタラ練習がど... »

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。