八丈太鼓六人会のページ

トントコトントコ 太鼓たたいて~人様よせてよな~
このページは、写真を中心に六人会と八丈島の話題を載せていきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

第29回八丈島駅伝大会 その3

2006-02-26 17:34:31 | 八丈島
 太鼓は最終ランナーが入るまで打ち続けました。ちなみに、六人会の順位は、29チーム中16位でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回八丈島駅伝大会 その2

2006-02-26 17:33:59 | 八丈島
 1区を走った隆二君と会長の応援太鼓。向こう側を走っているのは、六人会チームのアンカー京子ちゃん。ゴール間近です。ちなみに、4区のランナーは善男君でした。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第29回八丈島駅伝大会 その1

2006-02-26 17:28:16 | 八丈島
 2区から3区へのたすきつなぎ。六人会チームは、助っ人のサラちゃん(中学生)から泰君へ。この時点で、チームは19位。
 功さんは大会役員で、たすき受け渡し付近の交通整理中です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

海外公演・ロンドン

2006-02-24 21:59:03 | 太鼓
 六人会は何度か海外での演奏を行っています。このポスターはロンドン公演でのもの。八丈太鼓のシンプルさが好評だったようです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八丈島がロケ地となった映画・その7 サイレン

2006-02-24 21:50:02 | 映画
 2月24日現在ロードショー公開中。
 市川由衣さん、映画初出演。プレイステーション2の大ヒットホラーゲームをを映画化!サイレンが鳴ったら、外に出てはいけないと言い伝えられている離島で次々に起こる怪事件を描くサイコスリラー。音の恐怖にこだわった作品になっています。

監督 堤 幸彦
出演 市川由衣、田中直樹、森本レオ
内容
 弟の病気療養のためとある島へと引っ越してきた少女「由貴」(市川由衣)。
その島にはこんな言い伝えが・・・。
「サイレンが鳴ったら、絶対家の外には出てはならぬ。」
 彼女の周りで、次々と起こる怪現象。由貴は島の青年医師「南田」(田中直樹)と共に秘められた謎に迫るのだが・・・。

 ~市川由衣さんのコメント~
 撮影は、ハードだったんですけど、(ロケ地の)八丈島の空気や空とか海とかが本当に綺麗で、そういうのに助けられて、癒されて(撮影が)きつく感じなかったですね。

 ~田中直樹(ココリコ)のコメント~
 他の出演者やスタッフの誰よりも(彼女の)台本がボロボロなのを見てすごいなと思ったんですよ。 なんであれボロボロのなったん!?

 お風呂で私、台本を読むので・・・。シナシナになっちゃって!(市川結衣)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八丈島がロケ地となった映画・その6 バトルロワイヤル

2006-02-24 21:31:03 | 映画
 あまり知られていないけど、この映画も八丈島で撮影されました。ラストの船上から八丈小島が遠ざかっていくシーンが印象的。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

桜・・・桜・・・

2006-02-22 18:21:51 | 
 つい先日大雪がふった八丈島に、春の声が聞こえてきました。アロエの花がそろそろ終わり、早咲きの桜はすでに散り始めています。このあとフリージアの花が咲き始め、3月後半からは大島桜(白い花)が、八丈富士と三原山のすそ野を一面に覆います。八丈島の春はいよいよ本番です。
 今日は、天気も八丈島には珍しいほどの快晴でした。風もなく気温もかなり暖かだった。このまま春になってほしい・・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

八丈島がロケ地となった映画・その5 ちんころ海女っこ

2006-02-17 11:20:41 | 映画
 今回は少し毛並みの変わった作品をご紹介・・・隠れファンの多い前田陽一監督の作品です。そういえば管理人も運動会のシーンで、大賀郷小学校の校庭ロケに動員された記憶があります。この作品、残念ながらビデオ化されていません。

内容はというと、以下紹介文の抜粋から。

 東京から数百米離れた太平洋上に、昔は江戸の罪人が流されてきたという為朝島があった。島の観光会長で海流荘という旅館を経営している助徳は、島の海女たちに怪しげな水中レビューをさせて観光客を誘致し、この島を日本のハワイにしたてようとしていた。島の村長や医者の陣野も助徳の計画に賛成し、早速、竜一や伝次という村のチンピラが狩りだされ、計画は実行に移された。ところが海女部落の海女たちはこれにこぞって反対し、助徳たちの味方はショウ子一人というありさまだ。ショウ子には、いつの日か助徳が今の女房お種を追い出し、自分が後釜にすわろうという腹があったのだ。一方ショウ子の妹、お玉は、温泉の試掘に夢中になっている父、伍作の生計をたすけて海女となって働いていた。この海女部落には昔からのしきたりで、妊婦や“月ノモノ"の女達は自発的に“他火小屋"という小屋に入ることになっていた。ある夜、お玉もその仲間入りをした。そんな時ストリップ劇場のスター・ナギのセクシーな躍りに興奮した村の青年たちが大挙して他火小屋におしかけてきた。勝気な玉子は青年たちをはねとばして難をのがれた。そんな時、有名な肉体女優春本ます江が別荘を買いに来島した。島はにわかに活気づき、ショウ子の発案でストリッパー・ナギらが海中レビューを行うことになった。これが図にあたり、島は観光客でふくれあがり、海女たちも“海女芸者"として観光客にサービスすることになった。やがて島には温泉も噴出し、大観光会社の手で航空路も開拓され、島は大歓楽境と化していった。お玉はそんな島に愛想をつかし、助徳の求婚をふりきって上京する決心をした。

 そういうば2月11日から、堤幸彦監督のサイレンがロードショー公開されていますね。こちらもトリック2TV版に続いての、八丈島ロケ作品です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第1回八丈島芸能文化交流会

2006-02-12 20:03:36 | 太鼓
 先日の雪もすっかり解けて春の足音を感じる中、第1回八丈島芸能文化交流会が行われました。六人会も前日板橋で太鼓を披露した後、飛行機の初便でとんぼ返りし参加しました。
 今回は、急な話で運営もばたばたしていましたが、来年以降の発展に期待大です。皆さんも注目して、見守ってください。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

雪の八丈島

2006-02-05 10:34:05 | 八丈島
 今日東京から帰ってきました。上京は昨日の朝一番の飛行機。板橋での太鼓演奏のため。そのころ八丈島は60年ぶりの大雪に見舞われていました。
 八丈島空港について入り口を出ると、雪がチラチラ・・・ここは何処?。北海道?といった感じです。
 写真は、今日10時20分の八丈富士です。昨日はもっとすごかったようです。今日も今からまだ降りそう。しばらくは寒い日が続くのでしょうか。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加